1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXトレーダーなら抑えておきたい各国の市場取引時間

FXトレーダーなら抑えておきたい各国の市場取引時間

FXトレーダーなら抑えておきたい各国の市場取引時間

FXの最大のメリットとはなんでしょうか。

・レバレッジをかけて資金効率を上げることができる
・損失を限定することができる
・取引が成立しやすい

様々な回答があるかと思いますが、

「24時間取引することができる」

こちらは外せないのではないでしょうか。

24時間取引できるFX

株は取引のできる時間が決まっていますが、なぜFXは24時間取引できるのかをご存知ですか?

FXは世界中で行われている取引で、市場が複数存在しています。
日本では深夜トレードをする人が少なくても、時差のある他の国では盛んにトレードが行われています。
24時間いつでもどこかの市場が開いているから、取引ができるのです。

市場といっても、株のように取引所が実在するわけではありません。

FXの市場というのは、世界中で行われているその時間帯の取引全体のことを指しています。

では次に、そのFX市場について見ていきましょう。

各市場の時間

FXには複数の市場があるということは説明しましたが、市場はそれぞれの時間帯で分かれています。大きくわけると3つの市場があり、東京・ロンドン・ニューヨークです。

時間帯はこのように分かれています。

東京市場 ・・・ 9~17時

ロンドン市場 ・・・ 16~25時

ニューヨーク市場 ・・・ 22時~翌7時

時期によって多少前後しますが、基本的にこのような時間です。

オセアニア地域・欧州・米国などはサマータイムを導入しているため、時期によって時間が変わります。また、北半球と南半球では季節が逆になるため、早くなる市場と遅くなる市場があります。

為替市場の時間帯

時期により、上図のような時間帯で市場は動いています。
国により導入する日程が違うこともあるため、多少前後する場合があります。

各市場の特徴

時間帯により市場が異なり、規模も参加者も変わってくるため、市場ごとにボラティリティの高い通貨ペア・値動きは違いがあります。

その特徴を、時間ごとに見ていきましょう。

時間帯ごとの値動き

東京時間

日本やシンガポールの市場参加者が参加してくるため、値動きが出てきます。
しかし、東京時間でも為替取引全体の5%程度の取引量なので、強いトレンドや激しい値動きになることは少ないです。
取引の大部分はドル円で、安定してレンジ相場になりやすいのが特徴です。
9時55分には仲値の発表があり、発表前後は値動きが活発な時間となります。

ロンドン時間

こちらは市場の開始ともに、いきなり値動きが出てきます。
ロンドン市場は為替取引全体の40%に及ぶ取引量となり、欧州の指標発表がある時間帯でもあるため、東京時間から相場の方向性が変わることも多くあります。
通貨ペアの特徴としては、ユーロドルやユーロポンドなどの欧州通貨のボラティリティが高くなる傾向が見られます。
19時頃になると少し落ち着きを取り戻しますが、22時頃になるとニューヨーク時間も重なり一番値動きの激しい時間帯となります。

ニューヨーク時間

ロンドン時間と重なり、米国の経済指標や東京の仲値に相当するロンドンフィックスもあるので、1日の中で1番値動きの激しい時間帯になります。
ニューヨーク時間になると、欧州通貨に加えてドルストレートのボラティリティも高くなる傾向があります。
ロンドン時間の終わる25時あたりまでがピークとなりますが、深夜にも米国の経済指標の発表があることもあり、大きく動く場合があります。

時間帯ごとの特徴はご理解いただけたでしょうか。

ボラティリティがないとトレードはしづらいので、ここまでの内容を踏まえるとトレードをおすすめすることができる時間帯は22~25時になります。実際に多くのトレーダーが取引している時間もこの時間帯です。

しかし、専業トレーダーでない限り、相場に合わせて生活するということは難しいですよね。
現状の生活でこの時間にトレードができるのであれば言うことなしですが、働いている時間であったり寝ている時間であったりする方もいらっしゃるかと思います。

この時間帯はあくまでおすすめであり、この時間でなければ勝てないということではありません。自分に適したトレード時間で利益をあげられるようにしていきましょうね。

市場を意識してトレードする

ここまで、おすすめの市場時間を紹介してきましたが、実際どのようにトレードをしたらいいのでしょうか。

22~25時にトレードできる方、そうでない方の両方に意識していただきたいトレード方法として、「時間帯に合わせたトレードをする」ことに挑戦してみてもらいたいです。

これはどういうことかというと、それぞれの時間帯に合った通貨ペアでトレードをして、時間帯ごとの値動きの特徴を把握してトレードする、ということです。

例えば、朝から昼にトレードしたい場合は、クロス円やオセアニア通貨(AUD・NZDなど)を選択し、レンジ相場になりやすいことも頭に入れて取引をします。

夕方は少しボラティリティが高くなるので、欧州通貨でトレードをしてレンジブレイクを待ちます。

夜は最大のボラティリティになるので、ドルストレートを軸にトレンドを狙う、というような流れです。

そのような点を意識しておくことで、無駄な損切りを減らし利益を伸ばすことに繋がります。

まとめ

時間帯と市場ごとの特徴について、お分かりいただけたでしょうか。

今回紹介した内容は、あくまで傾向です。実際の国の情勢や経済指標次第では、時間帯に関係なく大きな値動きをみせることがあります。
時間帯の特徴とかけ離れた値動きをしている場合、また大きな指標の発表前後は、状況をみてエントリーしないことも勝つためには必要です。

FXのトレードで稼いでいくためには、継続的に勝ち続けていかなければいけません。そのために、傾向を理解していることはトレードをする上で大きな強みとなるはずです。
勝ち続けるためのトレード方法を覚えて、優位性のある理にかなったトレードをしていきましょう!

さらにFXの知識を深めていきたいとお考えの方は、こちらで集中的に学習してみましょう。

スキャルピング7日間集中講座

FXに少しでも興味を抱いた方は、ぜひこの無料プログラムをお試しください!

カリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める「FXスキャルピング7日間集中プログラム」は、これからトレードを始めてみたい方、FX初心者にうってつけの内容となっております。

充実のFX集中講義は、なんと約5時間という超大ボリューム!
約3万円相当の講義を無料で受け取ることができるのは、今だけの期間限定です!!

「FXについて学びたいけど、何から始めて良いのかわからない」
「今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台をしっかりつくりたい」
そんなあなたも7日間の集中プログラムを学べば、FXで利益を上げられるようになるはずです!

メールアドレスの登録だけで、すぐに「FXスキャルピング7日間集中プログラム」を開始できます。ぜひこのチャンスをお見逃しなく!!

スキャルピング7日間集中講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. FXトレーダーなら抑えておきたい各国の市場取引時間

PAGETOP