1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取りのイメージとは

サヤ取りのイメージとは

サヤ取りのイメージとは

こんにちは、池田です。

今回は簡単に「サヤ取り」のやり方を説明していきます。

サヤ取りでは、2銘柄の相関性が高く、サヤ(価格差)が大きくなったり小さくなったりを繰り返している銘柄を選んで取引します。

下の図のように、ある時点でA社の株価が900円、B社の株価が600円となり、一時的に両社のサヤが300円と大きくなり仕掛けチャンスになりました。

この段階では相場が上がるか下がるかはわかりませんが、割高な「A社を900円で空売り」し、割安な「B社を600円で買い」を同時に行います。

数日後、相場が下がりA社が600円B社が500円にそれぞれ値下がりました。
この時、サヤが元の水準の100円にもどったので、同時に反対売買をして決済します。
こういった下落局面では、割高な株ほど下落率が高くなるという傾向もあり、サヤが縮小するわけです。

下落相場

サヤ取り

ここで着目するのは2銘柄間のサヤです。
300円あったサヤが元の水準の100円にもどったので手仕舞いをしました。
結果は、サヤが縮小した分の200円がサヤ取りの利益という事になります。

参考のため個別の損益を計算すると以下になります。

サヤ取り

2つの銘柄が、同じように値下がりしたにも関わらず、サヤ取りでは利益を出すことができます。

では、株価が上がっていたらどうなっていたでしょうか。

数日後、相場が上がりA社が1000円、B社が900円にそれぞれ値上がりしました。
この時も、同じようにサヤが元の水準の100円にもどったので、同時に反対売買をして決済します。
こういった上昇局面では、割安な株ほど上昇率が高くなるという傾向もあり、サヤが縮小するわけです。

上昇相場

サヤ取り

株価が上がった場合もいっしょで、
300円あったサヤが元の水準の100円にもどったので手仕舞いをしました。
サヤが縮小した分の200円がサヤ取りの利益という事になります。

個別の損益を計算すると以下になります。

サヤ取り

最後に

このように、リスクヘッジしながらしっかり利ザヤを稼ぐ投資法のため、上昇相場はもちろんのこと、下落相場や大暴落でも、同じように安定して勝ち続けることができます。

株価に連動性がある銘柄の組み合わせにおいて一時的に拡大したサヤは縮小する確率が高く、結果として利益を得られる確率が高くなります。

売買のタイミングはサヤの拡大と縮小だけに注目すればよく、個別の銘柄の将来の株価を予想する必要がまったくありません。

サヤ取りでは一般にサヤが拡大した時に仕掛けて、サヤが縮小した時に手仕舞いします。
拡大したサヤは縮小する性質がありますのでその性質を利用して利益を得ようとする訳です。

仕掛けの後、サヤが更に拡大して損が発生することもありますが縮小する場合と比較して頻度は少なくなります。

サヤ取りは暴落など相場全体の急激な変化にも強い(損をしないあるいは損が小さい)という特徴があります。

売りと買いの両方で仕掛けていますので、株価が同時に同じ方向に変動する場合は利益と損失が相殺されて損が大きくならない訳です。

通常の株式投資に比べてサヤ取りは一般的に勝率が高くなります。
損することが少ないので投資資金を減らすことなく、こつこつと増やしたいという場合に打って付けの優れた投資法ですのでぜひあなたもサヤ取りを実践してみてくださいね。

P.S.

下記のフォームからメールアドレスを登録していただくことで
こちらの記事の更新情報を定期的に受け取ることができます。

リアルタイムで生きた情報に触れるためにも
ぜひこちらからメールアドレスの登録をお願いいたします。(10秒で終わります!)






 

この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取りのイメージとは

PAGETOP