1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. 初心者でもかんたん!やさしいソーシャルレンディング

初心者でもかんたん!やさしいソーシャルレンディング

初心者でもかんたん!やさしいソーシャルレンディング

株式投資やFX、不動産投資や先物取引など、世の中にはありとあらゆる種類の投資商品が存在しています。

近年では仮想通貨も頻繁に取引されるようになってきて、投資というもの自体が世間一般に広く認められてきた印象があります。

そんな様々な投資商品がある中で、あなたは「ソーシャルレンディング」という投資商品をご存知でしょうか?

今回のコラムでは、この「ソーシャルレンディング」について、詳しくご紹介していきますので、安定的に資産運用をしていきたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

【目次】
1.ソーシャルレンディングとは
2.どんな投資?
3.ソーシャルレンディング事業を行っている日本の代表的な企業
4.まとめ

1. ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、2005年にイギリスで初めて事業がスタートしました。

その後、2006年にアメリカ、2007年に欧米諸国や中国などで続けて事業が展開され、日本では2008年にソーシャルレンディング事業が開始されました。

つい10年前のことですから、歴史的にはとても浅いですよね。
そのため、その他の投資商品に比べると認知度も低く、日本で実際にソーシャルレンディングをやっているという方はあまり多くない印象です。

しかし実態はそんな認識とはかけ離れており、ソーシャルレンディング事業を行っている世界の代表的な5社だけでも、運用規模は実に1兆円を超えるとされていて、非常に活発に取引されている投資商品だといえます。

日本でも現在1,000億円ほどの運用がされているそうなので、今後さらに伸びていくことが見込める、将来有望な投資商品だと考えられるでしょう。

2. どんな投資?

ソーシャルレンディングの投資について

ソーシャルレンディングは「お金を借りたい企業」と「お金を貸したい投資家」を「マッチング」させる事業になります。

ソーシャルレンディングを事業として展開している企業が、インターネットを通じて多くの投資家から資金を調達し、お金を借りたい企業に融資します。

サービスを提供している企業にもよりますが、多くの投資家から集めているということもあり、1万円ほどの少額から投資を行えるのが特徴です。

お金を借りた企業は借入金の返済を行わなくてはならないので、ソーシャルレンディング事業者が定めた利率に従って返済を行います。

返済額のうち、事業者は数パーセントの「営業者報酬」を受け取り、残りが投資家の取り分となります。

ソーシャルレンディングのキャッシュフロー

これが基本的なソーシャルレンディングのキャッシュフローとなります。

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングのひとつとして分類され、「融資型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。
※一般に言われるクラウドファンディングの多くは、「投資型」と呼ばれています。

企業と個人を結びつけるサービスという認識が一般化していますが、アメリカや中国では個人と個人と結びつける「P2P」の形が多く取られており、その市場規模は今も拡大しています。

3. ソーシャルレンディング事業を行っている日本の代表的な企業

ソーシャルレンディングを行う企業

ソーシャルレンディングを行うには、事業を行っている企業に口座開設をし、出資したい企業を選択したのちに、送金を行います。

ここではソーシャルレンディング事業を行っている企業の中で、代表的な3社をご紹介します。

maneo

maneoは日本で初めてソーシャルレンディングを事業として行なった企業で、国内で最も高いシェアを誇る企業です。

利回りは5~8%の企業が多く、初めてソーシャルレンディングを行なって、安定した資産運用を体験してみたいという初心者には、入りやすい企業だといえるでしょう。

SBIソーシャルレンディング

こちらは、SBIホールディングスが展開するソーシャルレンディングサービスとなります。

利回りは2.0%~6.5%で、maneoと比較すると少々低い利回りになりますが、これまでの貸し倒れ件数が0%(※)と、非常に安心できる実績があります。
※貸し倒れ・・・企業の倒産などにより、融資金が回収できないこと。

クラウドバンク

もともとが証券会社ということもあり、金融知識的な部分で安心のサポート体制が敷かれていて、こちらも初心者が安心して投資を行える企業のひとつといえるでしょう。

また、高利回りのファンドも取り扱っているので、少ない資金で短期間に大きく稼ぎたいという方にはうってつけの企業です。

4. まとめ

いかがでしたか?
今回はソーシャルレンディングについて簡単にご説明しました。

様々な資産運用が考えられる中で、各運用にはそれぞれ特徴がありますが、ソーシャルレンディングの立ち位置としては以下のように考えられます。

ソーシャルレンディングの立ち位置

銀行よりも高い利回りで安定的な資産運用ができるということですね。

今回のコラムを読んでもらって、ソーシャルレンディングをあなたの資産運用の「ひとつの選択肢」として捉えてもらえたら幸いです。

また、投資に関する知識やノウハウをもっと深めたいと思った方は、こちらの講座もオススメです。

FXトレードビギナーズ講座

「FXトレード・ビギナーズ講座」は、これからFXを始めてみようと思っている方にピッタリ!
年収5,000万円のトップトレーダーFX-Jinが、「FXの専門知識」と「実践的なトレードスキル」を無料でお届けいたします!!

初心者でもFXで稼げる手法が、この講座には詰まっています。
学歴や年齢も関係ありません。押さえるべきポイントを理解して具体的なロジックを習得すれば、あなたも経済的自由人に一歩近づきます!

これまで50,000人以上を指導してきたトップトレーダーFX-Jinの知識やノウハウを学びたいと思ったら、今すぐご登録ください。
わずか17日間、全5回の無料オンラインレッスンであなたもしっかり稼げるトレーダーを目指しましょう。

メールアドレスを無料登録すれば、今すぐ「FXトレード・ビギナーズ講座」を開始できます。
FXに興味がある方は、ぜひこの機会にプロトレーダーのテクニックを学んでみてください!

FXトレードビギナーズ講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. 初心者でもかんたん!やさしいソーシャルレンディング

PAGETOP