1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. FX-Katsu
  4. サポレジラインが機能している相場は利益獲得の大チャンス!ラインを活用したトレード戦略について

サポレジラインが機能している相場は利益獲得の大チャンス!ラインを活用したトレード戦略について

サポレジラインが機能している相場は利益獲得の大チャンス!ラインを活用したトレード戦略について

こんにちは!

FX-Katsuです^^

前回の相場分析で、
ドル円で大チャンスの到来か!
と解説しましたが、

残念ながら来ませんでした・・・

ドル円の日足チャート

サポレジラインを上にブレイクすれば、
直近の高値まで約400pipsの空間を
狙うことができたのですが、

戻されちゃいましたね汗

なので、ドル円相場は手をつけず、
相場を見守っていきましょう!

またドル円の相場に動きがあれば、
解説していけたらと思います。

さて、今回の相場解説ですが、
売りチャンスの通貨ペアがございますので、
そちらを解説していきたいと思います。

ユーロドルと豪ドル米ドルは売りチャンスが来そうですね^^

売りチャンスが来そうな通貨ペアは、

・ユーロドル
・豪ドル米ドル

こちらの2つです。

まずはユーロドルの日足チャートを見てください。

ユーロドルの日足チャート

日足ベースでは上昇していたのですが、
サポレジラインを下にブレイクしました。

さらに、現在もラインに支えられているので、
もしかするといま支えられているところから
反発してさらに下落する可能性が出てきましたね!

つまり、 サポレジラインの反発を狙った
戻り売りで利益を狙いやすくなります。

僕も戻り売りのチャンスが来ましたら、
スキャルピングで積極的に利益を
狙いにいきたいと思います^^

また、豪ドル米ドルも同じことが言えます。

豪ドル米ドルの日足チャート

こちらもサポレジラインが機能していますので、
戻り売りで利益を狙いにいきたい相場ですね!

売りチャンスがひとつの通貨ペアだけではなく、
2つもありますね!

それだけ利益を狙いにいける可能性というのが、
現在訪れているんですよね。

ですが、相場はどうなるかわかりません。

今回のドル円のように、
結果としてチャンスではなかったということは
当然のようにありえますので、

ここで売りで狙いに行くと
結果として相場が上昇してきた・・・
なんてこともありえます。

焦らずに、戻り売りのチャンスを確認してから、
売りで利益を狙っていきましょう!

それでは本日は以上となります。

良い週末をお過ごしください^^

最後に

僕は今、一般社団法人日本投資家育成機構(EOJI)に所属しており、
「秒速スキャルFX」というコンテンツの講師をしております^^

こちらの講座で、僕の「1分足スキャルロジック」について
無料で学ぶことできます!

受講はこちらから!↓↓
秒速スキャルFX無料講座

僕の1分足スキャルロジックの魅力は、

1.ゲーム感覚で楽しみながら、
3連続、4連続コンボと「秒速」で利益に変える!

2.毎日約70回のチャンスがあり、
忙しい人でもスキマ時間に利益を生み出せる!

3.ロジックがすごくシンプル!
FX初心者の方でも大丈夫!

と、自慢のロジックです^^

実際に僕のロジックを使っている方からも
喜びの声もたくさん届いています。

■「初回から破竹の15連勝で165pipsです!」
(阪本 春治様)

■「11勝3敗、過去最高の勝率です!
(豊田 直さま)

■「1週間で1万6,000円の利益!
(宮島 良太さま)

■「9戦7勝!すぐ利益になるのもいい!
(馬場 一弘さま)

■「ストレスなく1週間で82pips獲得!
(大場 正広さま)

■「1週間で300pips!出来過ぎです!」
(井口 大樹さま)

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
僕の1足ロジックを学んでいただき、

「FXは楽しく稼げる」

ことを実感していただけますと嬉しいです!
今なら無料で受けられるこの講座を、ぜひ受講してみてくださいね!

秒速スキャルFX無料講座はこちら!

この記事を書いた人のプロフィール

fxkatsu

FX-Katsu

日々、激務をこなしながら、ちょっとしたスキマ時間を活用し、1分足ロジックで利益を上げる、日本でも有数のトップトレーダー。通勤時間にスマホだけでトレードをし、月利50-100%を安定して上げることにも成功した。まさに、サラリーマンの救世主ともいえるトレーダー。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. FX-Katsu
  4. サポレジラインが機能している相場は利益獲得の大チャンス!ラインを活用したトレード戦略について

PAGETOP