1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その4

FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その4

FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その4

「FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう!」
連載記事の第4回になります^^

今回も引き続き、私独自のロジックを作っていきたいと思います!

この連載を初めてご覧になった方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

【シリーズ記事一覧】
FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その1
FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その2
FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その3

前回のあらすじ

前回は三角保ち合いの見つけ方を考えてみて、相場の高値・安値を判断するためにZigZagを用いることを決めましたね!

ZigZagを使用したおかげで、高値・安値を簡単に判断して、三角保ち合いを見つけることができました^^

これまでに決めたロジック作りの内容を、一度確認しておきましょう。

・GBPUSD
・1分足
・三角保ち合いのブレイクアウト
・ZigZagで高値・安値判断して三角保ち合いを見つける

今回は、三角保ち合いを探し出したあと、三角保ち合いのブレイクはどのような判断をして見極めるかを決めていきたいと思います!

利益を生み出すためのミソですね! ここをしくじるだけで利益には繋がらないので、しっかりと固めていきましょう!

ブレイク判断をルール化する?

「そもそも、三角保ち合いの判断までルールにしなくていいんじゃないの?」

「見た目でブレイクしたかわかるでしょ?」

と、思いませんでしたか?

確かに、三角保ち合いのブレイクほどパッとみて理解できるものはないかと思います。

しかし、裁量で相場を判断するにはそれなりの相場経験が必要になりますし、ましてや1分足のロジックとなると、その判断にはスピードと正確性が要求されます。

そのため、如何にブレイクアウトといえど、基準にするためのルールを設けることが安定的に利益を出し続けているプロトレーダーも実践する重要なポイントなんです。

それに、ブレイクアウト手法には天敵が存在します。

それが・・・

ダマシ

ダマシ ・・・ 一方の方向へ値動きをしたと見せて、急に反転を見せるような動きなど

某アイドルグループではありません。ダマシです。

一度三角保ち合いをブレイクしたかと思いきや、反転して上方向に突き抜けてますよね。

この動きに騙されて、最初のブレイクでエントリーをすると、速攻で損切りになります。損切りをしていなかった場合を考えると、股間が縮みあがる思いですよね……。

ブレイクアウト手法には、普通の手法よりも多くこのダマシが存在し、戦っていかなければいけないんです。

逆にいえば、ダマシさえ制すればブレイクアウト手法で稼ぐのは容易ということになります。

だからそのダマシを回避するために急な相場に飛びつかず、しっかりとブレイクアウトを見極めるルール付けが必要なんですね。

それでは、実際にブレイク判断をルール化していきましょう。

ピッタリなインジケーターを探す

具体的にどのようにルール化していくかというと、三角保ち合いのブレイクアウト箇所に、インジケーターをはめ込んでいきます!

今回見つけたブレイクアウトポイントはこちら!

ブレイクアウトポイント

ここにひとつずつインジケーターをはめて、その反応を窺っていく……ところですが、すでに私のほうで、ピッタリなインジケーターを見つけちゃいました!

それがこちら!

ムービングアベレージ(Moving Average)こと移動平均線です!

移動平均線の説明に関しては、他のスタッフがさまざまな形で記事を公開しています。
とっても役立ちますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね!

・すぐに使える!FX初心者のための移動平均線実践講座!

・移動平均線のおすすめの数値とは

さて、今回私が選定したのが5SMAと30SMAです。
それぞれ、5分間の値動きの平均を算出した移動平均線と、30分間の値動きの平均を算出した移動平均線になります。

この5SMAという短期移動平均線と、30SMAという中期移動平均線を使用し、三角保ち合いの形成とそのブレイクを判断したいと思います。

さっそく先ほどのチャートに2つの移動平均線を表示させてみました!

移動平均線の表示

※オレンジ=5SMA
※緑=30SMA

これを見てもらえばわかるように、三角保ち合い形成中は30SMAが平坦化していますよね。

それに対し5SMAは、今の値動きよりも若干遅れたタイミングで、値動きに合わせた力強い動きを見せています。

そのため、30SMAが平坦化している状態を三角保ち合いが発生している状態と捉え、5SMAがその30SMAを突き抜け、さらに三角保ち合いのラインを突き抜けたタイミングこそ、三角保ち合いをブレイクしたといえるのではないかと判断しました。

実際の値動きと5SMAが三角保ち合いを突き抜けるまでには若干の時間差がありますので、それがダマシ回避になるのではないかと考えた次第です。

それでは、この理論が実証されるか、実際にいくつかの相場を見てみましょう。

ブレイクを捉えまくってる

このように、かなりの高い確率で、この理論通りの結果になっています。

この結果から、今回は三角保ち合いブレイクを2本の移動平均線で判断するやり方を採用したいと思います!

最後に

ということで、第4回までに決まったことをまとめると、、、

・GBPUSDの1分足で、三角保ち合いのブレイクを狙う

・三角保ち合いの探し方は、ZigZagで高値安値を判断する

・ブレイクアウトの判断は移動平均線を2本使う

となりました。

いかがでしたか?
いよいよそれっぽくなってきましたよね。

次は、具体的なエントリーと決済のルールを決めていきたいと思います!

ではまた次回!

勝利の黄金シグナル

この講座で学べる「勝利の黄金シグナル」を活用すれば、ずっと相場の動きを目で追い続ける必要がありません。
エントリー後はほったらかしにしても、利益が出てしまうんです……!

FXでなかなか実績を残せていないと悩んでいる方。
トレードする時間がなくて思うように稼げていない方。

その悩みをこの無料講座で解消しませんか?

講師の北田夏己氏も、1日10分のトレードで年収5,000万円を稼いでいます。
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも利益を上げる「ダブルロジック」をマスターすれば、あなたもFXでガッツリ稼げるようになるはず!

そんな素晴らしいトレード手法を無料で学べるのは今だけ!!
FXで稼げるトレーダーを目指している方は必見の内容となっています。

今すぐメールアドレスを無料登録して、あなたも奇跡のノウハウを手にしましょう!!

勝利の黄金シグナル

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXで使用するオリジナルのロジックを考えてみよう! その4

PAGETOP