1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. 投資の神様、ウォーレン・バフェットって誰?

投資の神様、ウォーレン・バフェットって誰?

投資の神様、ウォーレン・バフェットって誰?

投資の世界にはいったならば、1度はどこかで耳にする名前ですよね。

バスケの神さまは「マイケル・ジョーダン」
ロックの神さまは「ジミ・ヘンドリックス」
投資の神さまなら「ウォーレン・バフェット」と言われるほどで、
実にすごい方なのです。

世界最大の投資持株会社である、「バークシャー・ハサウェイ」の筆頭株主、
そして会長兼CEOを務めている方としても有名ですよね。

そんな投資の神さまの半生を紹介していきたいと思います。

もしかしたら投資のヒントが見つかるかもしれませんね。

生い立ち

バフェットが生まれたのは1930年です。

父親はネブラスカ州オマハで証券業を営んでいました。

父親のおかげか幼いころから計算が速く、ビジネスに興味をもっていました。
暗算の速さには周りが驚いていたと言われています。

6歳のときに、コカ・コーラの6缶パックを祖父の店から25セントで仕入れ、
それを小分けにして1缶5セントで売っていました。

祖父の店から仕入れるところがまた抜け目がない感じがしますね。

若くして原因不明の病気で苦しんだときでも、
病院のベッドでお金持ちになる方法を考えていました。

退院するとすぐさまバフェットはベッドで考えたさまざまな商売に
友人を誘い込み実行に移したのです。

幼いバフェットがした商売とは

宝箱

ゴルフのロストボールを拾い集め、パッケージにして販売したり、
有力馬の情報を記載したセレクション紙を作り販売したりと、
精力的に活動をしていました。

12歳のころには父親が国会議員に当選したため、
家族でワシントンDCに引っ越しをしました。

ただ当時のバフェットは引っ越しに納得できなかったため、家出したようですが、
人口密度が高いアメリカ首都に金儲けの可能性に気づき、考えを改めました。

そこで5紙の新聞配達を引き受け、
毎朝500部を配達し175ドル稼いていたようです。
175ドルは成人男性の給料に匹敵するほどの金額です。

これを元手にネブラスカ州にある農地を手に入れ、農家に賃貸していました。

高校生のときには中古ピンポールを1台25ドルで購入し、
それを理容店に置くという商売を始めました。
この商売は週50ドルの利益を稼ぎ出すまでになり、
最終的にはこの事業を1,200ドルで売却をしています。

他にもさまざまな事業に手を出しては利益を出していましたので、
お金儲けの才能はこのころには完全に開花していましたね。

商売上手のバフェット世界長者番付の順位は?

ドル札

発想力と行動力で驚かせてくれるバフェットですが、
世界長者番付の順位とか気になりませんか。

2016年の世界長者番付では第2位で、
総資産額はなんと680億ドル(7兆7466億円)でランクイン。

7兆7466億円とか想像を絶する数字ですよね。

ちなみに2016年の日本長者番付の第1位は、毎年ランクインしています
ユニクロの会長兼社長で柳井正氏の146億ドルです。

柳井正氏の146億ドルでも十分すごい数字ですが、
それを大きく上回るバフェットの680億ドルにはびっくりですね。

2016年の世界長者番付、5位~1位は以下の通りです。
——
5位 カルロス・スリム・エルー 一家 総資産額500億ドル/5兆6960億円(昨年比40%減)
質素な生活と謙虚な人柄として知られているメキシコの通信王。

4位 ジェフ・ベゾス氏 総資産額530億ドル/6兆378億円(昨年比83%増)
アマゾンの創業者兼CEO。
2000年に立ち上げた民間宇宙開発企業も話題になりました。

3位 アマンシオ・オルテガ氏 総資産額640億ドル/7兆2909億円(昨年比16%増)
世界中で大人気のアパレルブランド、ZARAを所有するインディテックスの創設者。

2位 ウォーレン・バフェット氏 総資産額680億ドル/7兆7466億円(昨年比11%減)
世界最大の投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の筆頭株主、そして会長兼CEO。

1位 ビル・ゲイツ氏 総資産額800億ドル/10兆2528億円(昨年比6%減)
言わずと知れたマイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長。
——

失敗談は

こんなにも大成功しているバフェットでも失敗して反省をしたこともあります。

バフェットが人生で初めて買った株は「シティ・サービス」という会社の株で、
購入当初は38ドルの値段がついていました。

バフェット当時11歳で姉と3株ずつ購入し114ドル投資したのが最初です。

今までさまざまな商売話で驚かせてくれたバフェットなので、
当然今回も大きな利益を出したと思いませんか?

実はそうでもないんです。

株を購入して2か月ほどで市場は低迷し、
シティ・サービス株は一気に27ドルまで下落してしまいます。

初めての株では半値まで下落し、マイナスに転じたことで姉には怒られたバフェット。

このような状況で、普通なら自分には才能がないと思うところですが、
バフェットは違いました。

市場が持ち直すまで株を保有し続け、
そして株価が再び40ドルになったところで売却したそうです。

初めての株式投資で株価が下がったら普通でしたら慌てて売りそうですが、
株価が上がるまで我慢し、損を出さずに利益をだしたのですから、
11歳でこの度胸もまたすごい話です。

ただ、失敗部分としましては40ドルで売却したシティ・サービスは
どんどん上がり続け1株202ドルまでになりました。

投資には良くある話ですが、もう少し待っていればかなりの利益がでたことになります。

この失敗からバフェットは3つの教訓を導き出したのです。

ドル札

11歳で失敗をちゃんと教訓にしてしまうところが流石です。

バフェットの名言・格言

実績もあり現在はさまざまなところでスピーチすることが多い
バフェットですが、いろいろと名言を発しています。

中には投資家を「ハッ」とさせてくれるものもありますので紹介しますね。

■市場動向や他人の意見につられて売買をしない。
自分で調べ、自分で考え、自分で判断を下すべき。

■リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。
ちゃんと理解し、自信を持てる投資が大切。

■今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです。
投資とは目先ではなく、長期的な目線が大切です。

■人は習慣で行動するので、正しい思考と振るまいを早いうちに習慣化させるべき。
正しい思考や振るまいは、習慣になるまで続けることで成功の大きな力となります。
似たようなことをマイケル・ジョーダンも言っています。

■独力で考えなかったら、投資では成功しない。
根拠は自分の力で考える。

■投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない。

上記以外でも多くの名言を残していますので、
興味があるようでしたら1度調べてみても良いかと思います。

最後に

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

バフェット自身や名言から読み取れることは「自分で考え判断すること」だと思います。

これは株やFXに限らず、すべての投資に言えることではないでしょうか。

クロスリテイリングの講師たちも「継続学習」が大切と何度もお話ししているように、
学習し、理解し、考えることで利益を上げ続けることが可能です。

個人投資家とは自分自身との戦いかと思います。
上司がいるわけでも、属している会社があるわけでもないので、
頼れるのは自分のみです。

頼れる自分になるためにも、大きな武器となるのは「知識」です。

そのためにもさまざまな教えに触れる必要がありますよね。

クロスリテイリングでは多くの講師がいますので、
さまざまな考え方を学習することができます。

多くの講師の話を吸収することで、それがあなたの武器となり、
どのチャートパターンでも自身で考え判断できるトレーダーになることができるんですよ。

「継続学習」を忘れず、それぞれのペースで成長して頂ければと思います。

FXの学習を今すぐスタートしたい方はクロスリテイリングで講師を務める、
マックス岩本さんの無料講座で学んでみてください。

1秒スキャルFX

こちらの「1秒スキャルFX」は、FX初心者も殺到したという伝説の講義を、無料を受けられるオンラインレッスンです!

講師を務めるのは、毎月平均500万円を稼ぐFXプロコーチのマックス岩本氏!
これまで延べ16,000名以上を指導してきたマックス岩本氏のトレードスキルは本物です。それを無料で学べるチャンスはなかなかありません!

全4回でお届けするレッスンは、その名の通り「たった1秒」を活かすことで利益を獲得してしまう、驚きの内容となっています。
その仕組みはなんと、2つの色を見分けるだけ!
難しい仕組みを理解する必要がないため、FX初心者でもすぐさま利益を上げられるでしょう。

メールアドレスを登録するだけで簡単に受講できるため、気になった方は早速チェックしてみてください。

「学ぶ前にまず稼ぐ!」という新しいFXのかたちを、ぜひあなたも体験してみましょう。

1秒スキャルFX

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. その他投資
  4. 投資の神様、ウォーレン・バフェットって誰?

PAGETOP