1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 移動平均線のおすすめの数値とは

移動平均線のおすすめの数値とは

移動平均線のおすすめの数値とは

FXのテクニカル分析では、様々な情報を分析しながらチャートがどのように動くかを予想していきます。

その中でも、多くのトレーダーが使用している分析法が「移動平均線を使った分析法」です。

移動平均線といえば、FXを始めたばかりの初心者でも、触れたことがあるのではないでしょうか。
単にその名前が有名なだけでなく、移動平均線はどのインジケーターよりも優れているとまでいわれるほど、実際にとても優秀なものです。

そんな移動平均線ですが、実はとても奥が深いもので、詳細までしっかり把握して使用している方は多くないかもしれません。

今回はそんな「移動平均線の極意」ついて、代表的な使い方となぜ使われているのかという理由まで徹底解説していきます。

どんなトレード手法でも応用できる知識として覚えて、ぜひ活用していきましょう。

今回ご紹介する「移動平均線」について「あまりよく知らない……」という方は、以前の移動平均線について紹介した記事があります。

※記事はこちら!
「すぐに使える!FX初心者のための移動平均線実践講座!」

まずはこちらを読むことで、移動平均線の基礎を知ることができますよ。

移動平均線の有効性とは

まずは、今回ご紹介する移動平均線の有効性について解説していきましょう。

なぜ移動平均線の有効性が高いといわれているのか、その理由は単純明快です。

そもそもFXチャートの動きというものは、世界中のトレーダーが買いと売りを繰り返した値動きによるもので、これがチャートを形成しています。
つまりチャートの形はすべての投資家たちの心理が反映されているのです。

ここまでくれば、あなたも察しがついたのではないでしょうか。

多くの投資家たちの心理が反映されてチャートが形成されるのと同様に、多くのトレーダーの意識が向いているインジケーターこそが、有効性があるインジケーターといえるのです。

つまり「移動平均線は多くのトレーダーが知っている有名なインジケーターだ」ということ自体が、移動平均線の持っているそもそもの有効性を示しています。

優位性の高い移動平均線の種類とは

さて、移動平均線は有効性が高い、ということは分かりました。

しかし「移動平均線」と一口にいっても、すべての人がまったく同じ形状の線を目にしているわけではありませんよね。

移動平均線は期間を指定して、その平均値をつなげたものなので、当然期間を指定してあげる必要があります。
その際、闇雲に数値を入力しても、その移動平均線は本来の力を発揮できません。

有効性の高い移動平均線を使うには、多くのトレーダーが意識している期間を知る必要があるのです。

それではここで、一般的に多くのトレーダーが意識しているとされる、主要期間を紹介しましょう。

【1】日足をベースとしたおすすめの期間設定「5」「25」「75」「200」

日足ベースのオススメ移動平均線

まず最初にご案内するのは、区切りの良い期間を意識したおすすめの数値である「5」「25」「75」「200」の4つです。
これらの数値は、主に日足で使われることが多いですね。

なぜこれらの数値がおすすめかというと、区切りの良い期間を表しているからです。

期間「5」であれば日足でいう5日間、つまり1週間の市場時間を表します。
(月曜~金曜までの市場が開いている期間)
※MT4の種類によっては日足が5本ではない場合もあります。
また、1分足で使用する場合は、上位足である5分足の動きをとらえるためのマルチタイム分析などでも使用できるので、複数の条件がそろう一押しの数値です。

次に、期間「25」の数値です。
これは日足でいうところの約1ヶ月間を表しています。
1ヶ月という期間は、多くのトレーダーが意識する値になりますので、こちらもおすすめの数値となり得るのですね。

続いて「75」ですが、こちらは「25」と似ていますが、約3ヶ月間を表してしています。
1・3・5などの数値はキリが良い数なので、意識されやすいといわれています。そのためにこちらもおすすめです。

最後の期間は「200」。
こちらは日足でいうところの1年間を表しています。
「25日で1ヶ月なら計算が合わないじゃないか!」と思う方もいるかと思いますが、1ヶ月間で市場が開いている日はその月によって変わりますので、単純計算だとどうしても日にちが合わなくなってくるのです。

そのため365日のうち、市場が開いている日数で計算すると、約200日だといわれているため、結果的に多くのトレーダーは200日を採用しているようです。

また、グランビルの法則でお馴染みのジョセフ・E・グランビルは、200日移動平均線が最も信頼性が高いという発表をしています。
そのため、世界中の投資家がこの200日移動平均線に注目しているとされています。

なお、これらの数値は日足でしか使えないわけではありません。
下位足である1分足や5分足などでもこの数値の有効性は高いので、様々な時間足で試してみるといいですね。

【2】週足をベースとしたおすすめの期間設定「13」「26」「52」

週足ベースのオススメ移動平均線

それでは次に、週足でよく採用されている数値を紹介しましょう。
今回の数値は「13」「26」「52」です。

まずは期間「13」の数値ですが、こちらは週足でいうところの約3ヶ月間を表しています。
先ほどの日足での「75」と同様に、非常に有効性がある数値です。

続いて期間「26」の数値は、約6ヶ月間を表しています。
つまり、およそ半年の平均を知ることができます。

最後は期間「52」の数値です。こちらは週足での1年間を表しています。
区切りが良い数値は意識されやすいので、こちらもおすすめの数値だといえます。

【3】そのほかにも多数の人が採用している期間「10」「20」「21」「40」

これまでご紹介してきた数値以外にも、多くのトレーダーに採用されている数値はまだまだあります。

たとえば、日足で紹介した期間「5」の数値。
この倍数である「10」は2週間、「20」は4週間、「40」は6週間を表しており、これらも採用している方が多い期間です。

また、期間「21」という数値を採用している方も多いようです。

さて、ここで「20」と「21」という似た数字が出てきました。
この数字の違いはどこにあるのでしょうか。

実は「21」には、2つの意味が含まれています。

1つ目は、自然界の黄金比といわれる「フィボナッチ数列」です。
これをベースとしたエリオット波動では「5・8・13・21・34」などの数値が採用されており、この数値を応用して移動平均線でも採用している方もいます。

2つ目は、RSIの考案者で有名なJ・W・ワイルダーによる7の倍数です。
J・W・ワイルダーは7の倍数である「7・14・21」などの数値で相場が動くと発表しており、この数値を移動平均線で採用している方もいます。

このように、「21」は意外と無視できない重要な数字なのです。

つまり、この2つの法則の中で採用されている「21」という数値も、多くの方が意識している数値だといわれているため、結果として「20」と「21」という近しい数値が混在しています。

「20」と「21」は、どちらも優れた数値であり、両方とも有効性が高くおすすめです。

移動平均線の極意は「区切りの良い期間を意識する」

いかがでしょうか。

今回は移動平均線の中でも、特に多くのトレーダーが採用しているという代表的な数値をご紹介しました。

それらの数値すべてに共通しているのが「区切りの良い期間」を採用しているという点です。

区切りの良い期間は、誰もが意識しやすい共通の数値です。
数値に見出す特性は各国で違えども、「区切りの良い期間」を採用するということ自体は世界共通です。

これを普段のトレードに応用することで、あなたのトレードの有効性は飛躍的に高まるでしょう。

また、移動平均線は一本だけだとわからない相場状況もあるかもしれません。
そんなときは、複数の移動平均線を組み合わせることによって見えてくるものがあります。

つまり、移動平均線を複数組み合わせて使うことによって、移動平均線の有効性はさらに高まるのです。

もちろん、だからといってすべてを使用しなければならないわけではありません。
あなたのトレードスタイルによって取り入れやすい数値、優位性が高いと感じた数値を探し出して、まずは使ってみてください。

ぜひ自分のトレードスタイルに合った数値を見つけ、活用してみてください!

スキャルピング7日間集中講座

FXに少しでも興味を抱いた方は、ぜひこの無料プログラムをお試しください!

カリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める「FXスキャルピング7日間集中プログラム」は、これからトレードを始めてみたい方、FX初心者にうってつけの内容となっております。

充実のFX集中講義は、なんと約5時間という超大ボリューム!
約3万円相当の講義を無料で受け取ることができるのは、今だけの期間限定です!!

「FXについて学びたいけど、何から始めて良いのかわからない」
「今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台をしっかりつくりたい」
そんなあなたも7日間の集中プログラムを学べば、FXで利益を上げられるようになるはずです!

メールアドレスの登録だけで、すぐに「FXスキャルピング7日間集中プログラム」を開始できます。ぜひこのチャンスをお見逃しなく!!

スキャルピング7日間集中講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 移動平均線のおすすめの数値とは

PAGETOP