1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. FXで稼ぐにはサポレジラインの引き方が重要!サポートラインとレジスタンスラインの引き方を解説!

FXで稼ぐにはサポレジラインの引き方が重要!サポートラインとレジスタンスラインの引き方を解説!

FXで稼ぐにはサポレジラインの引き方が重要!サポートラインとレジスタンスラインの引き方を解説!

FXで利益を出すための手法は、いろいろなものがあります。それこそトレーダーの数だけ手法が存在するといっても過言ではなく、多くの人がそれぞれ異なるインジケータや理論を使って取引しています。

その中でも「サポレジライン」は、個人トレーダー・法人トレーダー問わず誰もが注目する指標で、FXをする上では必ず知っておかなければいけないものです。極端なことを言うと、サポレジラインはそれさえ使いこなせれば他の手法は必要ないと言ってもよいくらい、相場で機能しやすい指標です。

そこで、今回はまずサポレジラインとはどのようなものかを解説し、次にサポレジラインを使うメリット・デメリットをご紹介します。そして、後半では実際のチャートを使って、ラインの引き方やどれくらい利益が出るのかといったことを解説していきたいと思います。

サポレジラインってなに?

サポレジラインとは、「サポートライン」と「レジスタンスライン」の2つの水平線の総称です。サポートラインは下値支持線とも言います。チャート上において、ある価格まで下がってきたらそれ以下の価格に下がらないようにサポート(支持)する線です。サポートライン付近では下落してきた相場が止まり反発しやすいため、新規の買い注文が出されたり、売り注文の利益確定がされたりします。

レジスタンスラインは上値抵抗線とも言います。価格が上昇していく中で、ある価格からそれよりも上昇しづらくなるように圧力をかける線です。それまで上昇してきた相場がそのライン付近で止まり、下落に転じる可能性があるので、新規の売り注文が出されたり、買い注文の利益確定がされたりします。

冒頭でもお伝えしましたように、サポレジラインは世界中のどんなトレーダーも見ている指標です。指標というのはたくさんの人が意識すればするほど機能しやすくなるため、サポレジライン付近では相場の勢いが弱まったり反転したりしやすいのです。

FXでは勝率の高い手法を使うのは大切なことなので、このサポレジラインを意識したトレードをあなたもぜひやってみてくださいね!

では、次にサポレジラインを使うとどんなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

サポレジラインを表示するとなにがわかるの?

サポレジラインを表示するとなにがわかるのでしょうか?

サポレジラインを使う主なメリットは、以下の2つです。

・エントリーもしくは利益確定の目安になる
・損切りの目安になる

この2つについて順に説明していきましょう。

エントリーもしくは利益確定の目安になる

サポレジラインは、エントリーや利益確定時の目安になります。

それまで上昇もしくは下降してきた相場がサポレジラインに達すると、いったんその近辺の価格で止まり、反転していくことがよくあります。そのため、多くのトレーダーはサポレジラインで新規注文を行う「逆張り」をしたり、利益確定のための決済注文を行ったりするのです。

また、逆にこのサポレジラインを活用して「ブレイクアウト」という手法を用いることもあります。

ブレイクアウトとは、サポレジライン付近で止まっていた価格が突破され、さらに上昇もしくは下降していくことを指します。一般的にはサポレジライン付近では価格は止まることが多いのですが、稀に突破されることでそれまで以上の速さで価格が急上昇・急降下することがあります。

ブレイクアウトしたタイミングを見計らって、順張りでエントリーを行い、その波に乗ることにより、FXで理想とされる損小利大のトレードを行うことができるのです。

損切りの目安になる

サポレジラインはエントリーや利益確定だけでなく、損切りのラインとしても役立ちます。

サポレジライン付近では相場が止まることが多いのですが、いったんブレイクアウトをするとさらに価格が上昇もしくは下降していく傾向にあります。このライン近辺で逆張りをした人は、相場が反転することを予想してエントリーしますが、その意とは反してサポレジラインが突破されブレイクアウトしてしまった場合、損が拡大することを防ぐために、損切りを行う必要があるのです。

サポレジラインを使う上での注意点

サポレジラインは非常に機能しやすい指標の一つです。実際に多くの人がこの指標を使ってトレードを行っています。また、適切に使用すれば利益を出すことも可能です。

ただし、サポレジラインを使う上で同時にいくつか注意点もあります。
それが以下の4つです。

・いつも機能するとは限らない
・トレンド相場では機能しづらい
・複数の時間足で確認する
・他のテクニカル手法と並行して使う

これも順に説明していきましょう。

いつも機能するとは限らない

1つ目の注意点は「サポレジラインがいつも機能するとは限らない」という点です。

サポレジラインは多くの人が注目する指標なので、他のインジケータよりも有効なのは事実です。

しかし、FXに絶対というものはありません。それまではサポレジラインで何度も価格が止まっていても、いつかはブレイクアウトが起こり、そのラインが機能しなくなります。

また、俗に「ダマシ」と言われる現象が起こることもあります。

ダマシとは、いったんサポレジラインを突破した相場がさらに急伸すると思われる局面で反転し、元の方向に戻ることを指します。サポレジラインを使う時は、このダマシには特に気を付ける必要があります。下手をすると何度も損切りをしなければならず、大きな損失につながってしまう恐れがあるからです。

このように一度ダマシがあった場合は、その後の相場の方向性は定まりづらく、サポレジラインを境に価格が大きく上下する可能性があります。ムダな損切りを行わないためにも、このような場合はいったんトレードを見送るという選択肢があることも覚えておきましょう。

トレンド相場では使えない

2つ目の注意点は、サポレジラインは「トレンド相場では機能しづらい」という点です。

トレンド相場は、価格の上昇もしくは下降ペースが速いため、サポレジラインが役に立たない時があります。仮に機能していたとしてもダマシが入ったりするので、チャートを見て明らかにトレンド相場だとわかる時は、サポレジラインのみを使ったトレードはしないほうがよいでしょう。

反対に、サポレジラインが機能しやすいのは、ボックス相場です。ボックス相場とは、一方的に相場上がったり下がったりすることなく、同じような価格帯を行ったり来たりしている状態のことです。この場合はサポレジラインが強力に働き、相場がその価格帯で反転しやすいため、逆張りを行うことで利益を出しやすくなります。

複数の時間足で確認する

3つ目の注意点は「サポレジラインは一つの時間足だけでなく、複数の時間足で確認する」という点です。

FXの取引期間はスキャルピング等の短い取引からスイングトレードなど長いスパンのものまで様々ですが、いずれも複数の時間足のチャートを見てトレードすることが重要です。サポレジラインも同じく、自分が普段使っている時間足とは別に、それよりもスパンが長い時間足のチャートを確認することで、より重要なサポレジラインを見つけやすくなります。

一般的に相場は、短い時間足よりも長い時間足の方が重要です。例えば、5分足よりも60分足、60分足よりも4時間足といった感じです。自分がメインで見ている時間足のサポレジラインだけでなく、それよりもスパンが長い時間足のものも同時に確認することで、利益確定ラインや損切りラインを明確に設定しやすくなり、効率的なトレードを行うことができるようになります。

他のテクニカル手法と並行して使う

4つ目の注意点は「他のテクニカル手法と併用して使う」という点です。

中にはサポレジラインだけを使った逆張り手法、ブレイクアウトを生かした順張り手法のみという人もいますが、できれば王道の「トレンドライン」等と組み合わせた手法の方が精度は高くなります。

もちろん闇雲に指標を増やせばよいという訳ではないのですが、最低でもサポレジラインとトレンドラインの2つは見ておいた方がよいと私は思います。

実際のチャートで確認する

それでは実際のチャートを使って、サポレジラインの引き方、どれくらい利益が出るのかといった点を確認していきたいと思います。

サポレジラインの引き方例

まずは、サポレジラインの引き方について解説していきます。

USDJPY30分足

こちらはドル円の30分足です。このチャートを見て、どこにサポレジラインを引くべきか分かりますか?

USDJPY30分足

一般的にはこのような感じで引きます。高値同士を結んだ赤い水平線がレジスタンスライン(111.500付近)、安値どうしを結んだ青い水平線がサポートライン(111.000付近)です。

サポレジラインを引くコツは、何度も跳ね返されている価格を見るという点です。一度付けた価格が意識されることもありますが、大抵はこのように何回もタッチしている価格が意識されます。

USDJPY4時間足

こちらは同じドル円のチャートですが、4時間足に設定したものです。

先ほどの注意点でも解説したように、一つの時間足だけでなく、それよりも長いスパンの足のチャートを見ることは重要です。

この場合どこにサポレジラインを引けばよいか分かりますか?

USDJPY4時間足

私でしたらこのように引きます。レジスタンスラインが106.500付近、サポートラインが100.700付近です。

サポレジラインの引き方に絶対的に正しいというものはありません。一般的にはこのように引かれることが多いですが、重視する価格は人によって微妙に異なるため、自分が引いたラインは参考程度に見ておくのがよいでしょう。

また、時間足が大きくなるほどサポレジラインの威力も強くなるので、

・30分足のサポレジライン「111.000」と「111.500」
・4時間足のサポレジライン「100.700」と「106.500」

この2つの足では、4時間足の「100.700」と「106.500」がより重要視されます。

サポレジラインでどれくらい利益がでるのか検証してみた

では、サポレジラインを使ったトレードでは、実際にどれくらいの利益を上げられるのか見ていきましょう。今回はシンプルに検証を行うため、トレード手法はサポレジライン付近での「逆張り」、時間足は30分足固定とします。

USDJPY30分足

こちらはドル円の30分足です。サポートラインは110.200近辺、レジスタンスラインは111.500近辺になっています。

①の取引では111.400で「新規売り」を行いましたが、その後相場が上昇していったので30pipsで損切りを行いました。

その後、再度下落しサポートラインの110.200近辺まで下落したので、110.300で②の取引「新規買い」を行いました。その後は多少もみ合いつつも再度レジスタンスラインの111.500まで上昇したので、利益確定。

①と②のトレードの合計利益は90pipsとなりました。

このように相場の方向性が不明確なボックス相場では、サポレジラインを使った逆張りをすることで、損小利大のトレードが可能です。

ただし、ボックス相場は永遠に続くわけではありません。ボックス相場が続いている間は相場にエネルギーが貯まっていき、ブレイクした時は一方的に大きく動く可能性があります。

そのため、ボックス相場内でサポレジラインを使った逆張りをする際は、必ず損切りを設定し、損小利大になるようなトレードを心がけましょう。

最後に

それでは最後に、今回の記事の重点ポイントをおさらいしていきたいと思います。

サポレジラインとは

・サポレジラインは、サポートライン(下値抵抗線)とレジスタンスライン(上値抵抗線)の総称
・サポートラインまで価格が下がってきたら、相場はそれよりも下がらないように反発しようとする
・レジスタンスラインまで価格が上がってきたら、相場はそれよりも上がらないように圧力がかかる

サポレジラインを使うと何が分かるのか?

・エントリー、利益確定、損切りの目安になる

サポレジラインを使う時の注意点

・いつも機能するとは限らない
・トレンド相場では使えない
・複数の時間足で確認する
・他のテクニカル手法と並行して使う

 
以上がサポレジラインの重要なポイントです。

冒頭でもお伝えしたように、サポレジラインはトレーダーのほとんどが使っているため、他のインジケータと比較してもかなり機能する指標です。FXをするうえでは必ず知っておいてほしい知識であり、実際の取引でも価格の転換点を知るという意味では取引時に毎回確認すべきです。

今回はサポレジラインを中心に解説してきましたが、他にもトレンドラインやMA(ムービングアベレージ)といった指標も相場では参考にされることが多いので、そちらも併せて確認しておくのがよいでしょう。

ライントレードに欠かせないサポレジラインをもっと学びたい方は「FXライントレードマスタースクロール無料講座」がオススメです。

こちらの講座では、ライントレードの基本であるトレンドラインやサポレジラインを一から動画で学ぶことができます。

これを学ぶことで、ライントレードだけで相場から利益をあげられると多くの喜びの声もいただいております。

学習方法も難しくなく、動画を元に学ぶので、飽きずに楽しく学ぶことができるんです。

今だけ無料で学べる講座ですので、ぜひ受講してみてくださいね!

FXライントレードマスタースクール無料講座

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフKが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. FXで稼ぐにはサポレジラインの引き方が重要!サポートラインとレジスタンスラインの引き方を解説!

PAGETOP