1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ダイスケ
  4. 10月からの相場でチャンスを利益に!

10月からの相場でチャンスを利益に!

10月からの相場でチャンスを利益に!

こんにちは。ダイスケです。

8、9月は夏枯れ時期とはいえ、ファンダメンタルズ材料がそれなりに多かった割には、
流動性は低かったです。

ドル円に関してはなんとか113円ミドルへ乗せましたが、特段大きな材料があったわけでもなく、米ダウの高値更新につられた形です。

ただ勢いはあるので早々115円台へ向かうと思いますが、その辺で一旦勢いは衰えるのではないでしょうか。

なぜなら、テクニカル的にも115円周辺は長く揉まれていたポイントでもあり、且つファンダメンタルズ的にも、急激なドル高は自国通貨高を嫌がるトランプ大統領のカンに触れる可能性もあります。

ドル円 週足

ドル円週足チャート

更に11月には米中間選挙も控えているので、ここでマイナス材料を増やすわけにはいかず、意地でも株価上昇を止めたくないはずです。

よって今回のドル円上昇において、勢いこそありますが高値は限定的だと思います。

又、市場ではトルコリラネタが長引いていますが、小出しの政策に関してそろそろ飽きられてくるタイミングです。

また同レベルの急落が訪れるのには、国家崩壊級(デフォルト、金融破たん等)の材料が必要となるでしょう。

とはいえ現状下げ止まった感はないので、安易に値ごろ感だけの買いポジ形成はお勧めできません。

大きなスワップ金利が魅力的に映るのはわかりますが、金利差狙いを完結させるには、より豊富で潤沢な資金力が必要になってきます。

よって今回のような急落が起こった際、個人投資家の多くが耐えきれなくなって強制決済となります。ルールに従ったトレードで損切りしたならまだしも、政局不安や政治要因など、計り知れない理由で損をするのは悲しいですよね。

自分はFXにおいて、今後どんなに高金利の通貨が出てきたとしても、結果、差益に勝る期待値はないと考えています。

今週からは早くも10月ですが、9月の動きが悪かった年の翌月は、年末にかけて経験則上トレンドが出やすくなります。

もちろんこれらはアノマリーの一種なので、テクニカルロジックが一致しない限りポジションメイクは行いません。

ですが、時期的要因というのは毎年それなりに的中していて、且つヘッジファンドのトレーダーや機関投資家など、相場を動かす力のある人々も多かれ少なかれ意識するので、まず知っていて損はありません。

特に1年を通して「10月」というのは、「急落」が起きやすい年と言われています。
現に世界大恐慌や、原因特定に困難を極めたブラックマンデーも10月に起きています。

要因は諸説ありますが、欧米の大手ヘッジファンドにおける決算の多くが11月にあり、その決算前のポジション整理が有力だと言われています。

勿論、このような売り機会が今年必ず起きるというわけではありませんが、歴史的なショック相場がこの時期にこれだけ集中していることを考えると、単にアノマリーとしてスルーしていてはいけないと思います。

これら歴史的なデータは、リスクヘッジを考える上でマネジメント材料にもなり、且つそれらに備えておくことで、日々のポジショニングにも細心の注意を払うことができます。

更に我々は買い一辺倒の投資ではなく、値下がりに掛けることもできます。

周囲が損をしている時でも、そのチャンスを利益に変えることが可能です。

数年に1回のショック相場は、多くの人にとってはその名の通り「ショック」ですが、特別な人にとっては「大チャンス」に変わります。

FXは正しい知識を学び、実践している人が勝って、そうじゃない人が負けます。

調査期間のデータによると、一般的にその割合はおおよそ、8:2
言いかえると、8割の負け組、2割の勝ち組、ということです。

「特別な人は2割しかいないのか・・・」と考えるのか、「特別な人は2割いるのか・・・じゃあ自分もなれる!」と考えるかは人それぞれです。

一生に一回の人生、どうせなら特別な人になりましょう。

2割に入りたい人は、基本的に8割と真逆のことをした方がいいです。

8割と逆のことを考えて、8割と逆のことを言って、8割と逆の行動をとりましょう。

8割のやること、言うことを聞いちゃだめです。
8割の人はあなたに「2割の人」へなって欲しくないので、足を引っ張ってきます。

「2割には入りたいけど、人と逆へいく自信がないよ」という人、自信は結果と共に後から付いてくるので、ご安心を。

さて、残り3カ月。
悔いのないトレードをしましょうね。

ダイスケ

最後にあなたへのメッセージ

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

損小利大のトレーダーを目指す上で、FXの学習を継続することはとても重要です。
たった一度の学習ですべてを習得できる人などいないでしょう。
また、相場の変化に対応するのも経験がものをいうはずです。

その意味で、私自身はもちろん、クロスリテイリングさんでも
日頃の学習が大切だと常々お伝えしています。

ぜひ今回の記事を最後まで読んでくださったあなたは、
引き続き学習を続けて、勝ち続けるための武器を手に入れてほしいと思います。

その上で、さらにFXの理解を深めながら利益を上げたい方には、
僕が現在、クロスリテイリングさんで講師をさせてもらっている
「ミリオネア・トレードFX」というコンテンツもオススメします。

こちらでは2種類のインジケーターと、僕のオリジナルツールを駆使した
トレードロジックを紹介しています。

FX初心者や、これまでなかなか稼げなかった方からすると、
複数のインジケーターやオリジナルツールの導入と聞いて
「複雑なんじゃないか」と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、実際に無料でコンテンツに触れてもらえば
そのシンプルさと、1回のトレードで大きく稼げるロジック内容を
肌に感じてもらえることでしょう。

わかりやすい内容でありながら、大きく稼げる「ミリオネア・トレードFX」は
当然しっかりとリスク面にも目を向けていますので、
私のこれまでのトレードスキルの集大成ともいえます。

これからFXを学習しようと考えている方、
なかなか利益を積み重ねることができず悩んでいる方、
ぜひこのコンテンツによって、FXのスキルアップにつなげてみてください。

このロジックを習得することで、
損小利大のトレードを実現することも難しくありません。

FXで今よりも稼ぐ力を身につけたいのであれば、
ぜひ「ミリオネア・トレードFX」で継続学習をしてもらって
「ミリオネア(資産1億円)」を目指しましょう。

ミリオネア・トレードFX

この記事を書いた人のプロフィール

daisuke

ダイスケ

ヘッジファンド流のトレード手法で7年連続でFX年間8,000pipsを獲得するトップトレーダー。これまで約2000名のトレーダーを育て上げた実績を持つ。初心者が扱えるレベルに落とし込んだヘッジファンドの手法をロジック化したその実力のほどは、指導してきたトレーダーの数が物語っている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ダイスケ
  4. 10月からの相場でチャンスを利益に!

PAGETOP