1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"3月8日~3月20日"

サヤ取り実績紹介”3月8日~3月20日”

サヤ取り実績紹介”3月8日~3月20日”

こんにちは、池田です。

今週も、私が実際に行なったサヤ取りの実績をお見せしていきたいと思います。

それでは早速ご覧ください。

取引実績

以上が、3月8日~3月20日の間に手仕舞いした銘柄ペアと、新たに仕掛けをした銘柄ペアになります。

期間 手仕舞い26ペア 仕掛け中34ペア
20180308-20180320 115,600円 271,800円

 
日経平均株価は不安定な動きをしていますが、相場環境に左右されず、市場効率化が働き順調に利益を伸ばしております。

サヤ取りは、全体相場の上昇・下落に関係なく、投資スタイルを変えずに利益を得ることが可能です。

メディアの情報、噂、心理に振り回されることなく、テクニカルに仕掛け・手仕舞いのタイミングが判断できます。

複雑な金融知識、投資理論も学ぶ必要がありません。
サヤチャートを良く観察してトレードするだけです。

サヤチャート上で、相関係数やサヤかい離等の情報や、サヤの動きを読み取ることができます。

相関係数が高く、売買シミュレーションで勝ち数が多いペアを優先し、サヤが短期で数多く開閉して、一定のレンジ内で動きの良いペアを選定します。

サヤが膠着したり、拡大トレンドのペアは避けた方が良いかと思います。
サヤチャートの綺麗なペアは、直感でもわかります。

仕掛け条件が全て揃うのが理想ですが、判断の基準を明確にして取り組んでください。

仕掛けは、過去のサヤ拡大時のかい離を確認して、焦らず、十分なかい離を待って実行しています。
サヤが開いても、更に拡大する場合がありますので、少し遅め位が良いかと思います。

資金量によって多少売買ルールが変わるかもしれませんが、大切なのはそのルールを守ることです。

デモでも構いませんので、取引回数を重ね、勝った時、負けた時のチャートパターンを頭に入れておいてください。

ペア選定、仕掛け・手仕舞いのタイミングの差は、それほどあるわけではありません。
微調整で大きく収益も変わってきますので、粘り強く、体験的に学んでいただければと思います。

サヤ取り投資について気になる方は、ぜひこちらからお問い合わせください。
「お問い合わせフォーム」

それでは、次回の更新も楽しみにお待ちください。

最後にあなたへのメッセージ

本日の内容はいかがでしょうか。

投資で成功し続けるためには、日々、学習し続けることが重要です。
私自身もいきなり現在の知識を手にして利益を上げているわけではなく、やはり日頃の継続学習の賜物だと感じています。

こうした投資と学習の姿勢については私に限った話ではなく、クロスリテイリングさんでも常々おっしゃっている内容ですよね。どのような投資家にも、継続して学習することは重要なポイントになるんだと思います。
そうした考えの方向性が一致したからこそ、私はクロスリテイリングさんと一緒に、定期的に情報をお届けさせてもらっています。

ただ、継続学習が大切だといっても、いきなり難しいことを頭に叩き込まなければならないわけではありません。投資の学習というのは、コツコツと学習を積み重ねていくことで、難なく理解できるようになるものです。

まずは私の更新している記事を欠かさず読む、といったことから始めてみるのも十分に実りのある学習になるでしょう。
今後も私から発信する記事を読んで、投資知識を深めていきたいと考えてくださった方は、ぜひ下記のメールフォームに登録してみてください。

リアルタイムの旬な投資情報は、やはりいち早く触れることが必要不可欠です。
基本的な知識のみならず、最新の情報に触れながら相場と向き合うことが、投資家には欠かせない要素になります。そのための情報をぜひこの機会に手にしてみませんか?

メールアドレスの登録自体は10秒ほどで完了しますので、ぜひこちらで登録をお願いします。






この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. サヤ取り実績紹介"3月8日~3月20日"

PAGETOP