1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 【池田純の株式通信】サヤ取り実績紹介"3月1日~5月11日"

【池田純の株式通信】サヤ取り実績紹介”3月1日~5月11日”

【池田純の株式通信】サヤ取り実績紹介”3月1日~5月11日”

こんにちは、池田です。

今週は、実際に行なったサヤ取りの実績をお見せしていきたいと思います。

私の取引実績をご覧いただいて、少しでもサヤ取りに興味を持っていただければ幸いです。

それでは早速ご覧ください。

取引実績

現在私が保持している銘柄ペアと、決済済みのペアをまとめてみました。

下記ではその中でも特に利益率が大きかったものをご紹介します。

利益率の良い取引ペア

銘柄ペア 合計仕掛け金額 合計損益 利益率
ローム×昭和電工 1,470,400円 117,600円 約7.9%
SBI×日機装 6,697,400円 53,900円 約7.7%
UACJ×ゼンショー 1,132,300円 73,600円 約6.5%
九州電×シチズン 458,600円 28,900円 約6.3%

 
ローム×昭和電工のペアは、一回の取引で117,600円の利益ということで
かなり資金効率の良い取引ができました。

また、九州電×シチズンのペアも少ない資金で取引を行いましたが、
資金効率約6.3%となかなかの資金効率で取引することができています。

サヤ取りで取引するペアを決定するときは、
サヤに一定の開閉リズムがあることがとても大切です。

ご紹介したペアのサヤを見てみると、サヤがリズムよく開閉していましたので、
今回取引するペアとして選択しました。

サヤ取りは資金量が多くないと取引が難しいと思われがちですが、
PDFを見ていただくと、仕掛け総額が30万円のペアなどもご覧いただけると思います。

これからもこちらのとうし科でサヤ取りの手法、
サヤ取りの魅力をお伝えしていきますので、

敷居が高い取引手法だと敬遠せず興味をもっていただければ幸いです。

また、こちらの実績はできるだけリアル性の高いものを
今後も更新していきますので、次回も楽しみにお待ちください。

この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 【池田純の株式通信】サヤ取り実績紹介"3月1日~5月11日"

PAGETOP