1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. 初心者でも簡単にできるミニ株で少額投資を始めてみよう!

初心者でも簡単にできるミニ株で少額投資を始めてみよう!

初心者でも簡単にできるミニ株で少額投資を始めてみよう!

「株式投資」と聞くと、

ある程度まとまった大きなお金が必要になる、お金持ちしかできない…

というイメージをお持ちではないでしょうか?

数千円程度の少ない資金から、投資を行えるFXと違って、株式投資では最低でも5万円や10万円程度の資金が必要だと多く言われています。また、株価には「相場」はなく、企業の意向などが大きく反映していて、購入できる最低の単位なども企業によって変わってきます。

「株式投資」って難しそう・・資金はそんなにないしな・・・

と思っている方も多いと思いますが、実は、1万円前後と少ない資金から始められる投資方法が存在します。それが1株単位からの取引も行うことが出来る「ミニ株取引」です(^^)

ミニ株は、普通の株式投資とは違って、取り扱っている証券会社が決まっているなどミニ株ならではの特徴があります!!

また、ミニ株を利用することで、気軽に株式投資をはじめられちゃいます(^^)

今回は、ミニ株の特徴やどうやって始められるのかなどを知って、あなたの投資人生のスタートを支援させていただきます!

ミニ株(株式ミニ投資)って何?

まずは、ミニ株ってどういうものなの?というところから説明していきたいと思います!

テレビなどのニュースを見ていると、一株当たりの金額が数百円の株式があることに気が付くと思います。こんな有名な会社の株式が、そんなに安いなら自分でもやってみたい。と思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら実際の株式投資では、一度に売買することが出来る数が決まっている場合があります。

例えば、スーパーで売られているタマゴ。一般的には、10個入りで1パックや、8個入りで1パックなどのものが売られていますよね。仮に、その時必要なタマゴが3個だけだったとしても、パックの中から3個だけ取り出して売ってもらうことは出来ないので、必ず1パック単位で買うことになります。

株式投資の場合でも、パック売りのタマゴと同じような仕組みで、あらかじめこの銘柄は100株単位と決まっていたら、その単位で取引していくことになります。このように、「株を買うときは決められた単位で取引しましょう」という一単位の株式に対する制度を「単元株制度」といいます。

でも、これでは投資を始めたいけど資金が足りないと思っている方がチャンスを失うことになりますよね。今までも、もっと低額でお好みの企業の株式へ投資するサービスが必要とされていました。

そこで、いくつかのネット証券が、購入に必要な最低株式数の「一単元株数」を下回る数の
株式を取引できるサービスの提供を開始
したのです。

これが「ミニ株」などの名称でよばれている、単元未満株取引サービスです。

この場合の取引できる株の最低数は、証券会社によって異なっていますが、最低1株から取引できるサービスを提供している場合もあるようです!

ミニ株の由来と誕生

ミニ株は1995年から個人投資家による株式投資促進のため、現在の財務省(大蔵省)によって導入されたそうです。

通常の株式投資であれば、投資金額がある一定になる傾向が当たり前なので、敷居が高いイメージがあるのに対して、誰でも株取引がしやすい状況が作られたのです(^^)

そして、バブル崩壊後の証券市場の活性化を狙ったものだともいわれています。

ミニ株の特徴

ミニ株は、通常の市場での売買単位の10分の1単位から購入できます。ミニ株なら、売買単位の10分の1の値段で買うことが出来るので、通常、株式投資に回すことが出来る資金が少ない場合、分散投資をするのはとても難しいですが、ミニ株を利用すれば少ない資金の場合でも、分散投資をしたりポートフォリオを組むことも可能になってきます!

また、証券会社が独自に提供しているサービスになるので、全ての証券会社で対応しているわけではありません。株式の配当については、その株式の数に応じて配当金が公平に分配されます。また、株式の分割が行われたときも同じく公平に分配されます!

保有している株式の数に応じて、分割により新しく発行される株式を取得することが出来ます(^^)/

そしてミニ株は、株式市場が開いている間に注文を出しても、取引は成立しません。注文を出した日の翌営業日の朝、「市場が開いた時点での株価」で売買をすることになります(^^)

一般の株式の成行注文よりも、さらに何円で取引が成立するか分からないということにもなります。そのため、ミニ株を売って損をしないためには、自分が買った価格より十分に株価が上がってから売ることがお勧めです。

仮に十分に株価が上がっていれば、多少株価が次の日の朝に下がっていたとしても
損をしてしまう可能性は低くなります!

上記でもお伝えしてきた通り、普通の株式投資に比べて、ミニ株は少ない資金からでもはじめられるという点が大きなメリットになってくると思います。

ミニ株がどのような投資なのかメリット・デメリットも併せてしっかり学ぶことで、これから少しでも「投資をはじめてみたい・・」と思っている方たちにもためになる知識になるはずです(^^)/

ここからは、ミニ株のメリット・デメリットについて説明していきます!!

まずはメリットから説明しましょう。

ミニ株のメリット

手軽に株式投資がはじめられる

まず先ほどもお伝えしたように、ミニ株の大きなメリットとしては少ない手元資金でも、単元株では高額で買い付けられない優良企業の株式の売買を行うことが出来ます。

とりあえず売買資金の一部だけを投資する、または複数の企業への投資を分散して株価の変動によるリスクを抑えることを希望する人には、非常に適したサービスといえるのです。

将来的な単元株の取り引きの練習として、少額からはじめられるという点でも大きなメリットと言えるでしょう。

ローリスクローリターン

初めて株式投資をはじめる方に、ミニ株をお勧めしたい理由として、少ない額の資金からでも投資可能ということだけではなく、リスクが少ないというメリットがあります。

高額の投資をすれば、それだけ損益額も大きくなってしまいます。だからこそ、投資額を少額にしておけば、さほど損益も出ません。

株式投資の経験値を上げられる

大きな損益がないときくと、少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、ミニ株をはじめることで投資の経験値も得ることが出来ます。

ミニ株で経験値を上げておき、それと同時に「銘柄の選び方や相場の変化や動きの仕組み」を経験して学習した方法を活かしていけることがとても大切だと思います!

株主優待も受けられる

銘柄にもよりますが、ミニ株でも株主優待を受けることが出来ます。

ただ、株主優待は保有株数によりますので、株数が必然的に少なくなるミニ株では受けられる可能性は少し低くなりますが、ミニ株で購入を何か月か繰り返して、株主優待を受けるという方法もあります(^^)

ミニ株のデメリット

取り扱い数が少ない

ミニ株の大きなデメリットは、ミニ株を扱っている企業が少ないということです。

最初は少なくても良い企業を選べばよいと思うかもしれませんが、投資を続けるうちに選択肢の少ないことを実感するかもしれません。ミニ株を扱う企業は少しずつ増加傾向にありますが、それでも現在は有名企業しか扱っていないというのが事実です。「この会社はこの先伸びるぞ」と、とある銘柄に注目していたとしてもミニ株では取り扱っていないことがあります。

残念ですが、その場合は単元株で購入するか、他にミニ株で取り扱っている銘柄を選ぶしかありません・・

手数料が高くなりやすい

ミニ株は通常単元の10分の1からの投資になるので、どうしても手数料が高くなってしまいがちです。取引をする回数に対して手数料がかかってきてしまうのです。

少額のうちなら手数料が格段に安い証券会社もあるので、そこで口座を利用しましょう。

経験を積み、取引の金額が増えて投資をする回数が多くなってくるようであれば、ミニ株ではなく、通常の株式投資にシフトチェンジするタイミングだと思います(^^)

手数料については、証券会社によって手数料の基準が異なってくるので、取引を行う前に使用したい証券会社の公式サイトなどでしっかり確認しておくことが大切です。

指値注文ができない

何通りもある注文方法のうち、指値注文が出来ないということもミニ株のデメリットに挙げられます。指値注文とは、株券の注文をするときに希望の金額を指定しておいて、希望の金額に価格が達成したら約定するという株価優先の注文方法になります。

簡単にいうと予約注文のようなものなのですが、ミニ株では指値注文ができません。そのため、ミニ株では注文するときの金額で約定してしまう成行注文の方法となります。

S株・ワン株・プチ株

「ミニ株」の名称で呼ばれることが多いのですが、実は証券会社によって呼び名が異なる場合があります(^^)

調べてみたところ、SBI証券では「S株」、マネックス証券では「ワン株」、カブドットコム証券では「プチ株」と呼ばれています。各証券会社、全て1株から取引が出来ますが、実は名称だけではなく手数料や取引時間、サービス内容も少し異なっています。各証券会社の違いをしっかり把握してから、証券会社のを選びましょう!!

ミニ株をはじめるには??

いざ、ミニ株をやってみよう!と思ってもまずは何からしたら良いのでしょうか・・

ミニ株の取り引きを行うためには、まず証券会社へ取引口座を開設する必要があります。現在では、インターネットを利用した株式の取り引きが一般的に利用されています。また、インターネットでの取り引きを専業としている証券会社(ネット証券)というのも存在しているようです。

ネット証券では、店舗を展開していないので運営のコストを抑えることができ、通常は各種の手数料が低額に設定されているようです。ネット証券の場合は、株式の相場情報もインターネット上で簡単に確認することが出来ますので、自宅や職場などで仕事や家事の合間にでも投資を行うことが可能です。

最後に

今回は、ミニ株がどのようなものなのか、どのような利点があるのか、どうやってはじめるのかなどを、順番に説明してきました!!

皆さん、少しでもやってみたいな・・と思っていただけたでしょうか(^^)

説明したもの以外にも、たくさんのミニ株情報はありますので気になった方は、ぜひ調べてみてくださいね!

では、最後に「ミニ株」についてまとめてみました。

・最大のメリットと言えるのは、なんといっても少額から投資を始められるという点
・単元の10分の1から購入できて、投資資金、リスクの高さも10分の1で済む
・ミニ株取引で株式投資の経験値をあげて、投資の練習にもなる
・ミニ株を取り扱っている証券会社が限られている
・リアルタイムでの株式投資が出来ない
・少額投資だが、ミニ株を利用して分散投資やポートフォリオを組める

さまざまな状況がありますが、このようにミニ株を利用して少額からでもうまく取引を行うことが可能になるのです(^^)/

今回、「ミニ株」をテーマとして説明しましたが、皆さんに少しでも興味をもっていただければ幸いです。

では、またお会いしましょう(^^)

FXの学習にはカリスマトレーダーFX-Jinが講師を務める、
「FXスキャルピング7日間集中プログラム」をオススメします。

今なら期間限定で、
約5時間のFX集中講義を
無料で受けることができます。

この講座は、FXの基礎から学ぶことができ、
今後トレーダーとして稼ぎ続ける土台を作っていきたい方にピッタリな講座です。

メールアドレスの登録だけですぐに最初の動画を見ることができるので、
ぜひこの機会に受講してみてください!

スキャルピング7日間集中講座

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフHが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. 初心者でも簡単にできるミニ株で少額投資を始めてみよう!

PAGETOP