1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. 相場の神様!?テクニカル分析の創始者「本間宗久」って?

相場の神様!?テクニカル分析の創始者「本間宗久」って?

相場の神様!?テクニカル分析の創始者「本間宗久」って?

普段、FXでトレードをする時はローソク足のチャートにインジケーターを入れて、テクニカル分析でトレードをしている方も多いと思います。何気なく行っているこのテクニカル分析ですが、一体、いつ作られて誰が考案したものなのか、考えたことはありますか^^?

今回はそんなテクニカル分析の創始者であり、「相場の神様」とも呼ばれる本間宗久についてお話をしていきたいと思います!

さかのぼること江戸時代後期の1724年、出羽国庄内(現在の山形県酒田市)に当時日本一の大地主と言われていた本間家の初代当主の5男として生まれます。庄内は出羽米(現在の庄内米)の一大産地であり、二代目当主となった兄から営業を託されたことをきっかけに米相場の世界へ足を踏み入れます。これが宗久と投資の運命的な出会いになりました。

とにかく米相場の研究をはじめた宗久。当時の本間家は地元で非常に有名な豪農であり、天候や作柄状況に関する情報がリアルタイムで簡単に手に入りました。さらに長期に渡って集計したデータをもとに作成した農凶予測により、相場の連勝記録を築いていきます。研究の結果をしっかりと実績に移した宗久は、非常に早いスピードで巨万の富を得たそうです。

その後、甥の光丘が三代目当主となると、大量の出羽米を売り出しながら大阪・京都の米相場に挑戦します。そこでも天才的な相場を読む力を発揮した宗久は関西市場をも席巻。こうして「出羽の天狗」「相場の神様」とも称されるようになり、一躍その名を轟かせました。

山形の田舎から都会へ出てきて大成功を収め、まさに成り上がり街道まっしぐらな宗久は、さらなる高みを目指して、ついに江戸へ進出します。しかしながら、宗久はここで大きな失敗を経験することになります。なんと、江戸の米相場で全財産を失ってしまうのです。今まで負け知らずだった宗久がなぜ・・・。

当時、本人が残した言葉があります。
「 腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず大いに慎むべし。」
冷静さを保てない状態で相場に手を出せば必ず失敗する、と自身を戒めています。これは相場だけではなく様々なことに必要な考え方ではないでしょうか。感情的になってしまっているときほどきちんと考えが自分自身に落とし込めずに、間違った決断をしてしまいがちですよね。ここで一歩、踏みとどまれるかで、未来が大きく変わることもあるので、この宗久の言葉には非常に重みを感じます。

江戸での大失敗から学びを得た宗久は再び初心に戻り、相場の研究に没頭します。そうして相場の必勝法を編み出し、再び関西の米相場で大成功を収めます。また、苦い思い出が残る江戸の米相場にも再度チャレンジし、連戦連勝を重ねました。このようにして生まれたのが、あの有名な「酒田五法」です。

相場の神様が編み出した必勝パターンとは

ローソク足の並びを基本とした法則である酒田五法を考案したことにより、宗久はテクニカル分析の先駆者となりました。それでは、この酒田五法とはどのような法則なのでしょうか!5つの基本チャートパターンをひとつづつ見ていきましょう^^

三川


現在では「トリプルボトム」などとも呼ばれていますね。下落相場で3回底と思われる値段に当たるようであれば、下落の底に達したというサインになります。つまり、その後は上昇に転じるという予想をすることができます。

三山


3つの山があるように見えるため、「三山」と呼ばれています。三川の逆で、上昇相場で3回山があったら上昇の限界に達したというサインになります。その後は下落に転じるという予想をすることができます。

三空


4つのローソク足が前のローソク足にかぶらずに、空きができた時の形です。ローソク足の上昇時に3つ「空」が現れた場合は、非常に強い売りの勢いが相場で起こっているということが読み取れます。強いトレンドが発生すると「行きすぎだ!売っておこう!」という市場心理が働き、下落トレンドへ転換する可能性が高いということが予想できます。

三兵


陽線のローソク足が3本続くと、「赤三兵」と呼ばれる形になります。逆に陰線のローソク足が3本続くと、「黒三兵」と呼ばれる形になります。赤三兵は上昇トレンドへの転換点になり、黒三兵は下落トレンドへの転換点のサインになる、というような予想をすることができます。

三法


「上げ三法」の形は大陽線の形のあとに、3本のローソク足がでて、その後にまた大陽線が現れるという予想ができます。「下げ三法」はその逆ということになりますね。はじめに現れる大陽線・大陰線のあとの3本のローソク足の形は陰線であろうが陽線であろうが、特に指定はありません。

以上が酒田五法です!世界的に投資教育が遅れていると言われているこの日本に、江戸時代から現在の相場でも通用するテクニカル分析が存在していたなんて、本当に驚きですよね・・・。本間宗久という人物がどれほど偉大な存在であったか、この酒田五法から理解することができます。

米相場で巨額の富と名声を手に入れた宗久は江戸の根岸に豪邸を構えます。そして、江戸幕府の財政指南役にまで登りつめたと伝えられています。その生涯で相場から得た利益は、現在の貨幣価値にすると1兆円以上にも相当すると言われています。まさに宗久の努力の賜物以外の何物でもありませんね。

最後に

いかがでしたか?本間宗久について少しでも知っていただけたら幸いです。

相場に絶対というものは存在しません。いつなにが起こるのか、だれにも確実な予想はできない世界です。ただ、常に変化する状況にうまく乗り、大衆心理を読みながら冷静に向き合うことの重要さが宗久から学ぶことができます。酒田五法のほかにも様々な名言も残されているため、詳しく調べてみるのも面白いかもしれませんね♪

これだけ偉大な相場師が存在していた日本ですから、もっともっと投資の素晴らしさが日本中に広まったらいいなと思います^^今回はFXの話題から少し離れてしまいましたが、こういった投資に関わる歴史上の人物にも注目してみると、新たな発見があり興味深いものがあります。

新しいことをどんどん学ぶのも大切ですが、先人から学べることも無限ですね!
それでは、またお会いしましょう!

FXの学習を今すぐスタートしたい方はクロスリテイリングで講師を務める、
マックス岩本さんのデイトレマックス無料講座で学んでみてください。

この講座では1日でトレードが完結するデイトレードを基礎から学ぶことができます。
岩本さんの講座は、とにかくわかりやすいと評判で、初心者の方でも、イチから稼げるトレーダーを目指すことができます。

ぜひともこの講座で学び、FXを通じて経済的自由を手に入れましょう!

デイトレMAX無料講座

追伸

この記事はクロスリテイリングスタッフNが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. 相場の神様!?テクニカル分析の創始者「本間宗久」って?

PAGETOP