1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 「平均足」のトレードテクニック!ローソク足のトレンドを見抜く進化系インジケーター!

「平均足」のトレードテクニック!ローソク足のトレンドを見抜く進化系インジケーター!

「平均足」のトレードテクニック!ローソク足のトレンドを見抜く進化系インジケーター!

FXのテクニカル分析では、さまざまな情報を分析しながらチャートがどのように動くかを予想していきます。

この「チャート」にはいくつかの形状があり、「バーチャート」「ラインチャート」「ローソク足チャート」などがあります。
そんな中でも日本人トレーダーは「ローソク足チャート」を好んで使用する方がほとんどだといわれています。

このローソク足は、その名の通りローソク(蝋燭)のような形状をしています。それぞれ始値・高値・安値・終値の4つの値で構成されているためとても情報が見やすく、分析にはもってこいです。そのため、このローソク足を使用した分析法は数多く存在します。

しかし、このローソク足はチャートの動きがそのまま数値として反映されるので騙しも多く、ローソク足だけでは分析が難しい場合もあります。

そんなローソク足をもっとシンプルかつ、わかりやすくしたのが「平均足」です。

今回はこの「平均足」の詳しい使い方と、「平均足」を使ったトレードテクニックをご紹介しましょう。

そもそも平均足がどんなものか分からないという方は、過去にローソク足と平均足についての基礎を紹介している記事があります。こちらを読むことで、平均足についてより理解が深まるかと思います。

「FXをするなら平均足とローソク足どちらがいいの?」はこちら

平均足はローソク足のトレンドを簡単に見抜く進化系インジケーター!?

それでは、平均足がなぜ有用なのかを説明していきましょう!

まずは以前紹介した記事にも書いてある通り、平均足は連続して陽線・陰線が出るので視覚的にトレンドを判断できます。つまり相場の方向性をシンプルに見極めることが可能です。
そのため、平均足はトレンド相場やトレンドフォロー型のロジックと非常に相性が良いのです。

百聞は一見にしかず、まずはどれくらいわかりやすいかを実際のチャートを使って見ていきましょう!

ローソク足と平均足の比較

この画像は左がローソク足、右が平均足を映したものです。

左側のローソク足だけのチャートは、画像の真ん中付近で下落しつつも反発がところどころ見えているため、実際にこの相場に出くわした場合、これからどちらに動くのか判断できないかもしれません。

しかし、同じ位置の平均足のチャートを見てください!
きれいに陰線が続いているので、「今は下落トレンドなんだ!」というのがすぐに判断できますよね。
平均足はその名の通り、ローソク足の平均を求めることからMAと似た特性があります。ローソク足にあったダマシ部分の反発もなだらかに表示するため、ダマシに惑わされにくい動きをするのです。

まさに平均足は、ローソク足のトレンドを見抜くことに特化した進化系インジケーターなのです!

相場がどちらの方向に動いているのかわからないという初心者の方には、特にオススメのインジケーターであるといえるでしょう!

平均足にもダマシが存在する!?

さて、先ほどダマシに惑わされにくいといいましたが、平均足にもダマシがないわけではありません。

ここでは、平均足の弱点部分についてお伝えしましょう。

通常のローソク足に比べてダマシは軽減されていますが、先ほどの画像を再度確認すると、途中に少しだけ陽線が混じっているのが見てわかるかと思います。
小さい反発は平均足でなだらかにしていますが、強めの反発がある場面では平均足でも対処しきれず、反転のサインを出してしまうことがあるのです。

それじゃ平均足もだめじゃないか・・・

そう思ってしまったそこのあなた! 心配は無用です!

平均足でダマシが出てしまったときにはいくつかの対処法があるので、それをご紹介しましょう!

対処法1「3本までは許容する」

先ほどお伝えしたように、直近の強い反発には対処しきれず反転してしまうことがありますが、そういう場合に対処する方法として「○○本分は許容する」という対処法があります。

要はダマシに対処するために、ダマシになりそうな本数分は許容してみてみるというルールを、自分で作ってしまうのです。

今回の場面では「3本分反発は許容する」というルールを使ってチャートを見てみましょう。

反発を許容する平均足

するとどうでしょうか。

途中で2回の反発が見られていた下落トレンドが、1本の下落トレンドに変わりました!
このように、ダマシをある程度許容すれば、平均足は大きなトレンドをつかむのに大変有効性があります。

今回は3本許容するというルールにしましたが、本数はあなたのトレードスタイルによって変えると良いでしょう。

「スキャルピングトレードならすぐに反応したいから1本だけ許容しよう」
「スイングトレードなら大きな流れを見たいから4本までは許容しよう」
などなど

あなたのトレードスタイルによって許容できる本数は変わってきます。
もちろん、許容した分の利益は目減りしてしまいますが、自分のトレードスタイルに合わせて許容範囲を決めることで、ダマシに惑わされないトレードをしていきましょう!

上位足のトレンド方向だけに絞る

次の対処法は上位足を確認して、そのトレンド方向のみでしかエントリーしないという対処法です。

やり方としては、メインでトレードする時間足よりも上の時間足で平均足を見ることで、トレンドの信憑性を高めるという方法です。

平均足の時間軸を変更して確認

それでは、同じ時間の日足の方向を見てみましょう。

ご覧の通り、上位足でも同じ方向にトレンドが出ています。
上位足の方向がわかれば、しばらくはその方向に動く確率が高くなります。
つまり、下落トレンドが続く可能性が高いということがわかるのです。

上位足チャートでも平均足を使えば、よりトレンドの方向がよりわかりやすいですよね!

この方法は、通常のローソク足チャートでもよく用いられるマルチタイムフレーム分析とも呼ばれるもので、さまざまなトレンドフォロー型のロジックの信憑性を高める分析法ですので、ぜひ使ってみてくださいね!

平均足の極意は「頭と尻尾はくれてやれ」

いかがでしょうか。
今回は平均足をより実践的に使う方法として、いくつかご紹介しました。

今までの方法を踏まえて、最後に平均足を使う上での最大の極意をご紹介します。

それは、相場の格言の中でも有名な「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉です。

これは、「相場の天底は狙わずに、頭(天井)と尻尾(底値)の部分は安全のコストだと割り切って捨てて、トレンドの真ん中を狙って利益を確保しましょう」という意味がこめられた言葉です。

平均足には、始まりと終わりの部分がどうしても1歩遅れて反応してしまうという弱点があります。

しかし、どんなに優秀なロジック・インジケーターだとしても、常にすべての相場で天底が狙えるわけではありません。
天底を狙いすぎた挙句、結局損失になってしまったというケースは少なくないのです。

それよりも、たとえ利益が少し目減りしてしまっても、目減りした分は安全上の必要コストだと割り切ってしまえば、これほどわかりやすくシンプルで頼りになるものはない、といえるほど強力なインジケーターになります。

まずは、あなたが普段使っているトレードスタイルに加えて使ってみてください。

その中で、どのように使っていくのが一番ベストなのかを探って、あなたに合った使い方を見つけ、活用してみてください!

FXライントレードマスタースクール無料講座

こちらの講座は、たった2本のラインだけで利益をあげるテクニックをイチから学べる無料動画です!

カリスマトレーダー・FX-Jin氏が送る「FXライントレードマスタースクール」は、初心者にもぜひオススメしたい内容が詰まっています。
ライントレードを習得すれば、あらゆる相場から利益をあげられるようになります。本物の経済的自由をいち早く手にできるようになるでしょう。

学習方法も簡単です!
動画を観ながら学べるため、飽きずに楽しく知識を身につけることができますよ。

充実の講座内容を無料で視聴できるのは今だけです!
ライントレードに興味が湧いた方は、今すぐメールアドレスを登録して、無料講座を受講しましょう!

FXライントレードマスタースクール無料講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 「平均足」のトレードテクニック!ローソク足のトレンドを見抜く進化系インジケーター!

PAGETOP