1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 日本人トレーダーって何歳くらいの人が多いの?

日本人トレーダーって何歳くらいの人が多いの?

日本人トレーダーって何歳くらいの人が多いの?

ここ数年で一般にも浸透してきた「FX」

居酒屋の隣客や、会社の同僚との会話でFXの話を聞く機会が増えてきたと、感じている方も多いかと思います。

立ち話

日本初の株式は1873年からと歴史が長く、株に比べFXは1998年にひまわり証券が初めて導入してから19年程しかたっていません。
ただ、歴史が浅いにも関わらず、TVではアイドルがCMしたり、FXトレードブログが乱立したりと、FXが盛り上がりを見せており、アクセス数も増えている所をみると、さまざまな方がFXに興味を持っている事がわかります。

FXを勉強し経済的に余裕のある生活を掴み取っている話はさまざまな場所で聞く事も多くなり、FX人気に拍車を掛けています。
専業投資家ではなく、兼業で儲けている方の話もよく聞くようになり、以前に主婦が億を稼いだ話も記憶に新しいかと思います。

そんなFXですが、そもそもエントリーしている日本人の年齢層は何歳が多いのかと疑問に思った事はないでしょうか。

ちょっと気になるFXの年齢層

FXと株の年齢層

株に関しては、個人投資家の年齢層は過半数の56%が60歳以上のシニア層との調査結果が出ています。
FXは30代が28%・40代が43%・50代が23%となり、30~50代が90%以上を占めています。

年齢層に大きな違いが出ていますね。

ではなぜ、同じ投資でもこんなにもユーザー層が別れるのか。
その理由は「取引時間」にあったんです。

株はリアルタイムで株売買可能となる時間帯は9:00~15:00のため、時間に余裕のある定年後のシニア層が集まる傾向があります。

昔と違い、今は株の買い注文や売り注文は、インターネットから24時間注文予約が可能で、前日の夜に買い(売り)注文を予約しておくと、翌日株式市場が開くと同時に、システム的に発注処理が行われるようになっています。

ただ、やはりリアルタイムではありません。

対してFXは、土日以外の平日は24時間取引が可能ですので、ほんのすこしのスキマ時間だけでなく、ご自身の余裕がある時間帯にリアルタイムチャートを見ながらじっくり考え、エントリーすることが可能です。

市場の取引時間帯

このように、取引時間の違いから、平日に時間を作る事が出来ない会社員層の人気が集まったため、株とは年齢層が違う結果になったかと思われます。

ちなみに、FXは50%以上が会社員(Dynamic Trade2014年2月調べ)とも言われており、会社員にとっていかに魅力的であるかがわかりますね。

そんな魅力の一つとして、少ない資金で大きな取引が出来る事も挙げられます。

結婚をしている会社員のお小遣いが、平均3万円弱と言われている現代社会で、投資金額が絶対的に少ない会社員には、株式投資等では大きな取引ができないというのが現状です。

そこで登場したFXは、投資金額に対してレバレッジを高く設定でき、少額でも大きな金額の取引が可能ですので、チャンスと捉える人が多く、会社員人気に火が付いたと言えます。

上記でもお伝えしましたが、FXは1万円の少額からでも始める事ができ、元手よりも多くの投資が可能です。
加えて、外貨預金や外債などの商品の場合は常に「円を売る(=外貨を買う)」事になりますので、円安の局面にならないと利益を出す事はできません。

しかしFXの場合は、「円を買う(外貨を売る)」事もできるので、どのようなタイミングでもチャンスがあり利益を出す事ができます。
この「売り」と「買い」のどちらからでも入れることも、大きなメリットになっているんですね。

こういったさまざまなメリットを、在職中の方でも最大限受けることができる結果、若い年齢層が集まったといえます。

若い年齢層が投資に興味を持つこと

若年層の物欲・消費離れが最近マスコミで騒がれていますが、若者が単純に買い物をしなくなっただけの話なのでしょうか。

団塊世代以降、小さい頃から両親に、万が一のために貯金をするように教えられてきました。
学校では「右ならえ」と、多数から外れることがないように保守的な教育をされてきました。

昔はそれでよかったかもしれませんが、今は国民を取り巻く国の環境が変化しています。

そんな教えに疑念を持ち始め、稼いだ給料が「貯金」か「消費」の選択肢しかないことに、疑問を持ちだした人が増えてきたのです。
その証拠に、さきほどお伝えた通り、FXトレーダーの年齢層は30~50代が90%以上と若い層がFXに集中していますよね。

当然FX特有のメリットのおかげでもありますが、我々日本人の若い年齢層に「貯金」、「消費」以外で「資産運用」という新しい選択肢ができたことが、FX年齢層の数値をみても明らかです。

FX-Jinさんが普段からトレーダーの方々へお伝えしているお話にもありますが、FXなどで海外資産を持つことで、日本で万が一経済破綻が起きたとしても、円以外を保有している人は、生きながらえることができます。

海外資産を持つことで自分の生存力や価値を上げることができるのです。

若い年齢層が投資に興味をもつことで、日本の投資レベルの底上げ・経済活性化・自身の経済的自由などさまざまなメリットがあります。

このようなことから、物欲・消費離れの話は浅い話ではなく、若い年齢層の人間的なレベルが上がってきているからだと考えることができます。

最後に

FXは運否天賦ではありません。

サイコロ

当然、株や先物取引も運否天賦ではありませんが、FXも学習すれば断続的に利益を上げ続けることができる取引です。

若い方にありがちなのは、せっかくFXという優れた投資に着目したにもかかわらず、その本質に触れる前にギャンブルとして、トレードしてしまうことです。

その結果、損切りをすることもせずに大損をし、相場から退場してしまうことになってしまいます。

FXで経済的に自由になりたいと思った方や、今FXをしているけど、利益が出ない方は、一度しっかりとした学習をしてみてください。
正しい学習を行うことで、早い段階で徐々に損失が減っていき、結果が利益となって現れてくると思います。

ただ、そこで注意が必要なのは、少しずつ利益が出てくると、多くの方が自信を持ち始め、自身の間違ったロジックでトレードをするようになってしまいます。
そうすると、何が間違いなのかもわからず、一気に負け込んでいき、トレードできる資金がなくなり、FXから卒業していきます。

FX初心者の方に重要なことを改めてまとめました。

・正しい学習を行う
・利益が出たからと学習をやめず、継続的に学習し続ける
・自分の勝手な判断で手法を変えない

これを守って、FXに挑戦してみてくださいね。

我流の道は険しく、結果が伴わないことが多いです。
まずは上記でまとめたポイントを意識して、すでに成功しているトレーダーたちから、その腕を盗んでいきましょう。

そんなあなたにはカリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める、
「FXスキャルピング7日間集中プログラム」をオススメします。

今なら期間限定で、
約5時間のFX集中講義を
無料で受けることができます。

この講座は、FXの基礎から学ぶことができ、
今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台を作っていきたい方にピッタリな講座です。

メールアドレスの登録だけですぐに最初の動画を見ることができるので、
ぜひこの機会に受講してみてください!

スキャルピング7日間集中講座

追伸

この記事はクロスリテイリングスタッフKが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 日本人トレーダーって何歳くらいの人が多いの?

PAGETOP