1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 機関投資家が実践する、ニュースを活用した驚くべきトレード方法とは!?

機関投資家が実践する、ニュースを活用した驚くべきトレード方法とは!?

機関投資家が実践する、ニュースを活用した驚くべきトレード方法とは!?

こんにちは、藤田と申します。

いつも実践FX記事に目を通して頂きありがとうございます。
今回で第8回の記事になります。

機関投資家はどういった形で時代を分析し、どのような状況で相場参入して利益確定もしくは損切りをしているかを実践的にお伝えしていきます。
分析の考え方について過去の記事も合わせて参考にして頂けると幸いです。

それでは、先週の市場を振り返りながら、どこでエントリーし決済したのかを解説していきたいと思います。

先週の前半は、ドル円相場は窓を開けて開始しました。その理由として、1日のNY時間に報道されたロシアゲート問題が誤報だった事をアメリカのテレビ局が認めたからです。
ロシアゲート報道直後は、急落して市場はクローズしています。その分、誤報(フェイクニュース)の反動も大きくなり市場は振り回された形です。
窓開け後は、目立った買いも売りもなくドル円相場はじり安の展開ですが、水曜日のNY市場で流れが出てきます。発端となったのがサウジアラビアの汚職事件で159人が拘束された、というニュースで、海外勢は売りで反応します。
翌日の東京市場では、トランプ大統領が首都をエルサレムに認定しアメリカ大使館を移転するといった報道がされ日経平均が今年で最大幅となるおよそ445円安で引けました。
ドル円相場も歩調を合わせるように下落し、窓開け分の上昇をすべて吐き出す形となりました。夕方から欧州勢が参入して下落が加速すると思われましたが112円から相場が膠着してきます。この日は欧州の開始からNY市場の終わりまで相場が112.03円から36円というわずか36pipsで終えています。
木曜日からは、週末のアメリカ雇用統計を意識したポジション調整が出始め、ゆっくりと上昇に転じています。その流れが雇用統計前まで続き、発表直後こそ下振れしましたが、指標の数字も良好だったことから113.49円でNY市場を終えています。

それでは、今回もそれら情報を基にチャートに当てはめていきましょう。

15分足のドル円

上記画像は、ドル円相場の15分足チャートになります。左の水色枠は、深夜24:30以降の価格幅になり、およそ112.87-63円になります。
2つのラインを引き112.63以下の価格推移は売りの時代、112.87円以上は買いの時代と設定していきます。
今回、何故このサウジアラビアのニュースを重要視するかというと、中東では莫大な資産家が多数いてそのお金を株式や通貨などあらゆる投資をしているからです。
少し前に逮捕された、アルワリード王子は数兆円ともいえる株式資産や、Twitter最大株主の一人として名を連ねていました。これを連想するとサウジアラビアの事件が、株式に影響を与えるのは想像しやすいと思います。

最近では、経済指標の数字の良し悪しでは相場が反応しにくくなっており、こういったヘッドラインニュースを駆使して

15分足のドル円

実際の取引では、上記の一番左の赤い枠で、112.60円で売りエントリーし、決済は青い枠112.10円で決済し50pips獲得に至っています。
他にも記事には載せていない細かいトレードをしていますが、先週の核となる部分は、派手さはありませんが上記のトレード合計50pipsとなっています。

今回のドル円相場については、サウジアラビアというニュースを活用したトレードを実践的に紹介させて頂きました。
サウジアラビアの汚職問題が、中長期で株式や通貨市場にどれだけ影響を与えるのかは、未知数ですが短期的には反応する材料になってきています。
FXでは、小さな時代の流れは良く起こり、それら流れは50pipsから100pips程度の値幅はあるのでトレードテクニックを磨き上げればサクサク稼ぐ事が出来る投資だと考えています。
反対に、大勝ちを狙い大きな時代の流れを掴もうとすると、もし予想と反対方向に価格が動いた時は、大きな損失だけでなく機会損失にも繋がります。
日経平均3万円やドル円120円という声も聞こえますが、数日という近い未来に対して着実にしっかりと投資するスタイルを身に付けてみてはいかがでしょうか。
そうすれば、今の価格が高値圏であっても安値圏であっても臨機応変に対応できると思いますし、高値圏でもすぐに売却出来、結果として資産を防衛する事にも繋がると思います。

藤田があなたに伝えたい事は、株式や通貨には一定のルールがあり、それに基づいて整合性を持ってトレードすれば利益を残せるという事です。
負けが続くトレーダーや収益が伸びないトレーダーでも、きっかけや小さな気付きがあれば劇的に世界が変わると思います。

では、きっかけや小さな気付きとはなんでしょうか。
私は「ルールの理解」と考えています。
ルールとはレバレッジや注文方法の操作を指すのではなく、価格が上昇又は下落、の構造を規則性といったらお分かり頂けると思います。
この規則性を気付けるかどうかが、成功する投資家の分かれ道ではないでしょうか。

私は、20代半ばの頃に累計で1000万円の損失を出し想像を絶するほど苦しんだ時期がありました。
当時の心境を振り返ると「すぐに結果が欲しい」という即金主義だったのですが、大きな損失の経験から考えを改め、今すぐお金を増やす事よりも相場の下準備をし技術を磨く事に専念し、今に至ります。

FXに限らず投資の世界では、結果よりも過程に重点を置きトレードテクニックを磨いた後にレバレッジをかけて大きく稼いでいけば良いのではないでしょうか。

FXは失敗と成功がとても分かり易いです。
失敗した分だけ成長の伸び代も大きくなります。

先ずは、FXの価格が変動する仕組み、ルール(規則性)を理解し、期待値を高め試行回数を増やしてトレードしていきましょう。
直感や感覚で勝負するのがギャンブルであり、下準備し過去のデータを基に、勝つ確率を高める事が投資と考えています。

私自身まだまだ未熟ですが、あなたと私でFXトレードを研鑽を出来る日を楽しみにしています。
共に技術を身に付け、ライフスタイルの質を高めていきましょう。

次回も「投資の最前線では、何が起こっているか」お伝えできればと考えています。
今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

最後に

現在私は、クロスリテイリング株式会社さんより、「秘密のスマホトレード手法」というコンテンツで出させていただいております。

この講座では、スマホで年間5000万円を稼ぐためのノウハウを無料でご紹介しており
「FXを始めたいけどパソコンでやるのは難しそう…」と思われている方々から絶賛の声をいただいております。

今回の記事をご覧になり、FXに興味を持たれたあなたも、ぜひスマホ1台でFXを始めて、お金持ちを目指してみませんか?

秘密のスマホトレード手法

この記事を書いた人のプロフィール

fujita

藤田昌宏

元機関投資家としてFX歴と投資歴をもつ個人トレーダー。相場の確率論を調べあげ、その実績・経験の中からスマホで簡単に機関投資家のプロの手法でトレードができる「Smart Professional FX スマプロFX」を開発。テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、そして禁断の第三の分析方法で初心者でも簡単に取り組めるFX教材として非常にシンプルな手法を作り上げた。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 機関投資家が実践する、ニュースを活用した驚くべきトレード方法とは!?

PAGETOP