1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. システムトレードの優位性とは

システムトレードの優位性とは

システムトレードの優位性とは

こんにちは、池田です。

本日は、「システムトレード」についてお話したいと思います。

継続を力にするシステムトレード

ルールどおりに淡々と売買して、小さな利益を着実に積み上げてゆく投資法を「システムトレード」と言います。

これは、未来を「予想しない」売買方法です。
ルールどおりの売買に予想は邪魔だからです。

勝ったり負けたりを繰り返すのは通常の売買と同じですが、確率的にプラスになるロジックを機械的に繰り返すので、長期間継続することで(最終的に)勝ちを積み上げることができます。

「システムトレード」には企業価値を計算したり、株価を予想する必要はなく、ただ機械的に売買を繰り返すだけです。
けっして楽しくはありませんが、継続期間が長ければ長いほど着実に、複利的(雪だるま式)に資産が増えてゆきます。

「システムトレード」の要点を一言で言うなら、何があっても「確率的に有利なことを継続する」ということです。

それは、時間を力にかえるやり方です。
たとえば年利30%を継続すれば、2年半で2倍、5年で4倍・・・と、数年ごとに倍倍で増えてゆき、20年でなんと100倍を超えます。

年利30%を逆に1日あたりに換算すると、たった0.1%程度です。
1日に何%も動く株価取引からすれば本当に微々たる利率です。

短期間での勝ち負けに一喜一憂せずに、この利率を長期的に継続することで、とんでもない利益を生むことになります。
「確率的に有利」ということは、つまりこういうことです。

「システムトレード」にサプライズはありません。
短期間で資産を倍増させるような、一攫千金の夢はありません。

しかし、長期的な視点で着実な資産形成を考えるなら断然「システムトレード」が有利なのです。

以前より、機関投資家はシステムトレードによって巨額な資産を運用してきました。
最近では個人投資家の間でもシステムトレードへの関心が高まってきています。

市場が良好な時も悪い時も一貫して稼げなければ、生涯資産を増やせないことに気づいたからです。

システムトレードは難しい?

世界的に著名なトレーダーの多くが書籍や講演で「システムトレード」を奨めると同時に、その困難さを強調しています。
個人が自分で「システムトレード」を始めるには、大変な知性と精神力が必要なのです。
予断をはさまずに売買することは人間には難しいからです。

感情(欲)をコントロールして機械的に長期間運用することは、非人間的過ぎるがゆえに難しいのです。
しかし、投資家の心理が勝敗の原因である以上、これは克服されなくてはならない問題でした。
実際株式投資の書籍には、投資家の精神修養の重要性を説くものがすくなくありません。

困難1:優位なルール(確率的に勝てるルール)を見つけるのが難しいこと

後付けで株価を説明できる曖昧な投資理論は世の中にあふれていますが、そのロジックを元に機械的に売買することが可能な本当の売買ルールは少ないものです。
シミュレーションでロジックを試すだけでも大変な労力です。

困難2:ルールを淡々と機械的に継続すること自体が非常に難しいこと

すでに述べたように、投資技術で最も難しいのは感情(欲)のコントロールです。
予想をしない売買を続けることは本当に難しいようです。
しかも10年も20年も淡々と同じことできますか?

困難3:株価を常に監視する必要があること

インターネットの普及で株式情報の取得はたいへん容易になりました。
しかし、常に株価をチェックすることは、職業的なデイトレーダーでもなければ実質不可能かもしれません。

一般の個人投資家でも携帯でこまめにチェックすることは、もちろん可能です。
しかし、本業や余暇を楽しめない人生では本末転倒ではありませんか?

私の手法では、個人レベルでのシステムトレードを可能にします。

システムトレードは、ギャンブル的な一攫千金を夢見る投資ではなく、じっくり着実に資産を増やす投資法です。
私は、この個人では難しかったシステムトレードをだれでも出来るようにしました。

気になる方は、ぜひこちらからお問い合わせください。
「お問い合わせフォーム」

それでは、次回の更新も楽しみにお待ちください。

最後に

本日の内容はいかがでしょうか。

投資で成功し続けるためには、日々、学習し続けることが重要です。
私自身もいきなり現在の知識を手にして利益を上げているわけではなく、やはり日頃の継続学習の賜物だと感じています。

こうした投資と学習の姿勢については私に限った話ではなく、クロスリテイリングさんでも常々おっしゃっている内容ですよね。どのような投資家にも、継続して学習することは重要なポイントになるんだと思います。
そうした考えの方向性が一致したからこそ、私はクロスリテイリングさんと一緒に、定期的に情報をお届けさせてもらっています。

ただ、継続学習が大切だといっても、いきなり難しいことを頭に叩き込まなければならないわけではありません。投資の学習というのは、コツコツと学習を積み重ねていくことで、難なく理解できるようになるものです。

まずは私の更新している記事を欠かさず読む、といったことから始めてみるのも十分に実りのある学習になるでしょう。
今後も私から発信する記事を読んで、投資知識を深めていきたいと考えてくださった方は、ぜひ下記のメールフォームに登録してみてください。

リアルタイムの旬な投資情報は、やはりいち早く触れることが必要不可欠です。
基本的な知識のみならず、最新の情報に触れながら相場と向き合うことが、投資家には欠かせない要素になります。そのための情報をぜひこの機会に手にしてみませんか?

メールアドレスの登録自体は10秒ほどで完了しますので、ぜひこちらで登録をお願いします。






↑こちらから登録できます↑

この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. システムトレードの優位性とは

PAGETOP