1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. チャレンジを支援しよう「クラウドファンディング投資」

チャレンジを支援しよう「クラウドファンディング投資」

チャレンジを支援しよう「クラウドファンディング投資」

クラウドファンディング投資という言葉をご存知でしょうか。

「いいものを広めたい!」
そんな志を持った人を、不特定多数の人がネットを通して支援するサービスを、クラウドファンディングと呼んでいます。

支援したい人を選んで投資ができたり、投資者にも様々なメリットが潜んでいたりするクラウドファンディングについて、今回は詳しく紹介したいと思います。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、大衆(crowd)+財政的支援(funding)を組み合わせた造語です。
インターネット上で、不特定多数の人から支援を求めるので、別名ソーシャルファンディングとも呼ばれています。

日本でもクラウドファンディングができるサービスが多数用意されています。
そこに登録をすることで、実業者に対して投資を行ったり、実業者がプロジェクト制作のために、支援を求めたりすることができます。

ただし注意点もあり、どんな事業でも支援金を募ることができるわけではありません。

当たり前のことではありますが、人が賛同をしてくれるような事業でなければ、支援金は集まりません。
既に国内にあるサービスを使って支援を募る際には、審査を通す必要があるサイトがほとんどですので、クラウドファンディングを利用したい実業者は、事前にプレゼン能力を強化する必要があり、相手にその魅力を伝える能力が求められます。

そしてクラウドファンディングで投資を行う人は、上記のように審査を通った事業の中から、自身が投資を行いたいところに支援するかたちになるので、安心して投資ができるわけですね。

投資する人のメリットは?

さて、上記のようなクラウドファンディングには、主に3つのスタイルの投資スタイルがあります。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディング

寄付型には支援者に対してリターンのない投資になります。プロジェクト主導者の考えに対して、共感した人などが行う投資になります。

主に募集される例としては、被災地支援などの募集です。
募集で集まった資金が実際どのように役立ったのかは、ネットを通して活動報告などがされることで、投資した人々は結果を知ることができます。

しかしここにはリスクもあり、支援のために行った投資が、不正に使用されてしまうケースも少なくありません。

どのような形の投資にもいえることですが、善意につけこまれないように、自分が投資する対象については、しっかり調べることを忘れないようにしましょう。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディング

購入型は、投資をしたリターンとして、製品やサービスなどを受け取ることができるメリットがある投資です。
「成功した暁に、その商品をお渡しします」といったものになるので、先行購入の権利を買うといった意味合いに近いものになりますね。

近年のプロジェクトだと、AIを使用した最新の製品のように、最先端技術をいち早く体験できるような魅力的なものも多く、人気を博しています。
さらに発信側としても、クラウドファンディングを通じてPR活動や商品モニターを募うことができるなど、様々なメリットがあります。

しかし一方で、デメリットも多数存在している点を見逃してはいけません。
例えばプロジェクトが失敗に終わってしまった場合は、製品が開発に失敗した、サービスを開始できる目処が立たないといった、どうしようもない問題になってしまうわけですね。
つまり投資した人たちは、当然リターンが受け取れなくなってしまいます。言葉は悪いですが、支援金は無駄になってしまうことがあるのです。

支援をする場合は、こうしたデメリットを把握した上で支援を行い、トラブルを回避しましょう。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディング

融資型(クラウドファンディング)では、出資者が、資金を求める特定の企業に対し出資を行い、リターンとして金銭や株式が発行される仕組みです。

今回はクラウドファンディングの融資型としてご紹介しましたが、一般的には「ソーシャルレンディング」と呼ばれるものになります。
クラウドファンディングとして呼ばれる場合には、融資型クラウドファンディング、もしくは貸付型クラウドファンディングなどと呼ばれることがあります。

ソーシャルレンディングについて深掘りして知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください!
初心者でもかんたん!やさしいソーシャルレンディング

寄付型や購入型のクラウドファンディングでは、主に社会貢献であるとか、購入や支援をする意味合いの強いものでした。
しかし金融型では、支援よりも投資という意味合いが強いものになります。金額についても様々ですが、比較的少資金で上場前の起業への出資、不動産投資や海外投資といった個人では手を出しにくい投資ができるメリットがあります。

しかしながら、融資型のクラウドファンディングにもデメリットはあります。

寄付型や購入型のクラウドファンディングでは、これまでお伝えしてきたように、自分が支援・投資した先が何のために資金を必要としているのか、目的がある程度は明確でした。
一方の融資型では、融資先の企業詳細を明かせないといったデメリットが存在します。

日本の法規制の問題によってこのようなデメリットが存在してしまうのですが、法改正が進めば解消される可能性もあるため、投資家の間では注目される投資法のひとつです。

まとめ

今回の記事はいかがでしょうか。

まだまだ歴史の浅い部分もあるクラウドファンディングですが、不特定多数で社会を動かす達成感を得られたり、企業のサービスを応援できたり、世の中の動きに参加している充実感を得られたりできます。

さらにそれらは、無償・有償を問わない報酬や、特定の商品や金融商品などのかたちで還元されることもあるので、クラウドファンディングの注目度は今後も高まってくることでしょう。

クラウドファンディング自体が、起業ブームである今日の社会に見合った新しいサービスだと思いますし、今後ますます発展が期待されています。

投資家として活動をしながら、クラウドファンディングを活用してなにか事業を興すのも、新時代の「新しい投資家」として生き方のひとつになってくるのかもしれませんね。

勝利の黄金シグナル

この講座で学べる「勝利の黄金シグナル」を活用すれば、ずっと相場の動きを目で追い続ける必要がありません。
エントリー後はほったらかしにしても、利益が出てしまうんです……!

FXでなかなか実績を残せていないと悩んでいる方。
トレードする時間がなくて思うように稼げていない方。

その悩みをこの無料講座で解消しませんか?

講師の北田夏己氏も、1日10分のトレードで年収5,000万円を稼いでいます。
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも利益を上げる「ダブルロジック」をマスターすれば、あなたもFXでガッツリ稼げるようになるはず!

そんな素晴らしいトレード手法を無料で学べるのは今だけ!!
FXで稼げるトレーダーを目指している方は必見の内容となっています。

今すぐメールアドレスを無料登録して、あなたも奇跡のノウハウを手にしましょう!!

勝利の黄金シグナル

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. チャレンジを支援しよう「クラウドファンディング投資」

PAGETOP