1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. RSIを使ったトレードテクニックを検証してみた

RSIを使ったトレードテクニックを検証してみた

RSIを使ったトレードテクニックを検証してみた

FXでトレードを行う際、あなたは何を指標にしていますか?

その時、その時で買いか売りかをカンに頼ってやっているという方もいれば、クロスリテイリングの講師のロジックを使用して利益を上げている方などもいるでしょうか。
まさにトレードスタイルは十人十色です。

これまで、MAやMACDを使用したトレード手法を検証してきました。
ひとつの判断だけではあまり勝てなくても、何かしらのフィルターをかけることでトータルでプラスになるものもあれば、さらに大きなマイナスを出してしまうものもありました。

これまでのトレードテクニックや検証はFXでの学習でいえば、まだまだ入り口に過ぎません。
これからもいろんなテクニックを学んで追求していきたいと思います!

今回は「RSI」を使用した手法について検証を行ってみます!

オシレーター系のインジケーターの中ではなかなか有名なものですので、みなさんも一度は目にしているのではないでしょうか。
クロスリテイリングの講師陣の中でも、RSIをロジックに組み込んでいる方は多くいます。

これまでインジケーターを組み合わせた検証を行ってきましたが、今回は基本的にRSIしか使用しません。
具体的にはどういった手法なのかというと、買われすぎ売られすぎを判断した逆張りです。
これまでトレンドに乗る手法が多かったのですが、ついに逆張りに手を染めてしまいます。

先ほどオシレーター系で有名と伝えましたが、そもそもRSIとはどのようなインジケーターなのか、まだあまりわからないという方のために、簡単にお伝えしていきましょう。

RSIを含めオシレーター系のインジケーターは基本的に、現在の相場が買われすぎなのか?それとも売られすぎなのか?はたまたレンジ相場で価格があまり推移していないのか?それをパッと見て判断できるものです。

その中でもRSIは100から0までの数値を使用し、70を超えれば買われすぎ、30を下回れば売られすぎというように現在の相場を判断するので、初心者でも取り入れやすい指標だと思います。

もっと「RSI」について詳しく知りたい方は、こちらの記事も見てみてくださいね。
→ FXのインジケーター「RSI」ってなに?使い方は?そんな疑問にお答えします!

それでは、早速検証に入っていきましょう。
今回の初期設定とトレードルールは下記のとおりです。

RSI
 期間:14 適用期間:Close
 レベル表示 80・70・50・30・20

ZigZag
 Depth:3 Deviation:2 Backstep:1
 ※損切り位置を決めるために使用します

買いのエントリー条件
・RSIの数値が30以下から30以上になる
・損切り位置は直近の安値に置く(ZigZagの波形があればそこに置く)
 ※目安となるZigZagの波形がなければ直前の安値に損切り位置を置く

売りのエントリー条件
・RSIの数値が70以上から70以下になる
・損切り位置は直近の高値に置く(ZigZagの波形があればそこに置く)
 ※目安となるZigZagの波形がなければ直前の高値に損切り位置を置く

エントリーはこのような場所です(買いの場合)↓

RSIトレード 買いエントリー

今回の決済条件は、RSIの値が50に到達した場合にします。
過去相場での検証なので、

・買いの場合は50を超えたローソク足の終値
・売りの場合は50を下回ったローソク足の終値

としています。
※今回の検証はスプレッドなどを加味していません

チャートで見るとこのようになります(買いの場合)↓

RSIトレード 決済

こちらの条件でやっていきたいと思います。

通貨ペアはいつも通りですが、こちらも一般的なUSDJPYで、時間足は15分足で検証していきます!
期間は2018年5月1日~5月31日です。

初の逆張り手法で利益は上げていけるのでしょうか。

検証開始

ドル円 15分足 チャート

今回検証する期間の相場はこのような流れとなっています。
縦の線は5月1日と5月31日に引いてあります。

それでは実際に、結果を順に見ていくことにしましょう。
期間を前半と後半に区切って検証していきます。

まずは1日~16日の相場ですが、このようになりました。

5月1日~5月16日までの結果

5月前半のトレード結果

上昇と下落が入り乱れている、なんともいえない相場ですね。
RSIの値を見ると、基本的には30以上70以下を推移していますが、何回かエントリー条件が揃っている部分もあるので、しっかり利益を上げられるか気になるところです。

この期間のトレード結果は・・・

合計 +65.6pips!!

結果としてはプラスで終わらせています!

この期間のトレード回数は33回で、勝ちトレードが14回、負けトレードが19回
勝率は42.4%でした。

またその他の数値として、
平均獲得は13.4pips
平均損失は5.9pips
となっており、およそ損益比1:2くらいのトレードができていたみたいです!

勝率はやや低めにはなってしまいますが、損失になった場合の数値が低いため、利益につながっているみたいですね。

さて、次は17日~31日までの検証です。

5月17日~5月31日までの結果

5月後半のトレード結果

全体的に見れば下落トレンドが出ていたような相場です。

今回の手法はトレンドをとっていくものではないのですが、RSIの値によってはエントリー後に大きく利益を出していける可能性もあるので期待ができそうです。

この期間のトレード結果は・・・

合計 +91.6pips!!

なんと、前半も後半もプラスで終わらせることができました!
後半は前半に比べて獲得pipsも1.3倍となっており、驚きの結果ですね。

この期間のトレード回数は28回で、勝ちトレードが13回、負けトレードが15回
勝率は46.4%でした。
勝率も前半と比べて、若干ではあるものの上がってますね。

またその他の数値として、
平均獲得は15.7pips
平均損失は7.5pips
と、前半よりもどちらの数値も大きいうえに、損益比1:2はキープできていました!

ということで、5月全てのトレード結果を合計すると・・・

+157.2pips!!

全61回のトレードで、勝数「27」 負数「34」 勝率44.3%
となりました!

結果を見ると、かなり良い手法な気がしてきますね!
今回の逆張り手法であれば損失の幅が少ないので、ロットを少々高めに設定したトレードを行うことも可能だと思います!

これまでトレンドフォローやブレイクアウトをやってきましたが、新たに逆張り手法の可能性にも気づけたので、今後ロジック作成にも入れていきたいと思います!

最後に

いかがでしょうか。

今回はRSIを使用した逆張り手法を検証してみました!
結果もなかなか良かったので、今後も逆張り手法になるようなインジケーターも探っていきたいと思います!
成績が良ければサインツールやEAなどにもしていきたいですね。

今後も検証を通じて、読んでくれている方に有益な情報をお届けしていきます。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

「ONE Minute’s FX(ワンミニFX)」では、1分足を使用したトレードの極意をご紹介!

半システム半裁量トレードでFX初心者でも簡単にトレードに落とし込める手法が、今だけ無料で学べます!
全4回の講座をしっかり学んだあなたは、わずか数分のトレードでも着実に利益を得られるトレーダーへと進化していることでしょう。

講師を務めるのは、日本人1位、世界ランク5位の実績を持つFXトレーダー・TAMURA氏!
世界的に実力を認められたTAMURA氏のロジックを無料で学べるのは「ワンミニFX」だけです!!

期間限定の講座となっているため、少しでも興味がわいたら今すぐ受講をオススメします。
メールアドレスを無料登録すれば、すぐに受講することが可能ですよ。

ぜひ「ワンミニFX」でFXの理解を深めて、あなたもトレードの勝率アップを目指しましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. RSIを使ったトレードテクニックを検証してみた

PAGETOP