1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. 靴磨きの少年と世界大恐慌

靴磨きの少年と世界大恐慌

靴磨きの少年と世界大恐慌

世界大恐慌、世界金融危機など、これまで世界は幾度となく危機を迎えてきました。
その度に投資家をはじめ、多くの人々が財産や職などを失うという道を辿ってきました。

しかし、その危機を事前に察知できるとしたら……。
それが可能なら、自身の財産を守ることができるはずですよね。

果たして、そんなことは可能なのでしょうか?

そこで本日のタイトルにつながっていきます。
タイトルにある「靴磨きの少年」ですが、世界恐慌とどんな関係があるのか、パッと結びつかないかもしれませんね。

その答えは本日の記事にあります!
今回は、世界大恐慌のお話と、とある投資家にまつわる逸話について紹介します。

「靴磨きの少年」から読み解く世界大恐慌

靴磨きの少年と世界大恐慌

今回の主人公は、靴磨きの少年ではなく・・・ある有名な投資家です。
その名は、ジョセフ・P・ケネディ
当時、投資家として成功を収めていました。

この名前を聞いて、ピンときた方もいるのではないでしょうか?

そう!
この方は何を隠そう、あの第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの父親なのです!

今回は、現代まで語り継がれている彼の逸話を紹介していきますよ。
(登場人物には諸説あります)

時代は、1929年までに遡ります。
当時、アメリカでは好景気真っ只中で、株式市場の取引も空前の大ブームとなっていました。
なぜなら、そこに参加していたのが投資家だけに留まらず、これまで投資に関心のなかった一般人までも株の投資に夢中になっていたからです。

そんな好景気によって浮かれるウォール街で、ある日ジョセフは、靴磨きの少年に靴を磨いてもらうことにしました。

いつものように靴磨きをしてもらっていると、その少年がジョセフに対して
「この企業の銘柄は絶対に上がるから、儲かります!」
と、そんな話をしてきたそうです。

あなたならどう考えるでしょうか?
「さまざまな人たちと接する仕事をしている少年が得た情報だから、この話は信頼できるものかもしれない・・・!」
なんて、この話に食いつくかもしれませんね。

しかし、投資家のジョセフは違いました。

「こんな少年までも、株に興味を持っているのか」
という事実に危機感を覚え、焦ったのだといいます。

ジョセフは、普段なら株に無縁そうな少年ですら株に興味を持ってしまっている、ということが「異常事態だ」と感じたのですね。

いったい何が異常だといえるのでしょうか。

人によっては、現在ブームになっている株式投資に興味を持っている少年は、非常に勉強熱心だなぁと受け取るかもしれません。
しかし事態はそう単純なものではないのです。

株というものは買い手がいるからこそ、株の価値が上昇するという簡単な構造です。
もし、その買い手がいなくなってしまったら、株は上がることができなくなります。

これまでの株式市場は、投資家や一部の人達によって取引が行われていました。
アメリカにいる全員が参加しているわけではありません。

しかし、本来なら投資に興味を持たないような靴磨きの少年まで、株に手を出しているかもしれない・・・。
これが意味するところは、つまり買い手となる層がほぼ限界に達し、現在の株式市場の相場は天井に達した、ということです!

ジョセフはそのように考えて、危機感を覚えたのですね。

そして、1929年10月24日木曜日・・・ついにそのときは訪れました。

ニューヨーク市場はこれまでの株価上昇が嘘のように、大暴落をします。
この日に起こったことは「暗黒の木曜日」として後世まで語り継がれています。

暗黒の木曜日

しかし、これだけでは終わりません。
10月29日火曜日には、24日を上回る大暴落が発生したのです!
こちらも、この出来事が火曜日に起こったことから「暗黒の火曜日」「悲劇の火曜日」と呼ばれるようになりました。

この日を境にアメリカの景気は33年まで後退してしまいます。
株価は9割下落、実質国内総生産は3割下落、失業率は25%にまで達しました。

この影響はアメリカだけに留まらず、極東の日本をはじめ世界中に広がります。
数年に渡って世界中が不景気に苦しめられることになりました。

一方で、ジョセフは事前に保有していた株を全て手放し、難を逃れることができたと言われています。

今回ご紹介したお話は、投資では有名な逸話とされています。
事実か作り話かは定かではありませんが、たいへん興味深い話ではないでしょうか。

最後に

今回のお話はいかがでしょうか。

ジョセフ・P・ケネディは、ただ運が良かったわけではないと思います。
もちろん、運も実力の内ですが、それだけでは投資家としての成功はなかったはずです。
彼は投資家としての鋭い洞察力が、他の人よりも優れていたのでしょう。

だからこそ投資家として成功し、息子を大統領になるような逸材に育てることができたのかもしれませんね。

これからの時代、またいつ世界恐慌や世界金融危機のような事態が起こるか、誰にも分かりません。

そのためにも、あなたも投資家としての洞察力を鍛えておく必要があります。
ただルールを守りトレードするだけでなく、ジョセフのように社会情勢に目を光らせ、ちょっとした変化に鋭く気付く・・・そんな能力を磨きましょう。

そしていざという時に、危機を回避できる投資家を目指しましょう!

「投資家としての洞察力」を磨く第一歩として、日々の学習は非常に有効です。
まずは堅実にFXの学習に取り組みたい方は、こちらの講座もご利用ください。

FXライントレードマスタースクール無料講座

こちらの講座は、たった2本のラインだけで利益をあげるテクニックをイチから学べる無料動画です!

カリスマトレーダー・FX-Jin氏が送る「FXライントレードマスタースクール」は、初心者にもぜひオススメしたい内容が詰まっています。
ライントレードを習得すれば、あらゆる相場から利益をあげられるようになります。本物の経済的自由をいち早く手にできるようになるでしょう。

学習方法も簡単です!
動画を観ながら学べるため、飽きずに楽しく知識を身につけることができますよ。

充実の講座内容を無料で視聴できるのは今だけです!
ライントレードに興味が湧いた方は、今すぐメールアドレスを登録して、無料講座を受講しましょう!

FXライントレードマスタースクール無料講座

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!投資マスター!
  3. 靴磨きの少年と世界大恐慌

PAGETOP