1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. シンプルに稼げるトレンドラインを学ぼう

シンプルに稼げるトレンドラインを学ぼう

シンプルに稼げるトレンドラインを学ぼう

チャート分析してトレードの判断をしていくにあたっては、さまざまな視覚化ツールをローソク足の補助としてチャート上に表示させて、相場の値動きを理解していくことになります。

さまざまな考え方や計算方法に基づいてプログラムされた「インジケーター」と呼ばれる視覚化ツールを、チャート上に自動表示させて使うのがまずは簡単かつ一般的ですが、その他にチャート分析の基本中の基本として、「トレンドライン」については、早いうちにぜひ知っておきましょう。

トレンドラインは、多くのトレーダーが同時に意識する値を知るために、最も多く利用されているテクニカルラインのひとつです。

最近では自動表示させるツールも存在してはいますが、トレンドラインは、トレーダー自身がチャート上に自分で引いていくのがまずは基本です。トレンドラインを上手に引けるようになることが、チャート分析のファーストステップとも言われています。

今回はこの「トレンドライン」について、基本的な引き方から、実際のトレード判断の仕方まで解説してみたいと思います。
一度覚えるとこの先ずっと使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

トレンドラインってなに?

「トレンドライン」は、チャート分析の基本として、世界中のトレーダーが利用している最も有名なテクニカルラインのひとつです。

インジケーターのようなパラメーター(設定値)もプログラムもなく、チャートをひとつの図として見て、突出した山や谷を結ぶだけという、トレードを始めたばかりの初心者にも分かりやすいものであると思います。

まずは、どの通貨ペア、時間足でもよいので、チャートを眺めて山ができている部分を探してください。

次に、上昇トレンドが発生している部分、または下降トレンドが発生している部分の値動きを細かく見てみてください。いずれも、一定方向に一直線に動いているわけではないことが分かると思います。たいてい上がったり下がったり、段々に波を描きながら、少しずつ同じ方向に動いていっています。

トレンドラインは、この波の上値や下値にラインを引いて、次に意識されて折り返すかもしれない地点を分かりやすくし、トレード判断に生かしていくためのものです。

トレンドラインは自分で引く?どうやって?

トレンドラインの引き方の基本は、以下のとおりです。

上昇トレンド中のチャート ・・・ 安値を2つ以上結んでラインを引く

下降トレンド中のチャート ・・・ 高値を2つ以上結んでラインを引く

 
なお、ローソク足には上下にヒゲがつくことが多いですが、ラインを引く際にこの上下のヒゲを含めるか、無視するかは個人の好みと判断次第です。

トレンドラインはもともと、ローソク足よりは「バーチャート」向けに考えられたものあるため、国際的な傾向としては、ヒゲも含めてヒゲの先端どうしを結ぶのが標準となっているようです。

FX-Jinさんも、ラインを引く際は「そこまで値動きが起こった」として、ヒゲの先端を結んでいますね。

「2つを結ぶ」のがまずは第一段階ですが、その後の値動きによってラインの傾きは変わっていくのが普通です。有効なラインとするには、多少の誤差を含めて何度も意識されるようなポイント結んでいくことになります。

セットで覚えておきたい、並行線「チャネルライン」

また、トレンドラインの反対側の高値どうし、安値どうしを結んだものは「チャネルライン」と呼ばれています。

ラインを引いてみるとトレンド発生時にはほぼ並行線となることが多く、このラインも値がどこまで動くか、また折り返しそうな地点はどこかという目安として、多くのトレーダーに重要視され、利用されています。
ぜひこの機会に、トレンドラインとセットで覚えてしまいましょう。

「きれいなトレンドを形成している」と言われているときには、値はトレンドラインとチャネルラインの帯の間を行儀よく行ったり来たりすることもあります。

経験豊富なトレーダーの中には、この2本のラインだけでトレード判断をし、高い利益を上げている方も実際にいらっしゃいます。

トレンドラインを引くと何がわかるの?

勝てるトレードを行っていくためには、「皆が意識する値」を知り、値動きの方向と同じ波に乗っていくことが重要です。トレンドラインを引くことにより、この値動きの波の形がより明確に見えてきます。そして、次にどこまで上がりそうか(下がりそうか)の目安が分かるようになります。

また、トレンドラインはいわば斜めのレジスタンスやサポートのラインとなるわけですが、値動きがこのトレンドラインを突き抜けることになると、それまでのトレンドの方向性が変わる可能性が大きくなってきます。

トレンドラインはその見極めの判断とすることもできます。

トレードにはどう活用する?

トレンドラインを引いたあと、実際のトレードへの活用のしかたですが、一般的にはトレンドライン付近に値が近づいたときに、動向を見ます。

ラインが抵抗線となって値が折り返すのか、それとも突き抜けるのかを注視し、実際に動いた事実に基づいてエントリーやエグジット(決済)を行っていきます。

ちなみに、どのラインを参考にするとしても、あくまで目安です。

これまで何度も抵抗線になって折り返しているとしても、次もまた必ず折り返すという保証はどこにもありません。予想だけで「ここで折り返すだろうから」との判断でトレードすることは、よくないと言われています。この点は常に注意しておきましょう。

シンプルで簡単だが、奥は深い

なお、シンプルですがそれゆえ難しいと言われているのもトレンドラインです。

というのも、「どのポイントを結ぶか」の判断は完全にトレーダー次第であるため、選んだポイントが異なれば人によって全く異なるトレンドラインになるからです。

水平線の(サポレジ)ラインが方が得意な方でも、トレンドラインはなかなか機能せず、引くのが難しいと感じる方も多くいます。

のちのちまで抵抗線となって機能するトレンドラインを引けるようになるまでには、時間がかかることを認識した上で、気長に練習を重ねていきましょう。

また、実際の値動きというものは自由奔放に動いていくものです。あるときまで強かった抵抗線も、突発的に大きなニュースがあったり、経済指標の発表があったりすると、あっさり突き抜けて全く異なるチャートが形成されていくことも、ごくごく普通に起きます。

 
「引いたトレンドラインが機能しなかったからそのラインは間違いだった」

というわけではなく、また新しい値に沿ったラインを引き直していくことになるだけです。

あくまでも、チャート分析の助けになるためのひとつのツールにすぎないことを理解し、これだけに頼ればよいわけでもないことも、ぜひ覚えておいてくださいね。

応用編: ラインを引いてみると見えてくる特徴的な形

チャート上に引くラインは、1本だけには限りません。「何度か意識されて、止まったようだな」と見えるところを結ぶラインを、いくつも引いていくことになります。ひと通り引き終わって、チャート全体を見てみると、値動きがある特定の形を形成していることがよくあります。
これらのことを「チャート・フォーメーション」と呼びます。

主なものには、「フラッグ」、「ウェッジ」、「三角保ち合い」などがあります。
この形を形成中のときには、上値、下値とも値動きはこの形の中に収まりながら上下に動いていく傾向があり、そのうち必ず、「上か、下かに」大きく突き抜けます。

突き抜ける方向は、フォーメーションが上昇トレンド中に発生した場合は「上に」、下降トレンド中に発生した場合は「下に」に抜ける傾向が多いことが分かっています。

このような、チャート上に現れる特殊な形や、値動きの傾向のことを知りつつチャートを見ていると、トレードするべき時の有効な判断がいく通りもできるようになってきます。

なおチャート・フォーメーションのさまざまなパターンについては、別の機会に詳しく説明したいと思います。

トレンドラインを引いて、どこでトレードすればよいのか検証してみた

直近のEURJPYの4時間足の実際のチャートに、ラインを引いてみました。

EURJPY4時間足

ちょっとごちゃごちゃしていますね。
下降トレンドの方に引いたトレンドラインを中心に、色別に説明していきたいと思います。

まずはピンクのラインを見てみましょう。

EURJPY4時間足

山の高値と次の高値をざっくりとピンクの太いラインで結んで、トレンドラインのできあがりです。途中まで意識されたあと、しばらくラインから相場が離れていますが、かなり後になってもう一度意識されたように見えますね。

下値に引いた細いチャネルラインも、いったん下に突き抜けていますが、その後上値抵抗線に変化したり、また下値抵抗線となったりしています。

 
次にブルーのラインを見てみましょう。

EURJPY4時間足

同様の要領で引いたブルーのトレンドライン(太)とチャネルライン(細)は、しばらく機能していたようで、この帯の範囲を値が行ったり来たりしているのが分かります。

ここまででトレードを狙うと…

EURJPY4時間足

エントリー判断への実際の使い方を考えてみましょう。
まずは下降トレンド中なのでトレード方向は、ショート(売り)が基本です。
エントリータイミングは、トレンドラインに値が近づいたときです。

上記の白丸のエントリーポイントは、トレンドラインに近づきつつローソク足は上ヒゲになっているので、上昇の勢いは弱く、これから下がりはじめる可能性を判断できます。

 
なお、ストップロス(損切りポイント)は、トレンドラインの少し上に設定します。

エクジット(決済)は、チャネルラインを引いて次の下げ止まりのポイントが見えたあと、再度このラインにタッチしたあたりです。

しかし、エントリータイミング以上に決済タイミングは難しいです。上記の例ではベストタイミングのところ(決済ポイント1)に丸をつけていますが、実際にはなかなかこのとおりはいきません。

もっと下がる可能性もあったわけで、決済を迷っていると、このときはここから反転して上昇し、トレンドラインよりも上に突き抜けてしまっています。

「もう下がらないのだろう」とあきらめて、ポジションをクローズ(決済)するポイントとしては、このトレンドラインまで上昇したところ(決済ポイント2)もアリだと思います。

先の決済ポイントよりは少なめの利益にはなりますが、それでもこの例は4時間足なので180pipsぐらいは取れることになります。
なお、保有しているポジションを、半分ずつ決済するという選択肢もありますね。

フォーメーションもいくつか出現している

チャート・フォーメーションの例は、オレンジの線で示しています。先に説明していた一般的なルールどおり、上昇トレンドのときは上に、下降トレンドのときは下に、抜けているのが確認できると思います。

EURJPY4時間足

まとめ

トレンドラインの要点をおさらいしてみましょう。

トレンドラインとは…
・トレンド発生時の値動きの波の高値と安値の目安となるもの
・ラインを引くと、次の相場の動きが予想しやすくなる
・ラインが抵抗となって値が跳ね返るか、突き抜けるかを注視するために使う
・ラインを値が突き抜けたときには、トレンドの方向が転換していく可能性もある

トレンドラインを引くには…
・トレンドラインは、チャート上に自分で引くのが基本
・上昇トレンド中は、安値を2点以上結んで引く
・下降トレンド中は、高値を2点以上結んで引く
・引いたラインの向かい側に、ほぼ並行する高値や安値を結んだ「チャネルライン」ラインを引くこともある
・値動きは、トレンドラインとチャネルラインの帯の範囲を行ったり来たりすることも多いが、いつかは必ず突き抜ける

 
トレンドラインの引き方と使い方の概要、お分かりいただけたでしょうか。
ぜひご自分でも実際のチャートで試してみてください。すぐに実際に活用できるようになると思います!

今回のようにトレンドを捉えて大きく利益を狙っていきたい方にはこちらの無料講座がオススメです!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この講座では、10万円をたった1年で1200万円にした脅威のトレーダー
関野典良氏から、トレンドからごっそりと大きな利益を取る「トレンドフォロー手法」を学ぶことが出来ます。

今ならメールアドレスの登録だけ無料で学ぶことができるので、ぜひこの講座で学習してみてくださいね!

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフKが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. シンプルに稼げるトレンドラインを学ぼう

PAGETOP