1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その1

FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その1

FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その1

FXの学習を続けていると、インジケーターの使い方や、相場の見方というものが身についてくるかと思いますが、

「自分のロジックを作ってみたい!」

と感じたことはありませんか?

ロジックというのは、FXで規則的にトレードを行うための手法のことです。
相場のパターンをインジケーターの動きなどに落とし込んで、「こうなってこうなったらエントリーする、この条件を満たしたら決済する」といった形で、勝率の高いトレードを行うための指標にします。

相場に長く身をおいている人なら「ロジックは聖杯」なんて聞いたことがあるかもしれません。
しかし実際のところ、たった1つのロジックで永遠に稼ぎ続けることができるかと言われると、そんなことはありません。

ずっと稼ぎ続けているトレーダーほど、さまざまな相場に適したロジックを持っています。それをうまく使い分けることで、利益を手にしているのです。

ロジックは聖杯ではない

単純なロジックであれば、インターネットにいくらでも転がっていたりするわけですが、どういう経緯で作られたのかわからないようなロジックを使用するのは自殺行為。

どんな人がそのロジックを生み出して、どんな相場でそのロジックを使うのか。
そのロジックに使用するインジケーターは、どんな値動きを測るものなのか。
といった具合に、そのロジックの1から100までを完全に把握できている状態がベストです。

そうなってくると、なかなか良いロジックの数は絞られてくると思います。例えば弊社クロスリテイリングが提供しているプロトレーダー陣のロジックなどもそうですね。

しかし、ある程度相場への知識が身についてきた方なら、「自分自身のロジックを考案してみる」というのもFXの醍醐味のひとつですよ。

そこで、今回はクロスリテイリングのスタッフであるSが、オリジナルのロジックを作成するまでの過程をご紹介しちゃいます!

オリジナルロジックを作る

ぜひ、ご自身のロジックを生み出すときの参考にしてもらえればと思います。

トレードのコンセプトを決めよう

コンセプト作り

第1回となる今回は、ロジック作りをいきなり始める前に、コンセプトを考えます!

今回作るロジックをどのような相場で使いたいのか。
どんな風にそのロジックで稼ぎたいのか。
そういったコンセプト出しを行って、ロジックの概要を固めていきましょう。

コンセプトが決まらなければ、ロジックの設計段階でルールがブレブレの手法となってしまいます。利益率はおろか、勝率だって悲惨なものしか生み出すことができません。

例えば製造業などもそうですが、ものづくりの前の段取りってとても大事ですよね?

自分が何を作るのか。どんな目的なのか。何が必要なのか。
それらをしっかりと把握してこそ、良い製品が生まれるわけです。
そのため、まずはものづくりに欠かせない要素をしっかりと踏まえたうえで、今回のロジック作りを行っていきましょう。

では、さっそく今回のロジックのコンセプトを考えたいと思います。
今私がトレードをするならば、コツコツと利益を手にしていくよりも、またとないチャンスにドカンと利益を出したいですね!

その理由は、なかなか個人でトレードをするための時間を取れないからです。

投資の情報を普及させることに熱心なあまり、なかなか自分でトレードする時間がありません。
そのため、あまり日々の利益を伸ばせないので、できればたまたま相場を見たときにトレードができて、一発で大きな利益を稼いで逃げるタイプのトレードがしたいと思っています。

ということで、今回作りたいトレードのコンセプトは「一発でドカンと利益を出す」に決まりました。

コンセプトから狙う相場を決める

ここから、そのコンセプトに合うトレードを導き出していきます。

「一発でドカン」というと、トレーリングストップを活用してジワジワと利益を伸ばしていくようなやり方は向かないでしょう。
経済指標などの重要な発表時のファンダメンタルズ的な動きや、圧力が溜まっているレンジ系の相場をブレイクしたときの相場の勢いをとらえる、そんな手法が良さそうだと考えました。

ただ、ファンダメンタルズの動きを利用する場合、いくつか気になる点がありました。
利点としては思わぬ値動きを獲得することができることですが、一方で、経済指標の発表でどちらに相場が傾くかつかみにくく、思わぬ値動きがマイナスの方向へ動いた場合、少々危険です。
そのため今回は、圧力がたまった相場をブレイクしたときの勢いを捉えることにしましょう!

さて、これで「一発でドカンと利益を出す」ことと「圧力がたまった相場のブレイクを狙う」ことまでが決まりました。
次はどんな通貨ペアで、どの時間足をメインに据えたトレードにするのかを決めていきます。

通貨ペアに関して、今回はトレードにあまり時間がとれないことが原因でロジックを作るため、あまり対応する通貨ペアは増やしません。
メジャーな通貨ペアの中で、圧力が溜まりやすくてブレイクを狙いやすいものを選定してみたいと思います。

メジャーな通貨ペアを挙げてみると、

・ドル円
・ユーロドル
・ポンドドル

といった通貨がありますね。
まずは、それぞれの特徴を確認してみましょう。

ドル円

ドルと円は投資家だけでなく企業や個人も多く取引するため、価格が調整されやすく、レンジ相場になりやすい。

ユーロドル

ユーロとドルはお互い基軸通貨であるため、どちらかが買われれば、相対的にどちらかが売られるため、トレンド相場になりやすい。

ポンドドル

投機筋の介入が多く、売買が盛んに行われるため値動きが激しい。そのため初心者には厳しい相場と言われているが、ボラティリティが大きく、利益を期待できる。

それぞれ、上記のような特徴があるため、ドル円かポンドドルあたりが、今回の私が考えるロジックに適していると思われます。
無難な選択としてはドル円ですが、「一発でドカン」というコンセプトを強く意識していきたいので、ここはあえてポンドドルでトレードをするロジックにしちゃいましょう!!

さあ、通貨ペアも決まったところで、次はトレードするための時間足を決めたいところですが……。
今回はここまでにして、次回、続きを進めていきます!

最後に

いかがでしたか?

本日はロジックのコンセプトを決めるところから、自分のコンセプトにあった相場の決め方や、通貨ペアの選択方法についてお伝えしました!

あなたもオリジナルのロジックを考えてみたいと思っていたら、ぜひ今回の記事を参考に、ロジック作りに挑戦してみてくださいね~。

また、私のように「忙しくてトレードする時間がなかなか確保できない!」と悩んでいる方は、合わせてこちらの講座もチェックしてみましょう!

勝利の黄金シグナル

この講座で学べる「勝利の黄金シグナル」を活用すれば、ずっと相場の動きを目で追い続ける必要がありません。
エントリー後はほったらかしにしても、利益が出てしまうんです……!

FXでなかなか実績を残せていないと悩んでいる方。
トレードする時間がなくて思うように稼げていない方。

その悩みをこの無料講座で解消しませんか?

講師の北田夏己氏も、1日10分のトレードで年収5,000万円を稼いでいます。
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも利益を上げる「ダブルロジック」をマスターすれば、あなたもFXでガッツリ稼げるようになるはず!

そんな素晴らしいトレード手法を無料で学べるのは今だけ!!
FXで稼げるトレーダーを目指している方は必見の内容となっています。

今すぐメールアドレスを無料登録して、あなたも奇跡のノウハウを手にしましょう!!

勝利の黄金シグナル

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その1

PAGETOP