1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. MAの有名なトレードテクニックについて検証してみた

MAの有名なトレードテクニックについて検証してみた

MAの有名なトレードテクニックについて検証してみた

FXでトレードを行う際、あなたは何を指標にしていますか?

その時、その時で買いか売りかカンでやっているという方もいれば、クロスリテイリングの講師のロジックを使用して利益を上げている方など、十人十色かと思います。

そんな中でも今回は、インターネットでトレードについて調べたらよく出てくる、一般的なトレードテクニックについて深掘りしていきたいと思います。

今回題材にするのは、MAのGC(ゴールデンクロス)とDC(デッドクロス)です。

GCとDCってなんだ?という方のために簡単に説明しますと、チャート上に2本の数値が異なる移動平均線を表示し、交差した部分のことをGCやDCと言います。

例えば短期の移動平均線(5SMA)と長期の移動平均線(50SMA)を表示したとして、

・短期移動平均線が、中期移動平均線を下から上に交差した時をGC(ゴールデンクロス)
・短期移動平均線が、中期移動平均線を上から下に交差した時をDC(デッドクロス)

となります。

このGC・DCは、これからの上昇、下落のトレンドの始まりを判断するのに使用されます。
また、今回は移動平均線を例に上げましたが、MACDやストキャスティクスといったインジケーターにも使用できる考え方です。

では、早速検証に入っていきましょう。
今回のトレードルールを下記に記載します。

・MAの値は、短期がSMA20 長期がSMA75
・GCで買いエントリー DCで決済
・DCで売りエントリー GCで決済
・GCとDCの切り替わりで買いエントリーと売りエントリーを行っていく

こちらでやっていきたいと思います。

通貨ペアはこちらも一般的なUSDJPYで、時間足は15分足で検証していきます!
期間は2017年11月1日~11月30日です。

最も有名で、一般的なこの手法で、果たして順調に勝てるのでしょうか?

検証開始

GCとDCの検証画像

今回は検証するにあたって、簡単にですが、GCとDCした箇所にサインを表示するツールを作成してみました。
縦の線は11月1日と11月30日に引いてあります。

こう見ると結構サインが出ていますね。全体的な流れは徐々に下落しているように見えます。(この流れでの買いは損になりそうなイメージ・・・)

サインはGC・DCした次のローソク足に表示されるので、検証のやり方としては、

1)サインが出たローソク足の始値エントリー
2)次のサインが出たローソク足の始値で決済
3)決済されたローソク足でまたエントリー

以下、1~3を繰り返していきます。

では実際に結果を見ていくのですが、期間を区切って検証していきましょう。
まずは、1日~3日の相場はこのようになっていました。

11月1日~11月3日までの結果

1日から3日までのトレード検証

上昇からのレンジですね。パッと見てもかなり負けています・・・。

この期間のトレード結果は・・・

-22pips
-21pips
-26pips
-21pips
-21pips
-1pips

合計:-112pips!!

これはまずい・・・検証の初っ端からこのマイナスはかなり痛いです。相場がレンジ帯ということもあり、全てのトレードがマイナスという結果になっています。

正直、この時点でこのまま検証を続ける必要があるのだろうかと疑問に思ったのですが、まだ始まったばかりですので、引き続きやっていきたいと思います。

次は6日~10日までの検証です。

11月6日~11月10日までの結果

6日から10日までのトレード検証

少し下落の流れがある相場です。

売りで利益をあげられるかどうかといったところだと思いますが、その分買いでのエントリーで損が膨らみそうです。

この期間のトレード結果は・・・

+13pips
-4pips
+10pips
-32pips
+23pips
-1pips
-13pips
-7pips
-16pips
-11pips

合計:-38pips!!

1日~3日のトレード結果と見比べると、勝ちトレードも何回かあり、マイナスは少なめで済みました。
しかし、依然としてトータルではマイナス・・・。

次の期間に期待したいところです。

では、13日~17日までの検証を見てみましょう。

11月13日~11月17日までの結果

13日から17日までのトレード検証

全体的にまだまだ緩やかな下落を見せています。

そんな中でも画像中央と右の部分に、かなり大きめの下落トレンドが発生しているのが見てとれます! ここでの利益は相当期待ができそうです!

この期間のトレード結果は・・・

-17pips
-8pips
+53pips
-9pips
-1pips
-5pips
-23pips
+80pips

合計:+70pips!!

ここにきてプラスになりました!
それぞれのトレードをみるとマイナスの回数のほうが多いのですが、中央と右の下落トレンドでそのマイナス以上のプラスをとっています。

まさに「損小利大」のトレードといったところでしょうか。
この流れが、次も続くかどうか見ていきましょう。

次は20日~24日までの検証です。

11月20日~11月24日までの結果

20日から24日までのトレード検証

これはいい相場!!

引き続き下落トレンドの流れの中ですが、画像中央の売りエントリーサインから大きな利益が期待できそうです。

画像右と左の買いエントリーサインでも利益がとれていそうなので、これまでのマイナス分を取り返すことができるかも。

この期間のトレード結果は・・・

+39pips
+117pips
+7pips

合計:+163pips!!

この週も大きく利益を上げることができました。

特に中央での売りエントリーから決済までで、117pips獲得できているのが大きいといえます。
エントリー後は少々上下の動きが激しく、GCするかしないかのギリギリの部分でしたが、なんとか持ちこたえたトレードでした。

次は27日~30日までの検証です。
これで11月の全期間が終わります。プラスで終わるかマイナスで終わるかがここにかかっています。

11月27日~11月30日までの結果

27日から30日までのトレード検証

先週の相場は大きな下落でしたが、一転、上昇相場になっています。

最後もエントリーサインはあまり出ていませんが、ここでも大きく利益を上げられそうな買いエントリーサインが確認できます。

この期間のトレード結果は・・・

+17pips
+109pips

合計:+126pips!!

2回のトレードで大きな利益を上げることができ、買いエントリーサインの箇所から100pips以上獲得することができました。(ちなみに決済は12月に入ってしまいましたが、DCで行っています)

ということで、11月全てのトレード結果を合計すると・・・

+209pips!!

前半の大きな負けを後半で一気に取り返すことができました。

大きなトレンドの転換ポイントのタイミングでちょうどサインが出たことが、今回の勝ちに繋がったと思います。

ここまで読んでくださっている方の中には「もうこの手法だけやってけば利益を上げていけるじゃん」と思われる方もいそうですが、そううまくいかないのがFXなんです。

確かにこの結果だけ見れば、MAのGC・DCだけで利益をあげていけそうに見えますが、それはこの検証をした期間にMAの数値がハマっただけに過ぎません。

トレンドに乗っかることができれば大きな利益につなげることはできそうですが、その分弱点もあります。

例えばこのような相場です。

レンジ相場

いわゆるレンジ相場ですね。

このレンジの期間中は頻繁にGC・DCが発生し、サイン通りのエントリーをした場合、ほとんど負けてしまいます。
11月の前半がまさにそのような相場でしたね。

実際にトレードを行っていると、
「今はレンジ相場だからサインは無視しよう」
「このサインはちょうどトレンドの始まりのサインだな」
なんて都合よくわかるものでもないため、こういった相場に当ってしまっては利益に繋げにくいのです。

しかし、現在がレンジ相場中なのか、それともトレンド相場なのかを判断する方法もあります。

それが、”上位足の流れをみる”です。

上位足の流れを見るとは?

11月の4時間足を見てみましょう。

11月_4時間足

このような相場でした。

大きく分けると、流れはこのような感じになります。

11月のトレンドの流れを把握

11月初めは上昇トレンド、中頃は下落トレンド、終わり頃に上昇になりつつある?といった判断ができそうです。

ラインをひくと大きな下落の流れだったことがわかりますね。
そして前半の上昇の流れですが、更に上の時間足である日足で見ると意識されている高値であるとわかります。

日足チャート

このような場合、前半部分の相場を判断すると、買いエントリーは反発が起こる可能性もありますし、売りエントリーは逆張りになるのでエントリーができない状態です。

そこで、もう一度4時間足をみて、DCになった(丸で囲った部分)箇所から、売りエントリーのみでトレードをするという判断を行ってみたいと思います。

4時間足の売りエントリー

実際のトレードの結果は・・・

-16pips
-13pips
-17pips
+53pips
-1pips
-23pips
+80pips
+117pips
+17pips

合計:+197pipsでした!

最初に検証した時の合計獲得pipsより若干少なくなっていますが、その分トレードで負けを減らすことができました。

勝率も、全てのサインでトレードを行った場合、29回中11回勝って約38%でしたが、エントリー回数を絞ったことで、9回中4回勝ち、勝率は約45%となりました。

数値的には、微々たるものだと思いますが、連敗時やトレード中の精神状態を考えると、絞ってエントリーしたほうがいいと思えますね。

最後に

いかがでしょうか。

今回はトレーダーなら誰もが知っているMAのGCとDCについて検証してみました。

この期間中のトレードは結果が良かったものの、これが毎月、毎年ずっと続くかというと「YES」とは言えません。
しかし、この手法が一概に使えないかというと、そうでもありません。

今回お伝えしたように、ただトレードする時間足を見てエントリーの判断をするのではなく、長期足など多数の時間足の流れを見てエントリーの取捨選択を行うという判断も取り入れることで、勝率や利益率を上げていくこともできるようになります。

また、今回はお伝えできませんでしたが、MAの数値を変えてみることや、複数のインジケーターで相場を判断することも、勝率や利益率をあげていくテクニックのひとつになります。

こちらについては今後いろいろ試していきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

ひとつの手法にこだわり続けるのではなく、様々な手法を学ぶことで、様々な相場から利益をあげていけるはずです。
今後も検証を通じて、読んでくださっている方に有益な情報をお届けしていきたいと思います。

さらにFXの知識やスキルを深め、勝率を上げるトレードを学習していきたい方には「FXライントレードマスタースクール」もオススメです。

FXライントレードマスタースクール無料講座

こちらの講座は、たった2本のラインだけで利益をあげるテクニックをイチから学べる無料動画です!

カリスマトレーダー・FX-Jin氏が送る「FXライントレードマスタースクール」は、初心者にもぜひオススメしたい内容が詰まっています。
ライントレードを習得すれば、あらゆる相場から利益をあげられるようになります。本物の経済的自由をいち早く手にできるようになるでしょう。

学習方法も簡単です!
動画を観ながら学べるため、飽きずに楽しく知識を身につけることができますよ。

充実の講座内容を無料で視聴できるのは今だけです!
ライントレードに興味が湧いた方は、今すぐメールアドレスを登録して、無料講座を受講しましょう!

FXライントレードマスタースクール無料講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. MAの有名なトレードテクニックについて検証してみた

PAGETOP