1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 「24時間眠らない市場」インターバンク市場とは?

「24時間眠らない市場」インターバンク市場とは?

「24時間眠らない市場」インターバンク市場とは?

FXをやっていると「インターバンク市場」という言葉を耳にすることがあります。

実はこの「インターバンク市場」の取引レートは、
FXで取引している為替レートが参考にしているくらい、重要なものなのです。

勝てるFXトレーダーを目指すのであれば、
「インターバンク市場」についてしっかりと把握しておいたほうが良いでしょう。

そこで今回は「インターバンク市場」についての
基本を把握できる情報をご紹介していきます!

FXの学習を始めたばかりの方も、すでにトレードを行っている方も、
ぜひこの機会にしっかり学んでみてくださいね。

インターバンク市場とは

インターバンク市場

インターバンク市場は「銀行間取引市場」とも呼ばれているのですが、
銀行や証券会社などの金融機関が、外国の為替や短期資金の取引を行う市場のことです。

このインターバンク市場は、
金融機関の日々の営業活動から生じる短期資金の過不足を調整する役割を担っています。

ちなみに「市場」という言葉がついていますが、
実際に取引場所が存在するわけではなく、
それぞれの金融機関が電話回線やインターネットなどを通じて連絡を取り合い、
取引を行っています。

「それぞれの金融機関」が繋がって取引しているために、
「銀行間取引市場」=「インターバンク市場」と呼ばれているのですね。
なお、この取引に参加できるのは金融機関に限定されています

取引が行われる時間を日本時間で見てみると、
まず月曜日の朝6時からウィリントン市場が開き始め、
8時から東京市場、16時にロンドン市場、
そして22時にNY市場が開きます。

市場は土日やクリスマス、元旦には閉まってしまいますが、
それ以外の日は24時間いつでも取引ができます。
このことからインターバンク市場は、
「眠らない市場」とも呼ばれているんですよ!

日本だけでなく、世界各国のさまざまな金融機関や証券会社で取引されている、
非常に大きなバーチャル市場……想像するだけで壮大なイメージが湧いてきますね。

インターバンク市場の機能

機能

そんなインターバンク市場の機能についても見てみましょう。

先ほども簡単に説明しましたが、FXトレーダーが普段トレードを行っている為替レートは、
このインターバンク市場の取引レートを参考にして成り立っています

FXトレーダーたちがお世話になっている各証券会社のチャート情報は、
この「インターバンク市場」の為替レートを参考にしたものということですね。

またインターバンク市場といえば、上記の「為替取引」の印象が強いですが、
それ以外にも「短期金融」も取引されています。

短期金融とはいわゆる「資金貸借」のことを指し、
1年以内に返済する(短期)の資金貸借の取引を、
このインターバンク市場では行っています。

なぜ為替取引だけでなく、このようなお金の貸し借りを行っているのでしょうか。

金融機関は日々、さまざまな取引を行っていますが、
そこで時には資金が余ったり、不足したりする場合もあります。

そこで、資金が不足している金融機関に対して、
お金に余裕がある金融機関が貸し借りして調整する
のが「短期金融」なんです!

このようにインターバンク市場では、世界中の金融機関がさまざまな面でつながり、
取引しているという意味からも、重要なものだといえるでしょう。

インターバンク市場の種類

先ほどインターバンク市場の機能について解説しましたが、
ここからはもう少し深く見ていくことにしましょう。

このインターバンク市場は大きく
「コール市場」「手形売買市場」「東京ドル・コール市場」に分けることができます。

コール市場

コール市場とは、取引当日から1年までの間に、
民間の金融機関が短期で貸付、借入を行う市場
のことです。
「呼べばこたえる」という意味から「コール市場」という名前がつけられました。

このコール市場は、短期金融市場としては国内最古の歴史を持っており、
100年以上前から自然発生的に成立したものだといわれます。

手形市場

手形市場は、優良企業が発行する手形を、
割引の方法によって売買するかたちで資金の融通をする市場
のことです。

ちなみに現在、日本の手形市場で取引される手形は、
日本銀行を相手としたものがほとんどで、
一般の金融機関が相手となる取引はほとんど残高がない状態だそうです。
ただ、市場参加者同士で合意があれば、今でも取引は可能です。

この手形市場は、1971年にコール市場から分離して創設されました。
コール市場と比較すると、手形市場は期間が長めの取引を扱っています。

東京ドル・コール市場

日本にある外国為替公認銀行が、外貨の運用や調達のために利用する、
無担保で外貨を貸し借りできる市場
のことです。

東京ドル・コール市場は、
それぞれの金融機関が外貨を調達したり運用したりするのに利用される、
身近な市場として機能しています。

ちなみに、名前に「ドル」とついているものの、
そのほかの国の通貨に関する取引も行われています。

銀行間で取引される為替市場

今回は、普段の生活ではなかなか見聞きしないものの、
FXトレーダーなら覚えておきたいキーワード
「インターバンク市場」について取り上げてみました。

銀行間が資金の取引をする市場ときくと、
あまり身近に感じられないかもしれません。

しかし冒頭でもお伝えしたとおり、
FXトレーダーにとってはそれほど遠い世界の話ではない
と感じられたのではないでしょうか。

直接トレードを行ううえで影響されるものではありませんが、
インターバンク市場の仕組みを知っているかどうかというのは、
今後のトレーダーとしての成長において重要になっていきます。

投資は日頃の学習がとても大切です。
初めて「インターバンク市場」という言葉をきいた方も、
ぜひこの機会に内容を理解して、
ワンステップ上のFXトレーダーとして活躍していきましょう。

そして、さらにFXスキルを磨きたいと考えている方は、
こちらの無料講座にも目を向けてみてください。

あなたがトレードするために大切な知識・スキルに磨きをかけることができますよ!

FXライントレードマスタースクール無料講座

こちらの講座は、たった2本のラインだけで利益をあげるテクニックをイチから学べる無料動画です!

カリスマトレーダー・FX-Jin氏が送る「FXライントレードマスタースクール」は、初心者にもぜひオススメしたい内容が詰まっています。
ライントレードを習得すれば、あらゆる相場から利益をあげられるようになります。本物の経済的自由をいち早く手にできるようになるでしょう。

学習方法も簡単です!
動画を観ながら学べるため、飽きずに楽しく知識を身につけることができますよ。

充実の講座内容を無料で視聴できるのは今だけです!
ライントレードに興味が湧いた方は、今すぐメールアドレスを登録して、無料講座を受講しましょう!

FXライントレードマスタースクール無料講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 「24時間眠らない市場」インターバンク市場とは?

PAGETOP