1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 指標に従うFXのファンダメンタルズ分析とは何か

指標に従うFXのファンダメンタルズ分析とは何か

指標に従うFXのファンダメンタルズ分析とは何か

あなたは普段、何を根拠にしてトレードを行っていますか?

FXで取引するには、根拠になるものが何もなくてはトレードはできませんよね。
正しい学習を行っているあなたなら、
「なんとなくここで買いエントリーをしてみよう」「結構値段が上がってきたから、そろそろ下がるかな?」
…なんてギャンブル的な取引は行っていないはず…!

ご存知の通り、FX取引にはその根拠となる分析方法が2つあります。
今回は、その1つである「ファンダメンタルズ分析」についてお話していきたいと思います!

ファンダメンタルズ分析って?

ファンダメンタルズ分析って?

FXをはじめとする、金融商品の売買タイミングの分析や値動きを予測する手法には、
大きく分けて「ファンダメンタルズ分析」「テクニカル分析」の2つがあります。
今回ご説明するのは「ファンダメンタルズ分析」ですね。

ファンダメンタル(fundamental)とは、直訳すると「基礎的な」という意味があります。
そこから転じて、金融関係の世界において、ファンダメンタルは「経済の基礎的要因」というような意味になりました。
つまり、ファンダメンタルズ分析は、
為替相場に影響を与える基礎的要因を分析して、今後の価格の値動きを予測する手法なんです!

一方、もう1つの「テクニカル分析」は、ファンダメンタルズ分析とは対照的な分析方法です。
国の経済状態・情勢を考慮せずに、通貨の過去の価格や取引量、時間軸を見て、チャートに線を引いたり、インジケーターというテクニカル指標などを使って未来の相場の値動きを予想するやり方です。
 

FXでは、投資商品は各国の通貨ですよね。
したがって、FXでのファンダメンタルズ分析では、

・経済成長率(GDP)
・雇用系指標(失業率や新規雇用者数など)
・物価指数
・国際収支
・その国の景気や政策
・金利政策
・経済状況などの経済的要因、その他外部要因

などを分析して、その国の通貨の動向を判断していくんですね。

基本的に、その国の景気や経済状況などが良くなると、その国の通貨の価値は上昇し、逆に悪くなると、下落してしまいます。
例えば、ある国の経済成長率が高い伸びを示したり、雇用統計が大きく改善したり、金利が高くなる…などすると、その国の通貨の人気が高まり、買われて価値が上昇するということが予測できます。

国家の状態を表すため、「ファンダメンタルズは為替を動かす要因」として考えられています。

ファンダメンタルズ分析でトレードをする時の注意

ファンダメンタルズ分析って?

チャートも大切ですが、為替相場の大きな方向性を決めるのはやっぱりファンダメンタルズ。
ファンダメンタルズによる相場分析は相場全体の値動きの肝となるものです。
初心者だからといって「ファンダメンタルズ分析は難しいから必要ない」と見過ごしていたら、いつになっても覚えることが出来ないのもファンダメンタルズです。
しかし、「じゃあ結局どうすればいいの?」となってしまう初心者の方も多いはず。

ファンダメンタルズ分析を行うに当たって、一番重要なものはやっぱり世界のニュースです!
主に分析するのは、各国で発表されている経済指標やニュースの格差ですね。
2カ国のファンダメンタルズの格差を見つけて将来にファンダメンタルズが良好なほうへと相場が動くという考え方で取引を行います。

ファンダメンタルズ分析の材料となる経済指標は、週・月・四半期ごとに各国により発表されていて、特に政策金利に影響のある雇用系指標や物価系指標にはトレーダーからの注目が集まることから、発表される際に大きく相場を動かす要因となっています。

ただし、実際のファンダメンタルズ分析は、他国の経済状態や、ニュース、季節的要因なども盛り込んで行われる場合が多いので、ファンダメンタルズ分析で取引をする場合は非常に複雑な分析をする必要があります。
ファンダメンタルズの弱点としては、最新のニュースを手に入れるまでに個人投資家はどうしても時間がかかってしまい、ニュースの内容を知るまでに相場が先に動き出してしまいます。
また、あるニュースがファンダメンタルズ分析では売り材料であったとしても売られない場合もあります。その場合には「すでに為替相場がそのファンダメンタルズ要因をすでに織り込んでいる」とかんがえられるため注意が必要です。

「織り込み済み」=「価格に反映済み」

ファンダメンタルズ分析って?

FXでファンダメンタルズ分析をする時に、「織り込み済み」と言われることがよくあります。

それは、「発表前の経済指標の結果が、市場に予測されており、既にレートに反映されている」または「そのニュースは既に出ているもので、為替相場を動かすような効果は無い」という意味です。
相場は、小さなニュースを手がかりにして大きな値動きを見せることもあれば、大きなニュースを材料にまったく相場が動かない時もあります。
「なんでこのニュースで相場が動かないの?」と思ったときには、それは既に織り込み済みだからというわけですね。

ファンダメンタルズ分析が通用する通貨

ファンダメンタルズ分析って?

通貨別では、比較的ファンダメンタルズ分析が通用すると言われているのが豪ドルです。
なぜかと言うと、豪ドルは長期投資でも通用する数少ない通貨だからなんです!
豪ドルは、先進国の中でも相対的に金利水準が高いため、豪ドルを好む投資家が多く、そのために長期投資でもなんとかなる性質を持っているのです。

長期で豪ドルに投資するのであれば、ファンダメンタルズ分析でも通用するのですが、その場合に注目しなければならないのは、中国の景気です。
その理由は、オーストラリアは資源などを中心として中国向けの輸出が非常に多いため、中国の景気動向がオーストラリア経済にも大きな影響を及ぼすからです。
中国が不景気になってしまうと、オーストラリアの経済も影響を受けることが予想されて、豪ドルが売られることになるんですね。

まとめ

今回は、ファンダメンタルズ分析についてお話してきました。
いかがでしたでしょうか?

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は、どちらか片方の手法を選ばなくてはいけない、ということはまったくありません!
むしろ、バランスよくどちらにもアンテナを伸ばし、自分の相場観と合わせて
2つの手法を裁量判断の材料にして、
確率が高い方向にポジションを持つという根拠のあるトレード
を行っていくことが、
確実に勝ちを重ねていくためには非常に大切なことです。

日々の学習と情報収集を継続して、
どんな相場にも対応できるトレーダーを目指して頑張りましょう!

そんなFXの学習にはカリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める、
「FXスキャルピング7日間集中プログラム」をオススメします。

今なら期間限定で、
約5時間のFX集中講義を
無料で受けることができます。

この講座は、FXの基礎から学ぶことができ、
今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台を作っていきたい方にピッタリな講座です。

メールアドレスの登録だけですぐに最初の動画を見ることができるので、
ぜひこの機会に受講してみてください!

スキャルピング7日間集中講座

追伸

この記事はクロスリテイリングスタッフNが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 指標に従うFXのファンダメンタルズ分析とは何か

PAGETOP