1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXと陰陽の意外な共通点~相場の相互関係を見つめ直してみる~

FXと陰陽の意外な共通点~相場の相互関係を見つめ直してみる~

FXと陰陽の意外な共通点~相場の相互関係を見つめ直してみる~

FXや投資をするうえで、「分析」という行為は必須条件といえます。

過去の相場を見て、その傾向をあぶり出すことで、これからの相場を予測する。

過去の事実を検証し、確固たる根拠によって導き出される分析、
そこには、人智を超えた能力など存在しません。

そのため、投資をおこなっている方々の大半は、
超常現象や超能力といった、スピリチュアルなものは
この世に存在などしていない
と、お考えではないでしょうか?

強いて言えば、朝の星座ランキングや血液型占いなどを、娯楽として接するくらいで、
まさかその結果が相場に反映される、みたいには考えませんよね?

そんな中、今回はあえて、そんなスピリチュアルと相場の
不思議な関係をご紹介したいと思います。

世にはびこる陰と陽

陰と陽

「陰陽(いんよう)」という言葉をご存知でしょうか?

これは中国で始まった、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から
「陰(いん)」と「陽(よう)」2つのカテゴリに分類する思想です。

陰と陽とは、互いに対立する属性を持った気であり、
万物の生成や消滅といった変化は、この二気によって起こると考えられています。

小説や映画にもなっている安倍晴明(あべのせいめい)が
この思想を用いた陰陽師として、有名ですよね。

陰陽ってナンだ!?

そもそも何が「陰」で、何が「陽」に分けられるのでしょうか?
その例を少し紹介します。

まずは分かりやすいところで「生」と「死」があげられます。生が”陽”で死が”陰”です。
天気を例に上げると「晴」と「雨」。晴が”陽”で雨が”陰”となります。

このように、世の中の様々なものが、陰と陽の2種類に分けられるのですが、
実は相場においても、陰と陽は存在します。

もう想像がついているかと思いますが、陰線・陽線と名のつく通り
上昇(陽)と下落(陰)も、陰と陽に分けることができます。

「なんだそれ、ただのこじつけだろ!」と感じる方もいるかと思いますが、
話はここで終わりではありません。

相場の動きと陰陽には、不思議な共通点があったんです。

陰陽の特徴と相場の特徴

陰陽の特徴

陰陽の特徴を表す言葉が、いくつかあるのですが、
その特徴がなにやら相場の動きと、共通点があるようなのです。

まずはこちらの言葉、

「陰陽互根(いんようごこん)」

この言葉の意味は、陰と陽はそれぞれ単体で、存在することはできず、
陰と陽のお互いが存在することで成り立つという、陰陽の依存関係を表した言葉です。

この特徴、相場にもあてはまりますよね。
相場は「上昇」と「下落」の両方が存在することで成立しています。
どちらか一方だけですと、為替によって経済を動かすことが難しくなってしまいます。

本来であれば体内を例に上げ、「気」によって「血」が作られ、
「血」があることによって「気」が存在できる。
という具合に、とてもスピリチュアル的な内容なのですが、
何故か相場にも、あてはまってしまいます。

続いてご紹介するのはこちら、

「陰陽制約(いんようせいやく)」

これは、陰と陽がお互いにバランスをとろうとし、
どちらか一方へ、偏らないように動こうとする特徴を表した言葉です。

こちらも体を例にあげてみましょう。

血(陰)が減ることにより発熱(陽)が起こったり、
体温(陽)を調整する臓器が弱ることで、寒気(陰)が起きたりと、

陰陽のバランスが崩れることで、異変がおこってしまうので、
陰陽はお互いを成約することでバランスをとっている、と考えられています。

こちらも相場の動きと一致しますよね。

「売り」と「買い」の圧力が拮抗しているレンジ相場の、
どちらかの勢いが増すことでトレンドへ転換する。

レンジ相場は、相場の7割を占めるといわれているので、
それを踏まえるとどちらかに力がかたよったトレンド相場は異変と、
とらえることもできると思います。

3つ目の特徴はこちらの言葉、

「陰陽消長(いんようしょうちょう)」

こちらも陰陽の量的変化を表した言葉で、
陰が減ると陽が増え、陽が減ると陰が増えるといった具合に、
陰と陽は、上限と下限の範囲で変動していると考えられています。

季節を例にあげると、冬から夏にかけては段々と気温が暖かくなるので、
陰が減り、陽が増えるといわれています。

そして夏から冬にかけては段々と寒くなっていくので、
陽が減り、陰が増えるといわれているのです。

この特徴は、トレンド相場にも当てはまると思いませんか?

上昇トレンドのチャートは、陰線よりも陽線が多く
下落トレンドのチャートは、陽線よりも陰線が多い
ですよね。

だんだん共通点の多さに驚いてきたのではないでしょうか?
続いて最後はこんな言葉、

「陰陽可分(いんようかぶん)」

陰陽可分

こちらの言葉は、陰陽それぞれの中に、
様々な状態の、陰と陽があることを表しています。

よく見かける太極図の、丸の部分がそれにあたり、
白い側にある黒い丸は「陽中の陰」といい、
黒い側にある白い丸は「陰中の陽」といわれています。

こちらもトレンド相場のチャート形状があてはまります。

上昇トレンドの中にも陰線は存在し、下落トレンドの中にも陽線は存在します。

また、5分足では上昇トレンドだとしても、1時間足を見ると下落トレンド中で、
つまり今は一時的に上昇している場面、なんていうこともありますよね。

このように、ローソク足だけでなく、
チャートの波形にも陰陽可分の特徴があてはまるといえます。

まとめ

陰陽の特徴を4つご紹介しましたが、みなさんはどう感じましたか?

証券取引所の歴史より、はるか昔から存在する「陰陽」は、
天候と関係した言葉だったのものが、やがてスピリチュアルと結びつき、
万物の生成や消滅と、関連づけられた自然界がベースの思想です。

そして自然界をよく見てみると、法則めいたものが存在するのは確かです。
そこに科学的根拠ではなく、”気という目に見えないエネルギー”が入り込むことで、
信憑性を疑う人が出てくるのだと思われます。

しかし、相場という完全に人によって、作り上げられているものが、
なぜか陰陽の特徴と合致した動きや、特徴を持つのも確かです。

あまりにも安直なものいいですが、
「昔の人はうまいこと言ったもんだ」と、思わず口から出てしまいそうですよね。

スピリチュアルを用いて、語られることのない経済や金融ですが、
値動きには陰陽と、あてはめることのできる動きが存在します。

さらに不思議な相場の動きや、法則性について、
アノマリーという言葉で、説明される現象もありますので、
こうした相場の不思議に興味がある方は、こちらもチェックしてみてください!

アノマリーとは~FXトレーダーが注意すべき相場の流れ~

アノマリーを徹底解剖!相場で勝つなら季節を味方に!?

もちろん、相場の動きは神の御業ではなく
人のしわざであることは間違いありません。

こうした特徴を何の根拠もなく信用し、勘に頼ったトレードなどを
行ってしまわないように注意しましょう。

あくまで相場の仕組みや金融の世界を見る、ひとつの視点として捉えつつ、
きちんとロジックを使ったり、ラインを参考にしたりしながら
相場と向き合うことは、今後も大切にしてくださいね。

上記のように勘に頼ったトレードをしてしまう方、まだトレードに自信がない方は、
こちらもチェックしてみてください。

イージー・トレードFX6日間集中講義

「EASY TRADE FX6日間集中講義」では、FX初心者でも安心して利益をあげられるような手法を、なんと無料で学ぶことができます!

驚きの「ほったらかしで稼げる手法」を、あなたもその目で確かめてください。
学んだその日から稼げるロジックで、勝率90%を目指せますよ!

トレードに自信がなかった方も、FXを学び始めた方も、ぜひ石井和夫氏が伝授する手法を学んでみてください。学習したその日からさっそく実践できます!

無料でありながら、2時間以上の大ボリュームでお届けする6日間集中講義です。
メールアドレスを登録したらすぐに講義を視聴できます。
あなたも自由なライフスタイルを実現したいと思ったら、今すぐチェックしてみましょう!

イージー・トレードFX6日間集中講義

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXと陰陽の意外な共通点~相場の相互関係を見つめ直してみる~

PAGETOP