1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"11月16日~11月29日"

サヤ取り実績紹介”11月16日~11月29日”

サヤ取り実績紹介”11月16日~11月29日”

こんにちは、池田です。

今週も、私が実際に行なったサヤ取りの実績をお見せしていきたいと思います。

それでは早速ご覧ください。

取引実績

以上が、11月16日~11月29日の間に手仕舞いした銘柄ペアと、新たに仕掛けをした銘柄ペアになります。

期間 手仕舞い20ペア 仕掛け中43ペア
20171116-20171129 428,500円 205,600円

 
今回も市場効率化が働き、利益を積み上げることができたかと思います。
ペア選択肢と取引チャンスの多さを生かし、効率よく運用して参ります。

サヤ取りは、株価の変動に一喜一憂することがなく投資に対して常に冷静な判断ができます。

片張りの取引ではどうしても下記のように取引しがちです。

利益が出ている場合

今の利益を早く確定したくて早目に売ったら売った後で上がってしまった。
気持ちが大きくなり少々の下げは一時的な押し目と考え、売らずにいたら売り時を逃して利益が減ってしまった。

損が出ている場合

損がこれ以上増加しないよう直ぐに売ったら売った後で上がってしまった。
いずれ上がるだろうと売らないでいたらどんどん下がって塩漬けになってしまった。

株式投資をした人ならこのような経験は誰でもあるでしょう。
このように利益を減らしたり、損を大きくしてしまう行動は人間の欲と恐怖という感情があるからです。そのような感情により冷静さを失って失敗してしまう訳です。

サヤ取りの場合は、個別の銘柄の株価の上げ下げや、突然起こる相場の動きなどは関係ありません。2つの銘柄のサヤの変動だけが損益に関係しています。拡大した時に仕掛けたサヤが縮小するのをじっくり待っていればいいのです。

「サヤ取り」は個別銘柄の株価の変動に一喜一憂することが少ないので精神的にはとても楽になります。安定した精神状態で冷静な判断ができるので失敗が少なくなります。

目先の勝ち負けにとらわれず、平常心を保ちながら、長期視点で取り組んで頂ければ良いかと思います。

相場は膠着局面ですが、リスクヘッジをしながらコツコツと利ザヤを稼いで参ります。

それでは、次回の更新も楽しみにお待ちください。

P.S.

下記のフォームからメールアドレスを登録していただくことで
こちらの記事の更新情報を定期的に受け取ることができます。

リアルタイムで生きた情報に触れるためにも
ぜひこちらからメールアドレスの登録をお願いいたします。(10秒で終わります!)

 

この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"11月16日~11月29日"

PAGETOP