1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 山口孝志
  4. 素直にトレードすれば、利益は上げられます

素直にトレードすれば、利益は上げられます

素直にトレードすれば、利益は上げられます

山口孝志です。

今回は、“素直さ”をトレードに取り入れる重要性についてお話ししてみたいと思います。

相場というものは、非常に素直にできていると私は考えています。

素直にできている、というのはどういうことか簡単に説明すると、
一度ついた方向性は続いていく。
つまり、トレンドは継続しやすいということです。

それならば、そこに素直に従えばいいんです。

私がいつもお伝えしている、トレンドに従ってトレードを行うということですね。
トレードを行うときは、まずこれを念頭に置いてください。

FXの相場の性質として、トレンドの継続性が高いということは、
お伝えしていますよね。

「相場の方向性が定まったら、その方向性が継続しやすい」

ということは、
相場に逆らったトレードは不利であり
トレンドに沿ったトレードは有利であると考えられます。

つまり、上昇トレンドであれば
素直に買いでエントリーを行えば有利であるという考えになるわけですが、

日本には、なかなかそれを実行できないトレーダーが多いんです。

相場が上昇していたら、
「上昇が続いているから、そろそろ下落するんじゃないか」
という、いわゆる逆張り発想に至るトレーダーが多くいるんです。

過去相場を見れば、上昇、または下落が長く続いていることがわかるので、
それに乗ればいいと頭では理解することができますが、

先が見えないリアルタイムでの相場だと、どうしても不安に感じてしまうのだと思います。

しかし、相場の天井と底は誰も見抜くことができません。
いくら予測しても無駄なんです。

先ほど、
「トレンドは続くと頭でわかっていても、
先が見えない相場ではその流れに乗るのは不安なのではないか」

という推測をしましたが、

先の見えない相場では、
「トレンドがそのまま続くのか」
「そこが天井(底)で、トレンドが転換するのか」
どちらも予想することはできません。

にも関わらず、日本には、
そこが天井、もしくは底なのではないかと考え、
逆張りでエントリーを仕掛けるトレーダーが多いんです。

相場は誰にも予測することは出来ません。

それならば、可能性の高い、
つまり勝率の高い方法でエントリーしていくほうが、
圧倒的に有利
だと言えます。

それでは、素直に相場の流れに沿ってトレードしていくためにも、
なぜ、相場の流れに沿ってトレードすることが有利なトレードになるのか
説明していきたいと思います。

例えば上昇トレンドの時、
相場は上がったり下がったりを繰り返し、
高値と安値を切り上げながら進んでいきますよね。

相場が上昇して、一時的に下がるものの、支えられて
さらにまた上昇していく。

ここで下げ止まるのは、もっと広い時間足で相場を見ているトレーダーの、
“長期足でのトレンド”に沿った買いポジション”に支えられているからなんです。

私が時々上位足のトレンド方向も加味しているのはこのためです。

一時的に下落したとしても下げ止まる、買いに支えられたということは、
その段階では、売りの勢いより、買いの勢いのほうが強いということなんです。

この場合、買いと売り、どちらで攻めれば高勝率が望めるのかはお分かりですよね。

相場というのは、買いと売りの強弱関係によって、形成されています。

売りより買いのほうが強ければ上昇しますし、
買いより売りのほうが強ければ下落します。

それならば、買いの勢いが強ければ、
相場の多数派である買いの流れに乗るほうが、圧倒的に有利なんです。

もちろん、逆張り的な発想でも利益を出すことが可能なロジックはありますが、
順張りに比べて勝率が低いことは明白です。

ただ、順張りでトレンド方向に沿ってトレードしたとしても、
負けてしまう場合ももちろんあります。

相場に100%はないので、それは仕方のないことですし、
“必ず起こりうるもの”と捉えなければなりません。

その時は、すぐに損切りをして、素直に負けを受け入れることが大切です。

間違っても、自分の思惑通りに相場が動かなかったからといって、
相場が戻ってくるのを待ったり、負けを取り戻そうと、
無茶なナンピンや、高ロットでのエントリーは行ってはいけません。

冒頭でもお伝えしましたが、トレードで利益を上げ続けていくためには、
素直になる事が大切です。

“ここで反転するだろう”と逆張りするのではなく、
素直にトレンドに合わせる。

相場が自分の思惑通りに動かなくても、
無理に負けを取り戻そうとするのではなく、
素直に負けを認め、損切りをする。

相場を無理に自分に合わせようとするのではなく、
素直に相場についていく。

ぜひこれらのことを意識して、トレードを行ってみてくださいね。
必ず、あなたのトレードはいい方向に向かっていくと思います。

今週のトレード!

ドル円5分足チャート

上記の画像は、4月11日0時頃のUSDJPY5分足相場です。
今回私はこのようにトレードしました。

それでは、いつも通り根拠を説明していきます。
ドル円5分足チャート

私が相場を見たときは、このような状態でした。
下落傾向だったので、トレンドラインを引いて様子を見ます。
ドル円5分足チャート

その後、再度トレンドラインに反発されたことを確認し、
陰線が確定した次の足でエントリーしました。

決済は、利益確保を重視して直近安値で行っています。

結果、約5分で9pipsの獲得です。

もちろん、エントリーした段階では、
相場が上昇するか、下落するか100%予想することは出来ません。

しかし、今回は上位足がレンジの中の下落、
そしてトレードした5分足ではトレンドラインに沿って下落していることを確認したので、
売りで仕掛けた場合、勝率が高いと判断しています。

損切りポイントは、直近高値に設定しているので、
仮に上昇したとしても、すぐに損切りを行えば問題ありません。

このように、トレードする際は、
相場の流れに合わせることを意識することが大切です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回お伝えした、トレードに”素直さ”を取り入れる重要性。

相場に合わせて素直にトレードするということは、
とても簡単なことのように思えますが、

いざトレードを行おうとすると、
様々な思惑や感情が入り混じり、恣意的な推測を行おうとしてしまいます。

しかし、あなたがどんな推測を行おうと、
相場は世界中のトレーダーの行動を反映し、動き続けます。

相場の動きは誰にも予測することはできません。

大切なのは、相場が自分の思惑通りに動くことを祈ることではなく、
あなた自身が相場に合わせて素直にトレードしていくことです。

ぜひ一度、相場に対する色眼鏡を外し、
素直にトレードすることを意識してみてくださいね。

この記事を書いた人のプロフィール

fxjin

山口孝志

クロスリテイリング株式会社の創業者であり、スキャルピング、FXライントレードを得意とするプロトレーダー。また、過去には約1年間のシグナル配信でおよそ1700人の会員資産を10倍にし、年間10,000pips以上を獲得した実績も持っている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 山口孝志
  4. 素直にトレードすれば、利益は上げられます

PAGETOP