1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. インジケーターって本当は2種類しか存在しない?

インジケーターって本当は2種類しか存在しない?

インジケーターって本当は2種類しか存在しない?

みなさんはFXをする際に、チャートだけを見てトレードしますか?
それとも、インジケーターを使用しながらトレードをしますか?

MT4をお使いの方なら一度はインジケーターを使ったことがあるのではないかと思います。

ただ、特にFX初心者の方は、効果的に使いこなせずに
苦戦したり、インジケーターは難しいものだと感じたりすることもあるかもしれません。

確かにインジケーターは相場状況を把握するのに便利ですが、
数は膨大に存在しますし、どれが自分にあっているのかも
よくわからなくなってしまいますよね・・・。

しかし!
FXでトレードをする上でとても重要な役割をしているインジケーターですが、
実は、2種類しかないんです!

たった2種類しか存在しないと考えれば、
インジケーターもシンプルに考えられると思いませんか?

今回はFX初心者なら絶対に覚えておきたい、その2種類について詳しく解説していきます。

FXを始める上ではずせないインジケーター

インジケーターとは

FXのチャート分析は、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」があります。

経済指標や景気動向など、
そのときの社会情勢などをもとにするファンダメンタルズ分析に対し、

過去の相場の動きを分析するテクニカル分析で重要になるのが、
インジケーターなのです。

FXでトレードをするにあたって、目の前のチャートをもとに、
今後の値動きを予測していく方も多いと思いますが、
そのチャート分析の際に参考にするのが、FXの各種インジケーターとなります。

そんなインジケーター、さらに詳しく説明すると、
チャートの動きを細かく視覚化することで、
相場の動きを分析するためのものです。

日本語では、「指標」「指示器」という意味を表します。

このインジケーターを使いこなすことによって、
売買のポイントとなるヒントを見つけることができるのです。とても便利ですよね!

インジケーター無し

インジケーターのないチャート

インジケーター有し

インジケーターのあるチャート

上に用意したのは、同じチャートに有名なインジケーター「移動平均線」を
表示したものと、ないものをそれぞれ用意してみました。

ローソク足だけではちょっと分からない・・・と思った時、
補助線が1本あるだけで「今は上昇傾向だな」「下落傾向だな」「あんまり動きがないな」
というのがパット見て分かりやすくなりましたよね!

このようにしてインジケーターは、
トレーダーが必要とする情報を分かりやすくしてくれる力を持っているのです。

インジケーターはたったの2種類だけ?!

さて、FXトレーダーの武器ともいうべきインジケーターですが、
現在、種類は数え切れないほどあります。

メジャーなものからマイナーなものまで合わせると、
数千以上とまでいわれているのです。

「それじゃあ、2種類しかないっていうのは?」
とタイトルに疑問を持つ方もいるかと思いますが、
実は、その数千以上もあるインジケーター・・・これを大きく分けると、

・オシレーター系インジケーター
・トレンド系インジケーター

この2種類に分類できてしまうのです!

もちろん、その2種類の中にあるそれぞれのインジケーターは
多彩な個性があるわけですが、そこから自分にとって使いやすい
インジケーターに出会うことにより、
より良いトレードを実現できます。

さらに、2種類を組み合わせることによって、
より精度の高い売買シグナルを出してくれるようになるのです!

それではこの2種類、どのような特徴があるのでしょうか?

「売られすぎ買われ過ぎ」をあらわすオシレーター系インジケーター

オシレーター系インジケーター

オシレーターとは日本語で「振り子」を意味します。
振り子のように一定の範囲を行ったり来たりする動きを
見せることから呼ばれるようになったのです。

このオシレーター系インジケーターは、レンジ相場(ボックス相場)に向いており、
相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断することができます。

過去の相場から現在の相場が買われすぎているのか、
もしくは売られすぎているのかを判断することで、
過去のパターンにならってトレーダーも相場が見られるようになります。。

その場その場の強弱を見定め、
その時点でどれだけ勢いがあるかを見るものになりますので、
短期の相場を見るのに向いてます。

代表的なオシレーター系インジケーター

オシレーター系インジケーターの中でも、多くのトレーダーが使用する2つがこちらです。

・ストキャスティクス
・MACD(マックディー)

オシレーター系インジケーターは、チャートの下に表示されます。
一見するとどちらも難解そうに見えるかもしれませんが、
その仕組みを理解すれば、途端に相場の見え方が変わってくることでしょう。

特に、ストキャスティクスもMACDも、
そこから得られる情報はとても濃厚です。

FXで稼ぎたいと思っている方は、ぜひ見逃したくないインジケーターといえます。

各インジケーターごとに分かりやすく解説した記事があるので、
そちらも併せてご覧くださいね!

ストキャスティクス・MACDの詳しい記事はこちら↓↓

オシレーター系インジケーターの代表格、ストキャスティクスの使い方を解説!

たったの3分でMACDを完全攻略!FXでMACDを使いこなそう!

相場の大きな流れを掴むためのトレンド系インジケーター

トレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターは、その名の通りトレンド相場に向いており、
チャートがどのようなトレンド(傾向)で動いているか示すものです。

全体的な相場の方向性を探るために使われるため、中長期の相場を見るのに向いています。

相場の流れに乗った取引を行いたい時に活用すれば、
取引効率を上げることができるでしょう。

「今発生しているトレンドに乗るべきなのか」
「今のトレンドはいつまで続きそうか」
などを教えてくれます。

代表的なトレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターの中でも、多くのトレーダーが使用する2つがこちらです。

・移動平均線
・一目均衡表

オシレーター系インジケーターとは違い、ローソク足と一緒にチャート上に表示されます。

そのため、あまりたくさんのトレンド系インジケーターを一気に表示してしまうと
チャートそのものが見づらくなってしまう点は注意しておきましょう。

また、先ほどのオシレーター系インジケーターと同様に
今回ご紹介しているインジケーターは非常に有名なものです。

一目均衡表なんかはさまざまな表示が出てきて混乱してしまうかもしれませんが、
日本人が編み出した高性能なインジケーターですので、
ぜひとも奥深い性能を理解していきたいところですね。

移動平均線と一目均衡表についても、
各インジケーターを特集した詳細記事がありますので、
しっかり読み込んでFXトレーダーとしてのスキルを磨きましょう!

移動平均線・一目均衡表の詳しい記事はこちら↓↓

すぐに使える!FX初心者のための移動平均線実践講座!

FX最強の万能インジケーター!?一目均衡表の使い方を徹底マスター!

インジケーター、どうやってチャートに出すの?

先程ご紹介した4つのインジケーターを実際にチャート上に出してみましょう!

・まずMT4を開きます。

ナビゲーター

・チャートの左上にある黄色いマーク(ナビゲーター)をクリックします。

インジケーターをクリック

・インディケーター(インジケーター)の中にあるトレンド・オシレーターを
 ダブルクリックします。

インジケーターの一覧

一目均衡表・・・Ichimoku Kinko Hyo
移動平均線・・・Moving Average

MACD・・・MACD(そのままですね)
ストキャスティクス・・・Stochastic Oscillator

このように表示されていますので、ダブルクリックをしてもらえたら、
チャート上に表示されます。

2つを組み合わせることでより正確なトレードを

オシレーター系・トレンド系には、それぞれデメリットもあります。

オシレーター系の指標は反応が良すぎるために、
サインを頻出し、ダマシにあう可能性があります。

一方で、トレンド系の指標は反応が遅く、
エントリーチャンスを逃す可能性があります。

中期的に向いているトレンド系インジケーターで、チャートの方向を見定め、
短期的で反応の早いオシレーター系インジケーターの転換を
サインとしてエントリーすることにより、より正確なトレードをすることができます。

つまり、1つだけ使うのではなく、2つ(もしくは3つ)組み合わせることにより、
お互いの欠点を補助し合ってくれるのです。

オシレーター系は短期的に、トレンド系は中長期的な流れを見る。

これを覚えておけば、ダマシにあうことも少なくなります!

まとめ

インジケーターはFXの取引をする上で欠かせないものです。

たくさんある種類の中から、自分の使いやすいものを組み合わせることで、
スキャルピングでもデイトレードでも、使い方は無限大になります。

今回、オススメのインジケーターを紹介していきましたが、
上記の通り、種類も多く、使い方は無限大となるわけです。
これは、逆にいえば勝率100%のインジケーターが存在しないという
証明だともいえますね。

メジャーなインジケーターは使っている方が多い分、
多くのトレーダーに信用されているということ、
そして検証も繰り返しされています。

まずは代表的なインジケーターから使用していき、
「これだ!」と思ったインジケーターはとことん使い続けてください。
長く使うほど、その性質を理解し、使いこなすことができるのです。

インジケーターを使ってより質の高いトレードを行っていきましょう!

こういったインジケーターを使ったトレードでFXを始めたい方は、
ぜひこちらをご覧ください!

FXを今すぐ始めるなら(マニュアル付き!)

今回の記事をきっかけに「いますぐFXを始めたい!」と思った方も多いでしょう。

しかし、FX初心者の方が最初にぶつかる、避けられない壁があります……。
それは「口座開設」です。

証券会社によって、取引できる通貨ペア数や最低取引単位なども異なります。
その中から、自分に合った証券会社を見つけるのは一苦労ですよね。

そんな悩みの壁にぶつかった方にオススメしたいのが、【FXTF】です!



人気の高い国内証券会社のひとつで、口座数は8万件を突破した安定のFXTF。
FX初心者はもちろん、プロトレーダーも注目する証券会社として知られています。

多くの国内証券会社と同じく、ドル円は原則0.1pips固定です。
そのほか、日本人トレーダーに人気の主要通貨ペアも業界最狭水準スプレッドを誇っており、低コストのトレードが実現できますね。

さらに、初心者の方なら注目しておきたいポイントが最低取引単位。
この取引単位によって必要な資金量も変わるため、特に初心者の方は気になるところでしょう。FXTFなら1,000通貨からのトレードが可能なので、少資金からFXができます!



そしてもうひとつ、チャートソフトの存在も見逃せません。
FXTFは世界中のトレーダーが愛するMT4(メタトレーダー4)が使用可能なんです!
国内カスタマーサポートも充実しており、初めてMT4を触る方も安心です。

さらにMT4といえば、豊富なインジケーターが特徴ですが、FXTFはさらに、オリジナルインジケーターも多数搭載しています。
口座開設をした方ならすべて無料で使用できますので、独自の分析やトレードの幅を広げることができるでしょう。

・MT4が使える証券会社を探している
・インジケーターにもこだわりたい
・少資金からFXを始めたい
・主要通貨ペアのスプレッドは狭いほうがいい
・口座開設で失敗したくない

上記にひとつでも当てはまる方には、ぜひオススメしたい証券会社だといえます。

これからFXを始める方、新しい口座開設を検討中の方は、この機会にFXTFから常勝トレーダーを目指しましょう!

今回はFXTFの口座開設マニュアルを用意したので口座開設がわからない!という方はこちらもぜひごらんください。
FXTF口座開設マニュアルはこちら



KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. インジケーターって本当は2種類しか存在しない?

PAGETOP