1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 適当に選んだら失敗する!?通貨ペアの特徴と選び方を学ぼう!

適当に選んだら失敗する!?通貨ペアの特徴と選び方を学ぼう!

適当に選んだら失敗する!?通貨ペアの特徴と選び方を学ぼう!

「FXをはじめよう!!」と興味を持っていただきこのページに
たどり着いたかと思います。

しかし・・・いざ、「FXをはじめよう!!」と意気込んでみても
「やっぱり、FXって難しそう」とか「FXって何?」など、色々疑問が出てきますよね。

通貨ペア

FXは「お金」に対しての“投資”ということは
皆さん理解していますか?

「お金に対してお金の投資」・・・と、表現すると
紛らわしい表現になってしまいましたが
FXはいろんな国のお金(通貨)の動きに投資できる取引のことです。

「お金を両替している」という表現だと
イメージしやすいでしょうか?

たとえば、
「日本円からアメリカドルへ両替して、しばらくして両替したアメリカドルを日本円へ変える」
という具合にいろんな国のお金を両替していくことで利益を出す取引となります。

FXを知らない一部の人は、マイナスなイメージを抱いている方もいて、
「FXはギャンブルで危ない!」「FXは投資ではない!」など、
FXを調べているときに人から聞いたことや、インターネットなどで目にしたことがあるかもしれませんね。

なぜ、危ない!などのマイナスイメージがついてしまったのかというと、
FXそのものは正しい投資なのに、「ギャンブル的」に取引をしてしまう人がいるためなんですね。

そういった一部の人たちのせいで、
「FX=ギャンブル」や「FX=危ない」というイメージが固定化されてしまったのです。

しかし、FXは本来、ギャンブルのように「いちかばちか」で行うものではなく、
「投資」や「資産運用」だと理解していただくことが一番大切なことです!

「ギャンブル的」にトレードを行わないためにも
FXと投資における正しい知識を学び、FXを“投資”として考えてトレードしましょうね!

早速、まずはFXの基本の「き」から学んでいきましょう!

FXはどういう仕組で利益が出るの?

FXは、自分で持っているお金の価値が上がる(下がる)と利益が発生します。

お金の価値は「上がるのか?」「下がるのか?」の
2通りしかないので、
「これから上がりそうだなぁ」と思うお金に両替して、実際に価値が上がれば利益が出る!ということですね!

下の図をご覧ください。

通貨ペア

上の図では、赤いラインがアメリカドルの値動きとなり、アメリカドルの価値が上下に波打っているのが
わかると思います。

※例としてアメリカドルでお話しています

FXの利益は「為替差益(かわせさえき)」と呼びますが、
例えば上の図のようにアメリカドルが1ドル100円のときにアメリカドルを購入したとします。
言い換えると「1ドル100円のときに日本円をアメリカドルへと両替した」ということになります。

その後、しばらくしてアメリカドルの価値が1ドル115円に上がったので、アメリカドルを売って円を買いました。
言い換えると「アメリカドルから1ドルあたり115円で日本円に両替した」と言うことになりますね!

1ドル100円で購入したアメリカドルが、売るときには1ドル115円になっているということは
1ドルにつき15円の為替差益が出たということになります。

この為替差益がFXトレードで得られる利益です。

FXの利益についておわかりいただけたでしょうか?

1ドルにつき15円・・・「なんだ、15円ぽっちか」と思ったあなた!

FXでは1通貨(つまり1ドル)だけではなく、1万通貨や、10万通貨もの、大きな通貨量を動かしていくので、
1ドルにつき15円なので、実際に1万ドル購入していた場合は、

15円(1ドルにつきの利益)×10000(1万ドルの取引)=150000円となりますので
15万円もの利益を手に入れたという計算になります。

取引を行う通貨量に関しては、こちらの記事でも解説しているので、ぜひ見てみてくださいね。

pips?ロット?レバレッジ? FXで使われる単位の疑問に答えます!

FXで利益の生み方を理解していただけたら、次は
通貨の特徴を理解しましょう!

通貨ペアを選ぶために重要なことは?

FXはいろんな国のお金(通貨)の動きに投資できる取引と説明しましたが
いろんなお金(通貨)の特徴を知ることで、より有利で効率の良い取引ができるようになります。

逆に、通貨ペアの選択を誤ると、予想がつかないようなことで損が膨らみ、気づいたときには
「大損をしていた!」なんていうことにもなりかねません。

大損しないためにも、それぞれの通貨ペアの特徴と違いを理解して、

トレードを行う際に、
なぜ、今その通貨ペアを選択したのか」を説明できるくらいになるといいですね!

まずは、通貨ペアを選ぶための重要なポイントと、メジャー通貨ペアの特徴をお伝えしますので、
通貨ペア選びの参考にしてくださいね。

取引量の多い通貨ペアを選んで安定的に利益を上げる!

FX取引の対象となる通貨ペアそのものには特徴があります。

一般的には外国為替市場では、対象の通貨が外国為替市場でどれだけ活発に取引されているのか?を
示す流動性の高さによる「メジャーカレンシー(主要通貨)」と「マイナーカレンシー」という区分があります。

流動性が高いものが「メジャーカレンシー」として扱われ、基本的にはメジャーカレンシー以外は全てマイナーカレンシーとなります!

メジャーカレンシーはアメリカドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)、イギリスポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)の5通貨となります。

では、なぜ取引量の多い通貨ペアを選ぶことが重要なのでしょうか。
答えは、「取引量の多い通貨ペアはテクニカル分析を行うにあたり正確に行える」という利点があるからです。

逆に考えると取引量が少ない通貨ペアの場合、突発的な要因で、突然、価格が大きく動いてしまい
テクニカル分析を行うどころか、単なるギャンブルとなってしまいます。

では、どの通貨ペアの取引量が多いかを統計的に確認してみましょう。

国際決済銀行(BIS)が3年ごとに発表している各通貨ペアの取引量・シェアによると、
以下の順位となります。

世界の通貨ペア取引量ランキング

2016年の発表では、ユーロ/米ドルは約117兆円、米ドル/円は約90兆円、
英ポンド/米ドルは約47兆円で、全体の5割を占める取引量となっています。

世界の通貨ペア取引量ランキング

※各年4月の1日の平均取引量 単位:10億米ドル

その中でも、基軸通貨とされる米ドルが絡む取引は、
全体の取引量の9割弱(87.6%)と圧倒的な取引量となっていることがわかりますね。

通貨ペアを選択するうえで、まず重要なのは取引量の多さ!だと
お伝えしてきましたが、トレーダー(特に日本人トレーダー)の多くは
取引量が少ない通貨ペアを選択してFXで大損をしています。

なぜ、取引量が少ない通貨ペアを選択するのか?
・・・冒頭でお話した「ギャンブル」のような気持ちでトレードをしている人が多い!ということを表しています。

ギャンブルのようなトレードをしないためにも、
通貨ペアの選択は意識して行ってくださいね。

高勝率のカギは通貨ペアの特徴を押さえること!

それぞれの通貨ペアは、同じ動きをするわけではありません。
かならず、その値動きに特徴があります。

世界の通貨ペア取引量ランキングの1位~3位の3通貨ペアを例に挙げてお話しますね。

ユーロ/米ドル(以下:ユーロドル)

ユーロドルは世界で最も取引されている通貨ペアです。
世界の通貨ペア取引量ランキングでもわかるように、
為替市場全体の約3割がユーロドルの取引となっています。

取引量が最大であるという事は、それだけ多くの市場参加者の
市場心理が表れる相場であるという事がわかるかと思います。

ユーロドルの値動きの特徴は、比較的安定しているという点が挙げられます。
理由としては、世界一の取引量の通貨ペアなので「投機筋が入ってきて暴騰(暴落)!」というような
動きはほかの通貨ペアに比べては少ないと考えられているからです。

ただ、ボラティリティ(価格変動)は大きめです。

これは乱高下という意味での激しい値動きというのではなく、高い流動性と活発な値動きで、魅力的なポイントとして挙げられます。

最も多くの資金が投入され、なおかつもっとも多く売買されているのですから、
値動きが活発になって当然ですよね。

ユーロドルにはまだ特徴があって、
次の特徴は、日本時間における夕方から夜に取引が活発になることです。

その通貨の母国市場が開いている時間帯に活発に取引される傾向があるので、
東京時間の午後10時ごろから深夜にかけてロンドン市場とニューヨーク市場の開場時間が重なり、
取引は非常に活発化し、値動きも大きくなるのです。

米ドル/円(以下:ドル円)

世界最大の取引量であり、かつ、世界の基軸通貨である米ドルと日本の通貨ペアです。
また、国内のFX個人投資家の実に8割近くが売買する主要通貨ペアとなっています。

ドル円の値動きは、比較的穏やかで、初心者でも扱いやすい通貨ペアと言えるため
みなさんも一度はトレードしたことがあるのではないでしょうか?

ドル円は取引時間帯ごとに動きが異なる部分があり
東京時間とロンドン以降の時間帯ではその動きが日々大きく変わるのがドル円の特徴といえます。

ドル円は国内ではもっとも情報がとれる通貨ペアですし、
1日に動く量もある程度限られているためリスクの比較的少ない通貨ペアとして
初心者が参入するには利用しやすいものとなっています。

また、スプレッドは、数ある通貨ペアの中でも
最小にしている証券会社が多いので、この点も初心者の方が扱いやすいと考えられます。

英ポンド/米ドル(以下:ポンドドル)

英国が原油輸出国であるため、原油相場の影響を受けやすい通貨ペアです。

また、ポンドドルは殺人通貨ペアとも呼ばれるほどのハイリスクハイリターンの通貨ペアなので
慣れるまでは取引を控えたましょう。

市場の動く時間帯としては、東京市場の終わった午後4時前後と、
NY市場の始まる午後9時前後が狙い目と言われています。

ボラティリティを比べてみても

ポンド円 > ポンドドル ≧ ユーロ円 > ドル円 > ユーロドル

となり、ポンドドルのリスクが高いことがわかります。

そのため、リスク管理はポンド/ドルを扱ううえでは非常に大切になります。

まとめ

今回はFXの基本の「き」から、
通貨ペアの特徴や選び方を中心にお伝えしました。

まずは、通貨ペアを調べて、特徴を把握してじっくり観察してみてください!

すべてのトレードは「通貨ペアを選択すること」からはじまります。
選択した通貨ペアで
あなたが勝ち続けられるのか?逆に負け続けてしまうのかが決まるといっても過言ではありません。

ご自身のトレードスタイルに合わせて通貨ペアも選択していただければと思います。

弊社クロスリテイリングの講師である石井和夫氏が講師を務める、
「EASY TRADE FX6日間集中講義」では、FX初心者でも安心して、ほったらかしで利益を上げることが可能な
とっておきの手法を無料で学ぶことができます。

メールアドレスを登録するだけで、6時間の集中講義を受講することが出来ますので、ぜひ登録してみてくださいね!
イージー・トレードFX6日間集中講義

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフIが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. 適当に選んだら失敗する!?通貨ペアの特徴と選び方を学ぼう!

PAGETOP