1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"3月28日~5月25日"

サヤ取り実績紹介”3月28日~5月25日”

サヤ取り実績紹介”3月28日~5月25日”

こんにちは、池田です。

今週も、実際に行なったサヤ取りの実績をお見せしていきたいと思います。

前回から引き続き保持している銘柄ペアもございますので、
併せてご覧いただければと思います。

取引実績

以上が、3月28日~5月25日の間に保持していた銘柄ペアとなります。

そして、今回は現在仕掛け中の銘柄ペアの中から
合計利益が高いものについてピックアップしてみました。

現在仕掛け中の合計利益が高い取引ペア

銘柄ペア 合計仕掛け金額 合計損益 利益率
アイシン×大同特鋼 1,139,000円 54,000円 約4.7%
日立キャピタル×ユニプレス 1,326,000円 22,300円 約1.7%
日野自動車×HOYA 1,064,700円 37,000円 約3.5%
丸井G×博報堂DY 1,065,500円 23,400円 約2.2%

 

アイシン×大同特鋼

まず1つ目のアイシン×大同特鋼のペアですが、
こちらは前回から引き続き保持している状態となっています。

サヤが閉じるまでしばらくもたついた状態となっていましたが、
材料が出たおかげで一気にサヤが閉じました。

現在も若干横ばいの動きとなっていますが、
徐々にサヤは閉じてきていますので、
このまま手仕舞いルールにかかるまで保持しようと思います。

日立キャピタル×ユニプレス

 
次に日立キャピタル×ユニプレスのペアです。

こちらは勝率は良かったためエントリーをしましたが、
上記のペアと同様にサヤが閉じるスピードはゆっくりなペアです。

現在も若干サヤが戻ってきてしまっていますが、
しばらく様子を見ていきたいと思います。

日野自動車×HOYA

次は日野自動車×HOYAのペアです。

こちらは勝率も高く、相関のあるペアでした。
エントリー時もサヤが大きく乖離したところを捉えられたため、
大きな利益が期待できます。

このところ自動車関係の銘柄があまり良くないため
現在は少々横ばいな動きとなってきていますが、
1つめのペアと同じように
手仕舞いルールにかかるまで待ってみようと思います。

丸井G×博報堂DY

 
そして最後に、丸井G×博報堂DYのペアです。

こちらはもともと両ペアの相関は高くなかったのですが、
過去の乖離水準も突破し、きれいにサヤの天井をつけたため
エントリーをしました。

こちらも現在少々もたついてはいますが、
しばらく保持していこうかと思います。

最後に

さて、ここまで今週の実績をご覧いただきましたが、
いかがでしたでしょうか?

前回お伝えしたものと比較すると、
含み損を抱えているものが多いなと感じたかもしれません。

確かに4月は私の過去の成績を見ても
非常にいい成績を出すことができました。

ただ現在保持しているペアも動きはゆっくりではありますが、
徐々にサヤが閉じてきています。

損失が拡大したらきちんと損切りをすることも大切ですが、
含み損を抱えたとしても
いずれサヤは閉じるので、その時をゆったりと待てば良いのです。

サヤ取りは2つの銘柄を保有しているため、
個々の銘柄の動きに一喜一憂する必要が無いというところも
大きな利点になります。

個々の株価の値動きに翻弄される投資スタイルから
抜け出したいと思われている方にはもってこいの投資法ですので、

ぜひサヤ取り投資もあなたの投資の選択肢の1つとして
考えてみていただければと思います。

それでは、次回の実績更新も楽しみにお待ち下さい。

P.S.

下記のフォームからメールアドレスを登録していただくことで
こちらの記事の更新情報を定期的に受け取ることができます。

リアルタイムで生きた情報に触れるためにも
ぜひこちらからメールアドレスの登録をお願いいたします。(10秒で終わります!)

 

この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"3月28日~5月25日"

PAGETOP