1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 山口孝志
  4. FX初心者がぶつかりやすい壁と、壁を乗り越えるための効果的な方法!

FX初心者がぶつかりやすい壁と、壁を乗り越えるための効果的な方法!

FX初心者がぶつかりやすい壁と、壁を乗り越えるための効果的な方法!

こんにちは、山口孝志です。

今回は、初心者の方がぶつかりやすい壁と、その壁を乗り越える方法についてお話ししてみたいと思います。

今回お伝えする話は、FXの学習を行なっていると多くの人が直面してしまいます。
この壁を乗り越えなければ、利益を出していくことは難しいとも言えます。

しかし、今回お伝えすることをしっかりと理解して、これからの学習に繋いでいただければ、あなたのトレード成績やスキルは、劇的に向上していくでしょう。

壁にぶつかり、FXを諦めてしまう前に、ぜひ一度読んでみてください。

もちろん、初心者の方だけではなく、すでにトレードで利益を出されている方も、
この先、継続的に利益を上げ続けるために必要なテクニックをご紹介しているので、ぜひとも最後まで読んでみてください。

トレーダーが必ずぶつかる壁

トレードや学習を行なっていると、壁にぶつかる時があると思います。
実際私も、今こうやって利益を上げ続けられるようになるまで、何度も壁にぶつかってきました。

初めは順調にトレードできていたとしても、1回の損失でこれまでの利益を失ってしまったり、それ以上の損失を出してしまう。

あなたにもそんな経験があると思います。

なんとなく勝てるな、なんとなくこうだろう、とトレードしたり、
損切りをしっかりと置かず、ロジックが不明確な状態でトレードを行ってしまう。

相場はある程度の動きの上下があるので、エントリーした価格に戻ってくるということは、往々にしてあります。

なので、そういった性質を利用して、いずれ戻ってくるだろうと損切りを行わずに、たまたま利益が出ると、そこで勘違いしてしまうんですね。

損切りを置かなくても勝てるんだ、と無意識に思ってしまうんですね。

もし、あなたがこのような考えでトレードをしているのであれば、今すぐやめてください。

FXはレバレッジをかけてトレードをする以上、万が一の時のために、必ず損切りを置く必要があります。

しかし、いざ損切りを置くと、その損切りに引っかかってしまい、なかなか利益が出せない。
これが、初心者の方がまず最初に直面する壁です。

つまりは、ロジックやルールがしっかりと固まっていない状態でトレードを行ってしまう、ということですね。

利益を上げ続けるためには、まずはロジックやルールをしっかりと固めてトレードする必要があります。

ロジック通りにトレードしても勝てない?

しかし、私がいつもお話ししているように、完全にロジック通りトレードしたとしても、利益を上げられない相場は出てきます。

じゃあ、ロジックに意味はないのか?と思われるかもしれませんが、そうではありません。
これは、ある種ロジックやEAの、限界のようなものです。

相場というものは、1秒ごとに変化しています。
それに合わせてロジックを1秒ごとにアップデートできるかというと、それはできませんよね。

ですので、ロジックというものは相場の変化に追いつくことができないんです。

とは言え、我々は何かを指標にして、トレードを行っていかなければなりません。
その指標となるものが、他でもないロジックなんです。

我々に道を示してくれる、言わば指標のような役割を担ってくれるロジックですが
そのロジックが有効である相場と有効でない相場があります。
それならば、ロジックが有効なポイントだけトレードして、それ以外の相場は休む、ということができればいいのではないか、ということになると思います。

これが、次の壁です。

ロジックを使いこなしていくために必要なこと

ロジックが有効な相場、有効でない相場を選択するには、どうすればいいか。

私は、ロジックに、裁量を加えてトレードすることを推奨しています。
その中でも、ライントレードをロジックに組み合わせることが、最も有効性が高いと考えています。

相場にラインを引くと、相場の中で意識されているポイントや、
相場の方向性などを、視覚的に判断することが可能になります。

ロジックが買いのシグナルを出していたとしても、
ラインを引いた結果、相場の方向性が下落だった場合、勝率は下がってしまいますし、リスクの高いトレードになってしまいます。

逆に、ライントレードにおいて相場が上昇傾向の時に、ロジックとしても買いシグナルなのであれば、とても有効なものになるので、
レバレッジを上げたトレードを行うことも可能です。

これが、ロジックに裁量を加える、ということです。

もし、
「トレードが上手くいかない・・・」
[ロジックを使うこなすことができない・・・」
「利益を今以上に伸ばしたい」

など、「壁」にぶつかっていると思われた時は
ぜひともライントレードを学んでみてください。

今週のトレード!

ユーロドル5分足チャート

上記の画像はユーロドル5分足チャートです。
今回はこのように、売りエントリーでトレードを行いました。

それでは、いつものように根拠を解説していきます。

まず、私が相場を見たのは30分足で、このような状況でした。

ユーロドル30分足チャート

下段のレイヤーをレンジで三角保ち合いになりつつも推移していき、
上昇方向へ突破後、上段のレジスタンスラインに2度抑えられています。

1度目の抵抗を受けたところを見ると、MACDがデッドクロスとなっていることがわかったことと、この相場の形状から、ダブルトップとしてこれから下段のレイヤーへ相場が回帰するのではないかと考えました。

そこで、時間足を5分足として、売り目線でエントリー箇所を探っていくことにしました。

ユーロドル5分足チャート

ダブルトップの頂点から下落のトレンドラインを引き、ラインへの反発が3点目の陰線で売りエントリーを行いました。

そして、決済は中段のラインがダブルトップの回帰ラインであると判断して、
下落の足でラインをタッチした箇所で決済です。

約1時間ほどのトレードとなってしまいましたが、20pipsの獲得です。

今回はインジケーターをメインとするのではなく、裁量判断とライントレードの補助として使うようなトレードとなりましたね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ロジックは、FXで利益を出していくために、必ず必要な指標です。
しかし、逆を言うとロジックはあくまでも指標にすぎません。

ですので、利益を出していくためには、
ロジックが導き出す有効なシグナル、避けるべきシグナルを取捨選択していく必要があります。

そこで非常に有効になってくるのが、裁量技術、つまりライントレードです。

ライントレードは相場の本質に基づいたテクニックなので、あなたがどんなロジックを使っていても、ライントレードを組み合わせることによって、利益を伸ばすことや、リスクを軽減することが可能です。

この記事を書いた人のプロフィール

fxjin

山口孝志

クロスリテイリング株式会社の創業者であり、スキャルピング、FXライントレードを得意とするプロトレーダー。また、過去には約1年間のシグナル配信でおよそ1700人の会員資産を10倍にし、年間10,000pips以上を獲得した実績も持っている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 山口孝志
  4. FX初心者がぶつかりやすい壁と、壁を乗り越えるための効果的な方法!

PAGETOP