1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. トレーリングストップを利用して利益を賢くゲットしましょう!

トレーリングストップを利用して利益を賢くゲットしましょう!

トレーリングストップを利用して利益を賢くゲットしましょう!

「お?相場が上がってきた!ここで売ればそこそこの利益になるぞ。でも、もうちょっと待てばもっと上がるかもな・・・」

FX投資をしていると、何回もこのような局面にぶつかると思います。

相場はまるで生き物のようなもので、どこまで上がって、どこまで下がるかというのを正確に当てることは不可能(^-^;

そのため、投資家はみんなこの判断に頭を悩ませるのです・・・。

判断を間違えば、せっかくそこそこの含み益を出せていたのに、最終的にはマイナスになってしまった、ということもありえますね。

 
では、なるべく利益を守りつつ、上を狙える方法はないのでしょうか?

FXでお金を稼ぎたい!

そのためには、もちろん利益を上げることが大切なのですがFXでトレードをする上で、絶対に勝てるということはないので、勝ち続けていても必ず負ける時がきてしまいます・・・。

そこで大切なのは、損失をなるべく抑えることです!

ということで、今回は損失を最小限に抑えつつ、利益を上げていくために利用する「トレーリングストップ」についてご紹介します(^^)/

知っている人も知らない人も、この機会にうまく活用できるようになって、利益を伸ばす手段として取り入れていきましょう!

 
実際に今回は、トレーリングストップとはなに?というところから、トレードでどのように活用したら良いのかなどを解説していきたいと思います。

皆さんで、損失を抑えて利益を上げる方法を学んで是非、トレードの参考にしていただければと思います!

トレーリングストップとは

まずは、トレーリングストップの仕組みはどのようになっているのか、ということを解説していきたいと思います。

「トレール」とは英語で、「追跡する」という意味があり、「ストップ」は「損切りライン」のことを示しています。

時間軸が進むにつれて、損切りラインの位置をずらしていく手法なんです。

つまりトレーリングストップとは、相場の動きに合わせて「決済」と「損切り」のポイントを設定して、損失を最小限に抑えながら、利益の最大化を狙う注文方法のことをいいます。

例えば、価格が上昇した場合は、それに合わせてロスカットラインを引き上げ、反対に価格が下落した場合にはロスカットラインを引き下げていきます。

また、トレーリングストップはFX、株式投資など取引する商品に関わらず同じ方法で使えるので、投資をする方は知っておくと、とても便利な注文方法になります。

トレーリングストップとは

トレーリングストップのメリット

まずは「トレーリングストップ」のメリットから・・・

最大のメリットは、「損失を最小限に抑えつつ、利益を伸ばせる」ということです。

最初のエントリーが成功して、価格が動き、最初のエントリーを超えた地点にストップの位置を変更してしまえば、その時点で負けというのはなくなります。
さらに、勝ちが確定した状態でトレンドが続く以上、延々と利益を伸ばしていけるんです。

トレーリングストップはレートの上昇にともなって、ストップも上昇していくというものなので、トレンドから利益を伸ばしやすい注文方法だと言えます!

 
例えば、下記の図のように

トレーリングストップ例

101円の時に買い注文を入れた場合、最初のロスカットラインを100円に設定します。

そこから価格が1円上昇するにしたがって、ロスカットラインも1円ずつ引き上げていきます。

そして、価格が104円に達したときのロスカットラインが103円になります。

ところが、図のように価格は104円で下落し始めて、ロスカットラインに設定していた103円まで下がったところで決済しました。

もともと101円で買い注文を入れていて、最終的に決済をした価格が103円なので、結果は2円の利益となります。

 
このように、価格の上昇に合わせてロスカットラインを引き上げていくことで、ロスカットをしても確実に利益を得ることが出来るようになります。

これこそが、トレーリングストップのメリットなんです!!

 
さて、トレーリングストップを有効に活用することで、「損失を最低限に抑えて、利益を伸ばせる」というメリットをお伝えしました。

でも、メリットもあればやはりデメリットもあるんです・・・。

トレーリングストップのデメリット

トレーリングストップを活用する際に、注意しなければいけない点もあるので、次はデメリットについて解説していきます。

トレーリングストップのデメリット

上図をご覧ください。

注意しなければいけない点というのは、価格の上昇に合わせてロスカットラインを切り上げたことで一時的な押し目(上昇トレンドにある相場が一時的に下がったとき)でロスカットラインに達してしまい、決済してしまうことです!

図の場合であれば、114円で買い注文を入れて、最終的には115円で決済しているので1円の利益にはなっています。

でも、手仕舞いをした後に相場はまた上昇してきているので、もしも115円の位置にロスカットラインを設定していなければ、もっと多くの利益を生み出せたかもしれません。

 
このように・・・

トレーリングストップを活用して、ロスカットラインを引き上げていくことで大きな利益を取り損なう可能性があるというデメリットがあることも理解しておきましょう(^^)

トレーリングストップの効果的な使い方

ここまで、トレーリングストップの仕組み、メリット・デメリットについて解説してきました。

では、実際の相場で価格が上がったり下がったりしている中、トレーリングストップはどのような時に使えるのでしょうか。

トレーリングストップが使える局面というのは、主に2つあります!!

1.価格の変動に合わせて、ロスカットラインを調整する使い方

2.価格の急騰、急落の反発を狙ってエントリーするポイントとしての使い方

です!

ここでは、それぞれの使い方について具体的に説明していきます(^^)/

トレーリングストップを使った注文例1

トレーリングストップ注文例1

上図では、買い注文を入れる時に買値から-2円の位置を、最初のロスカットラインに設定しました。

エントリーした後は、価格が上昇した分だけロスカットラインも引き上げていきます。

ケース①は価格が107円の時に、買い注文を入れたため、最初のロスカットラインは105円となりますね。

上図のように、価格は細かい上下を繰り返しながら、徐々に上昇していることが分かります。

価格が上昇している途中で、一時的に下がっている時もありますが、ロスカットラインの「高値-2円」の位置まで下がっていない時には、決済はしません!

そして、上図のチャートを見てみると価格が118円まで上昇した後に、もみ合いの相場がしばらく続いて、最終的には高値が118円を付けた時に設定したロスカットラインの116円まで下がったところで決済となっています。

具体的な例として、

今回のトレードを1万通貨で行った場合の結果が、上図にあるように90,000円の利益となっています(^^)

◇107円で買い注文  →   決済したのが116円

1万通貨 × 9円(116円-107円) = 90,000の利益

仮に、上昇している途中の一時的な下げで決済してしまっていたらここまで大きな利益をとることは出来ません!

では、次を見てみましょう( ^^) /

トレーリングストップを使った注文例2

トレーリングストップ注文例2

上図のチャートの右端の部分が、現時点での価格だとした場合に、この後価格が下げ切ったポイントで反発を狙って買いを入れるという戦略でトレードを行ったとしましょう。

このときに、価格がどこまで下がるか分からないので、下げ切ったところ(安値)からいくら価格を戻したら、買いを入れるという方法でトレーリングストップを使います!

トレーリングストップ注文例2

今回は、安値から1円反発したところで、買いを入れます。

上図のチャートを見てみると、価格が徐々に下がってから、一度上昇しましたが、その後に価格は4円ほど急落して、101.2円という安値をつけました。

するとすぐに価格は上昇して、安値+1円の102.2円まで達したので、買い注文を入れました。

 
このような形で、価格が急落したポイントの反発を狙って、価格が上昇してきたポイントで買いを入れることで、利益を最大化することができるんです!!

今回出した具体例は、

〇価格が上昇しているときにロスカットラインを調整する方法

〇急落からの反発で、買いを入れるための方法

この2つを解説しましたが、どちらも逆の場合でも同じように活用することが出来ます!

つまり、トレーリングストップは上昇相場でも下降相場でも活用できるので、使い方をマスターすることで、買いでも売りでも利益を狙えるんです(^^♪

まとめ

今回は、トレーリングストップの基本的な特徴、仕組み、具体的な例を出して
使い方について解説していきました。

みなさん、いかがでしたか(^^)/?

最後に、トレーリングストップについて簡単にまとめると、

・時間軸が進むにつれて、損切りラインの位置をずらしていく手法
・損失を最小限に抑えながら、利益の最大化を狙う注文方法
・トレンドに乗った時に利益を伸ばしやすい注文方法
・価格の変動に合わせて、ロスカットラインを調整する使い方と反発を狙ってエントリーするポイントとしての使い方がある
・一時的な価格の反発によって、利益を取り損ねるという可能性もある
・買いでも売りでも利益を狙える

このように、トレーリングストップには有効に使えるメリットとデメリットがあります。

この2つの局面をしっかり理解した上で、トレードに活用していただければ、利益を守りつつ上げていけるのではないかと思います!

また、このトレーリングストップを使ったトレードをマスターするためには、相場に合わせたトレーリングストップの位置を、自分で設定できるようになることが大切になってきます。

これは実際に自分でトレードを行いながら、学んでいくものだと思うので是非、実際にトレードで活用していただいて、使い方をもっと知っていただけたら嬉しいです!!

また、トレーリングストップのように、大きく利益を狙っていきたい方にはこちらの無料講座がオススメです!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この講座では、10万円をたった1年で1200万円にした脅威のトレーダー
関野典良氏から、トレンドからごっそりと大きな利益を取る「トレンドフォロー手法」を学ぶことが出来ます。

今ならメールアドレスの登録だけ無料で学ぶことができるので、ぜひこの講座で学習してみてくださいね!

追伸

この記事はクロスリテイリングで会員さまのサポート業務を行っている、
スタッフHが作成いたしました!
引き続き、あなたのトレードに役立つ情報を発信してまいりますので、ぜひお楽しみに!

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. 3分で分かる!チャート攻略
  3. トレーリングストップを利用して利益を賢くゲットしましょう!

PAGETOP