1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. ZigZagを使ったトレードテクニックを検証してみた

ZigZagを使ったトレードテクニックを検証してみた

ZigZagを使ったトレードテクニックを検証してみた

FXでトレードを行う際、あなたは何を指標にしていますか?

その時、その時で買いか売りかをカンに頼ってやっているという方もいれば、クロスリテイリングの講師のロジックを使用して利益を上げている方などもいるでしょうか。
まさにトレードスタイルは十人十色です。

前回、前々回とMAやMACDを使用したトレード手法を検証してきました。

ひとつの判断だけではあまり勝てないものも、何かしらのフィルターをかけることでトータルでプラスになるものもあれば、さらに大きなマイナスを出してしまうものもありました。

これまでのトレードテクニックや検証はFXでの学習でいえば、まだまだ入り口に過ぎません。
これからもいろんなテクニックを学んで追求していきたいと思います!

※過去のトレード手法の検証はこちらでご確認ください。
MAの有名なトレードテクニックについて検証してみた
MACDを使った有名なトレードテクニックを検証してみた
続・MACDを使った有名なトレードテクニックを検証してみた

今回は少し嗜好を変えて、筆者が最近注目している手法について検証を行ってみます!

最近注目しているといっても、ひとつひとつのテクニックはインターネットで調べたら出てくるような有名なものかと思いますが、今回の検証でははじめから組み合わせて「ロジック」として検証します。

今回題材にするのは、ZigZagとMA3本を使用したラインブレイク手法です。

これまでGCとDCといったラインの交差を売買のトリガーにしてきましたが、嗜好を変えて”ブレイクアウト”を検証していきたいと思います!

MAは以前の検証でも使用したので割愛しますが、そもそもZigZagとはどのようなインジケーターなのか、まずは簡単にお伝えしましょう。

ZigZagは、そのまま読んでもわかるように「ジグザグ」です。

設定した数値内での主要な高値と安値ごとにラインを引いてくれます。
チャートを初めて見るといった初心者の方には、ダウ理論などの相場の環境認識が、かなりハードルの高いものになるかと思います。そこでこのZigZagを使用することで、ざっくりですが相場の波形が読み取れるようになるのです。

余談ですが、筆者も波形の流れを見る時は、ZigZagをよく使用しています。

もっと「ZigZag」について詳しく知りたい方は、こちらの記事も見てみてくださいね。
ZigZagを使用した手法とパラメーターの意味を簡単に解説!

それでは、早速検証に入っていきましょう。
今回の初期設定とトレードルールは下記のとおりです。

ZigZag : Depth:5 Deviation:3 Backstep:3

MA : 5SMA 25SMA 75SMA

・ZigZagの直近高値・安値を終値が突破
・その際、MAの並びが買いの場合上から5SMA、25SMA、75SMA
 売りの場合上から75SMA、25SMA、75SMA
・上記の条件揃っていた場合、突破したローソク足の終値でエントリー

エントリーはこのような場所です↓
エントリーした相場

今回の決済判断ですが、損益比1:1で行います。

こちらもZigZagを使用しています。
判断として、買いの場合は、エントリー箇所から直近安値までのpipsを「1」とした場合、決済箇所はエントリー箇所から直近安値までと同じpipsです。

※今回の検証はスプレッドなどを加味していません

チャートで見るとこのようになります↓
利確と損切りの条件

こちらの条件でやっていきたいと思います。

通貨ペアはこちらも一般的なUSDJPYで、時間足は15分足で検証していきます!
期間は2018年3月1日~3月31日です。

筆者注目のロジックで、果たして順調に利益をあげられるのでしょうか?

検証開始

ZigZagの検証チャート

今回検証する期間の相場はこのような流れとなっています。
縦の線は3月1日と3月31日に引いてあります。

それでは実際に、結果を順に見ていくことにしましょう。
期間を前半と後半に区切って検証していきます。

まずは1日~16日の相場はこのようになりました。

3月1日~3月16日までの結果

3月1日~3月16日までの検証チャート

上昇と下落が入り乱れているなんともいえない相場ですね。
そんな中でもZigZagは波形をつけているので、上手くブレイクをとっていければ利益につながるのではないでしょうか。

この期間のトレード結果は・・・

前半の相場による検証結果

合計 -21.7pips!!

結果はマイナスでした・・・。
この期間のトレード回数は24回で、勝ちトレードが11回、負けトレードが13回
勝率は45.8%でした。

損益比1:1でこの成績だとあまり良いものとはいえないですね。
後半の成績次第で、いろいろ手を加えてみたいと思います。

次は17日~31日までの検証です。

3月17日~3月31日までの結果

3月17日~3月31日までの検証チャート

画像の半分から左がやや上昇からの下落トレンド、右側が上昇トレンドからのやや下落と見て取れる相場です。

今回の手法はトレンドフォローではないので、あまり気にすることではないのですが、その分レンジが多いとダマシのブレイクで損を出すことが多々あります。
適度に上昇と下落を繰り返す通貨ペアがこのロジックには適しているのかもしれませんね。
さて結果を見ていきましょう。

この期間のトレード結果は・・・

後半の相場による検証結果

合計 +139.5pips!!

前半と比べて、かなりpipsを獲得できています!

この期間のトレード回数は16回で、勝ちトレードが9回、負けトレードが7回
勝率は56.3%でした。

また、1回のトレードで獲得できるpipsの大きいときが何回かあり、平均獲得25.6pipsのトレードのなかには「68pips」「52pips」と2倍以上獲得できたトレードもありました。

トレード回数自体は前半よりやや少なめですが、勝率も上がっており、良い感じじゃないでしょうか。

ということで、3月全てのトレード結果を合計すると・・・

+117.8pips!!

全40回のトレードで、勝数「20」 負数「20」 勝率50.0%
となりました!

見事にきれいな数字になりましたね。

結果もいい数字だったので、このロジックの優位性と期待感がさらに高まりました!

ZigZagブレイクロジックの可能性をさらに引き出していくためにも、次回は、このロジックの損益比を1:2にして検証していきたいと思います!

最後に

いかがでしょうか。

今回は筆者が最近注目しているZigZagを使用したロジックの検証を行いました。
想像していたよりも良い結果となって、少々嬉しい気持ちでいます!

今後も有名なロジックは紹介していきますが、たまにこのような注目しているロジックをお披露目できればと考えています!
成績が良ければサインツールやEAなどにもしていきたいですね。

今後も検証を通じて、読んでくれている方に有益な情報をお届けしていきます。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

「ONE Minute’s FX(ワンミニFX)」では、1分足を使用したトレードの極意をご紹介!

半システム半裁量トレードでFX初心者でも簡単にトレードに落とし込める手法が、今だけ無料で学べます!
全4回の講座をしっかり学んだあなたは、わずか数分のトレードでも着実に利益を得られるトレーダーへと進化していることでしょう。

講師を務めるのは、日本人1位、世界ランク5位の実績を持つFXトレーダー・TAMURA氏!
世界的に実力を認められたTAMURA氏のロジックを無料で学べるのは「ワンミニFX」だけです!!

期間限定の講座となっているため、少しでも興味がわいたら今すぐ受講をオススメします。
メールアドレスを無料登録すれば、すぐに受講することが可能ですよ。

ぜひ「ワンミニFX」でFXの理解を深めて、あなたもトレードの勝率アップを目指しましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. FX
  4. ZigZagを使ったトレードテクニックを検証してみた

PAGETOP