1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. NISAって何だ?? 話題の投資を徹底解説!!

NISAって何だ?? 話題の投資を徹底解説!!

NISAって何だ?? 話題の投資を徹底解説!!

皆さんは「NISA(ニーサ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
投資をやっていない方でも、CMや銀行などで耳にしたことがあるかもしれません。

自分自身も、とある銀行で口座を開設するときに聞きました。
ただ、その時はよく分からなかったので、そのままスルーしてしまいました。

しかし……なんとこのNISA、既に1000万人以上の方が利用しているんです。

投資をやっている方にとって、この制度を知っているのといないのとでは、全く得られる利益が異なる場合があります。
もちろん、これから投資を始めようと考えている人にとっても、気軽に取り組める重要な投資先のひとつとなるはずです。

少しでも損をしないよう、この機会にNISAを知っておきましょう。

NISAとは

NISAとは

NISAは2014年1月から始まった、「少額投資非課税制度」のことです。

読んで字のごとく、少額の投資から得られる利益には税金がかからないという制度です。
これは元々、イギリスのISA(Individual Savings Account)という制度がモデルになっており、頭に日本(Nippon)のNをつけてNISAと呼ばれています。

利用できる方:日本在住の20歳以上の方
非課税対象:株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
可能な口座開設の数:1人1口座まで
非課税投資枠:毎年120万円が上限
非課税期間:最長で5年間
投資可能期間:2023年まで

株や投資信託で売買益や配当を得ると、通常であれば20%の税金がかかってしまいます。しかし、NISAであれば上記の条件を満たすことで該当の利益に対して税金が免除できるので、トレーダーとしては非常に大きいですよね。

例えば100万円の利益が出たとき、通常の口座であれば20%を差し引いた80万円しか手元に残りませんが、NISAなら100万円そのままを手に入れることができます。

NISA口座で投資したときの非課税となる期間は5年です。ちなみに5年が経過した後もまだ保有していたい場合は翌年の枠に引き継ぐこともできますし、NISAではない通常の口座に移動することもできます。長期的に取引したい場合も安心ですね。

NISA口座開設までの流れ

(1)金融機関からNISA口座開設書類を入手する。
まずはNISAを始めるための口座を開設しましょう。
FXなどの投資と同様に、NISAも新たに口座を開設する必要があります。
1人1口座しか開設できないため、まずは好みの金融機関を選んで書類を入手してください。

(2)金融機関に書類を提出する。
書類の提出時にはマイナンバーカード、もしくは本人確認書類が必要となります。まだマイナンバーカードを発行していない人は通知カードと一緒に提出しましょう。金融機関によれば、インターネット上だけで申請できるところもあります。

(3)金融機関が税務署にNISA口座の開設を申請する。
申請先の金融機関が税務署に確認申請を行ってくれます。税務署の審査には、通常3週間前後の時間がかかるとされています。

(4)申請完了の通知を受け取り、開設完了となる。
NISA口座で利益の最大化を目指しましょう!!

NISAのここに注意~損益通算ができない~

NISA以外の口座では、別々の口座で利益と損失が出たとき、損失額の分だけ利益を引くことができるので、税金はかからないこともあります。

一方、NISAではこの損益通算ができません。

例えばある口座で100万円利益を出し、NISAの口座で100万円の損失が出た場合、実際の自分の利益はプラスマイナスゼロとなるでしょう。
しかし100万円分の税金がかかるので、ゼロどころか収支はマイナスとなってしまうのです。また、繰越損失もできないので、NISAの口座と通常の口座を並行して運用しようとしている人は注意しなければいけませんね。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは

NISAと混同してしまいがちな制度に、つみたてNISAというものがあります。これは2018年1月から始まった制度なので比較的新しい制度といえますね。

利用できる方:日本在住の20歳以上の方
非課税対象:一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
可能な口座開設の数:1人1口座
非課税投資枠:新規投資額で毎年40万円が上限(20年間で最大800万円)
非課税期間:最長で20年間
投資可能期間:2037年まで
投資対象商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

つみたてNISAを利用すれば、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。
各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間課税されないという制度です。

こちらは、以下の記事でも詳しく説明しています。

話題の”つみたてNISA”結局お得なの?

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは

20歳に満たない方でもNISAが利用できるケースがあります。それが「ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」です。こちらは2016年1月からスタートした制度です。

利用できる方:日本在住の0歳~19歳の方(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象:株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数:1人1口座
非課税投資枠:新規投資額で毎年80万円が上限
非課税期間:最長5年間
投資可能期間:2016年~2023年
運用管理者:未成年者の二親等以内の親族(両親・祖父母など)
払出し:18歳まではできない

親権者の方などが、子供のために代理で資産運用するケースを想定されていて、18歳までは払い出しができません。

一方でジュニアNISAは、若い内からリテラシーを高めるための投資教育として貢献できると期待されています。子供が判断能力を持ったときに既に口座が作られていることで、金融や投資への関心を促進することでしょう。

最後に

いかがでしょうか。

条件をクリアしないと利用できないこともありますが、株や投資信託などをやられている方も、ぜひ並行して活用してみるといい制度ではないでしょうか。
また、これから投資に挑戦したいと考えている人にとっても、いいスタートダッシュができる投資だといえます。

期間や条件を見ながら、ぜひ自分にあった投資を検討してみましょう。
この機会にNISAを利用して、少しでも大きい利益を目指してみてくださいね。

さらに投資知識を増やして利益を積み上げたいと思ったら、こちらの無料講座もおすすめです。ぜひあわせて確認してみてください。

イージー・トレードFX6日間集中講義

「EASY TRADE FX6日間集中講義」では、FX初心者でも安心して利益をあげられるような手法を、なんと無料で学ぶことができます!

驚きの「ほったらかしで稼げる手法」を、あなたもその目で確かめてください。
学んだその日から稼げるロジックで、勝率90%を目指せますよ!

トレードに自信がなかった方も、FXを学び始めた方も、ぜひ石井和夫氏が伝授する手法を学んでみてください。学習したその日からさっそく実践できます!

無料でありながら、2時間以上の大ボリュームでお届けする6日間集中講義です。
メールアドレスを登録したらすぐに講義を視聴できます。
あなたも自由なライフスタイルを実現したいと思ったら、今すぐチェックしてみましょう!

イージー・トレードFX6日間集中講義

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. NISAって何だ?? 話題の投資を徹底解説!!

PAGETOP