1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. 仮想通貨
  4. 暗号通貨(仮想通貨)って結局なに?あなたの疑問、徹底解剖します!

暗号通貨(仮想通貨)って結局なに?あなたの疑問、徹底解剖します!

暗号通貨(仮想通貨)って結局なに?あなたの疑問、徹底解剖します!

みなさんは最近話題になっている「暗号通貨」って結局なんのことなのか、ご存知ですか?

日本人は昔から現金史上主義と言われていて、現金以外のものへの拒否反応がとても強いんですよね。だから、この「暗号通貨」も最初は怖いものというイメージを持たれる方が多いかと思いますが、正しい知識さえ持っていれば何も怖いものではありません。

もちろん知識を持たずに闇雲に手をだしてしまうと痛い目に遭って、資産を失ってしまったり、市場から撤退しなければならないような事態に陥ることもありますが、きちんと仕組みを理解し、管理を徹底すれば、資産構築の一種として十分価値のある投機が出来るものなんですよ。

現にあなたがFXに出会ったときの印象と学習を進めたあとの今のFXの印象は、180度変わったといっても過言では無いのではないでしょうか。

暗号通貨も同じだと考えてみてください^^
肩の力を抜いて仕組みと構造さえ理解してしまえば、新たな資産運用として取り入れていけるものになりますし、購入するのが早ければ早いほど後々の価値が高くなるとも言われています。

まさに今こそ、始め時。

今回の記事では、そんな暗号通貨の仕組み資産を構築する方法について、徹底的に紐解いていきたいと思いますので、ぜひお見逃しのようにチェックしていってくださいね!

暗号通貨の仕組み

暗号通貨

暗号通貨というのは、仮想通貨と呼ばれる「電子マネー」や「ポイント」の中の一種で、暗号化されたデータのことを指します。

暗号化されたデータというと難しく聞こえてしまうかもしれませんが、要するにインターネット上にだけ存在する資産と考えていただいて問題ありません。つまり、現物はないのですが、資産として売買することが出来るデータです。日本人的な感覚でいうと、なぜそのデータを信用出来るの?と思ってしまうかもしれませんね。

なぜだと思いますか?

感覚的なものだけでは難しいと思いますので、現金に置き換えて考えてみましょう!

あなたの財布に入っている一万円、それはなぜ一万円の価値を保つことが出来るのでしょうか?言ってみれば、お札なんて紙切れです。でもその紙切れが、日本では一万円の価値を保ち続けることが出来ています、なぜなんでしょう。

そう、日本に住んでいる人全員がその紙切れを「一万円」だと信じているからなんです。日本銀行から発行しているその紙は一万円の価値がある、と使用している全員が信頼している。

日本という国、日本銀行を信頼しているからこそ成り立つ仕組みなんですね。

では、暗号通貨に戻りましょう。暗号通貨を資産として価値あるものにするためには、暗号通貨を資産として信頼することが必要なんです。現に、すでに暗号通貨を使用している人たちは暗号通貨を「お金」だと信頼し、共通の認識を持っています。

だから、すでに世界中でお金として成り立っているんです。

暗号通貨をいきなり購入して、いきなり資産運用に取り入れていこうとすると難しいかもしれませんが、まずは暗号通貨が資産として成り立っているという事実を受け入れ、その仕組みを理解していきましょう。

そうすれば怖いものではないと分かるはずですし、暗号通貨も資産運用していくべきものの一つとして自然と受け入れることが出来るのではないでしょうか。

暗号通貨を取り入れる上で一つだけ注意点を述べておきますと、全ての暗号通貨に価値が付くわけではないという点です。

暗号通貨開発や広告・プロモーション、インフラ整備などに資金を使用していなかったり、または資金が不足しているような場合や、プレセール開始時と終了時の価値が2倍以上違う場合、コインの独自性がなく、そのコインを所有する必要がない暗号通貨の場合は価値が付きません。

流行っているからと言って、ただ闇雲に手を出せばいいというものではありませんので、あしからず。

暗号通貨のメリット

暗号通貨_メリット

2017年現在、1000を超える種類の暗号通貨が流通していると言われています。なぜこれほどまでに暗号通貨は人気を博しているのでしょうか。

それは暗号通貨にはそれだけのメリットがあるからです。全世界でこれほど短期間に爆発的な人気が出るだけの資産としてのメリットがあるんです。

暗号通貨のメリットを3つのポイントに絞って紹介していきますね!

MELIT1

24時間いつでも全世界で使用することが出来る

暗号通貨には国境が存在しません。同一の暗号通貨さえ持っていれば、どの国であっても、何時であっても取引をすることが可能なんです。
しかも、通貨ではないので、取引を行う国が違ったとしても両替をすることなく送金することが出来ます。

日本円をドルに変えて、ドルをユーロに変えて、という面倒なことをしなくても、同じ暗号通貨同士であれば取引が出来るということですね。

MELIT2

個人間での直接取引が可能なため、手数料がほとんどかからない

暗号通貨には紙幣でいう日本銀行のように仲介する金融機関が存在しません。なので、基本的には手数料を払う必要はないし、誰かに統括されるということもありません。

MELIT3

取引に必要なのはスマホだけ

暗号通貨の取引はスマートフォンでアカウントを作成するだけですぐに使用が可能です。銀行の口座を開設したり、審査をまったりなどの面倒な手続きを省くことが出来るので、とても手軽に始めることが出来るんです。

このように暗号通貨は取引を始めるのが簡単で、なおかつ手数料も安いので、若い人が手軽に始められるということで流行り始めたんですね。

口座の開設も簡単なので、ぜひこの記事を読んでいるあなたも取り掛かってみてもらえればなと思っています。

暗号通貨の歴史

暗号通貨_歴史

暗号通貨の歴史についても少しだけ触れておきたいと思います。

暗号通貨は2009年にナカモトサトシが論文を発表したことで広まったと言われています。余談ですが、このナカモトサトシが何者なのかについては、今なお解明されていません。個人であるかどうか、ましては本名であるかどうかも不明です。最も有力なのはビットコインについて研究、実装を続けるチームが共有して使用している名称なのではないか、という説ですが真相はどうなんでしょうか。

本当に余談でしたね。
次に進みましょう(`・ω・´)ゞ

そのナカモトサトシが翌年2009年にプログラムの実装とビットコインの運用を開始しました。その後、フロリダで初の商取引が成立してからは人気に拍車がかかり、2011年TIME誌がビットコイン特集を取り上げてからというもの、俗にいう「ビットコインバブル」と呼ばれる時代が幕を明けます。

その中でも最も重要な事件というと2013年の「キプロスの金融危機」となるのではないでしょうか。キプロス共和国はそもそも国として不安定だったこともあり、この年に金融危機に陥ってしまいます。キプロス国内の銀行は閉鎖され、その影響でビットコインの人気はいよいよ本格的なものとなりました。

翌年、世界最大の取引所であったMT.Goxがビットコインの取引を停止したことで、ビットコインの人気は下がるのではないかと予想されたのですが、これが大逆転。

ここからが暗号通貨時代の新の幕開けとなりました!
「BTCBOX」、「bitFlyer」、「coincheck」、「Kraken」などの取引所が次々にサービスを開始し、競い合うように「Microsoft社」や「米Dell社」など多くの企業でビットコイン決済の受付を開始するようになったのです。

人気を裏付けるように暗号通貨の主軸でもあるビットコインは、2009年に通貨が登場して以来、たったの4年で約120万倍にまで価値が上昇しています。

今もしあなたが暗号通貨に興味があるというのであれば、まずはしっかりと知識を付け、理解出来るようになることを前提に、ぜひ投資の一つとして取り入れていってみてもらえればと思います!

最後に

今回は暗号通貨についてご紹介をさせていただきました。

なにかとニュースで話題になっている暗号通貨ですが、しっかりと情報を集め投資の一つとして取り入れて頂ければと思います。
世間でもどれだけバブルが続くかもわからず、ひたすら値上がりを続けています。
情報を過信せず、きちんとリスク回避を念頭に入れてトレードをしていきましょうね!

暗号通貨もいいけど、まずはFXの学習をしてみたい!

そんなFXの学習にはカリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める、
「FXスキャルピング7日間集中プログラム」をオススメします。

今なら期間限定で、
約5時間のFX集中講義を
無料で受けることができます。

この講座は、FXの基礎から学ぶことができ、
今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台を作っていきたい方にピッタリな講座です。

メールアドレスの登録だけですぐに最初の動画を見ることができるので、
ぜひこの機会に受講してみてください!

スキャルピング7日間集中講座

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフOが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. 仮想通貨
  4. 暗号通貨(仮想通貨)って結局なに?あなたの疑問、徹底解剖します!

PAGETOP