1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 株式投資の常識とは一線を画す投資法

株式投資の常識とは一線を画す投資法

株式投資の常識とは一線を画す投資法

こんにちは、池田です。

本日は、株式投資の常識にとらわれず、
トータルで利益プラスの状態を続けていく
「サヤ取り」の優位性についてお話していきます。

プロを尻目に、眠ったお宝を見つけ出す

お宝発掘

サヤ取り投資の優位性の高いセールスポイントは、独自のロジックで世間が気付かないお宝ペアを発掘できることです。

海外の機関投資家やヘッジファンドの大口売買に振り回されている先物や為替マーケットと違い、まだ荒されていない果樹園の実である利益をじっくり確実に収穫・獲得できるのです。
つまり、通常の株式売買とは全く一線を画す運用方法といえます。

株式投資は、情け無用の厳しい世界です。
甘い考えのまま始めると、あっという間に身ぐるみをはがされてしまいます。

マーケットでは、プロと張り合わなければなりません。
個人投資家は、時間、知識、情報、資金量の面で不利な戦いを強いられているわけですから、まともに勝負をしても勝ち目はありません。

知人に東大卒の優秀なプロトレーダーがいますが、彼は、会社四季報の内容が全部頭の中に入っているというので驚きです。
そんな彼らに到底太刀打ちできませんので、プロと同じ土俵で戦わないことが賢明です。

株式投資の常識、王道にとらわれない、全く違った切口で利益を取っていくサヤ取りは、市場を横目で見ながら、市場に落ちているサヤをコツコツと拾っていく投資法です。

相関の高い銘柄ペアの一時的に乖離したサヤは、相場が上がるか下がるかには関係なく、市場効率化に従って本来の連動幅に戻る過程で少しずつ確実に利益化していきます。
通常から乖離した銘柄ペアを発掘し、資金効率を高めたまま仕掛け・手仕舞いを淡々とこなしていきます。

しかし、過去の相関性と市場効率化の観点から見て、ペア銘柄の割高のものは売られ、割安のものは買われます。
そして、いずれは売り買い両建てをした時点のサヤ(価格差)に比べてサヤは閉じていきますので、そのペア銘柄の含み損益は予定通りプラス化していきます。

このように、プラス化するのは時間の問題ですが、中にはもちろん相関性が崩れるものも出てきますので、そういったペアは、あえて塩づけにせずにルール通り損切りし、新しいペアで資金効率を高めた運用を継続していきます。

従って、たまに損切りマイナスが混じりながらも、ほぼ利益プラスが今後も続いていくという運用となります。

最後にあなたへのメッセージ

本日の内容はいかがでしょうか。

投資で成功し続けるためには、日々、学習し続けることが重要です。
私自身もいきなり現在の知識を手にして利益を上げているわけではなく、やはり日頃の継続学習の賜物だと感じています。

こうした投資と学習の姿勢については私に限った話ではなく、クロスリテイリングさんでも常々おっしゃっている内容ですよね。どのような投資家にも、継続して学習することは重要なポイントになるんだと思います。
そうした考えの方向性が一致したからこそ、私はクロスリテイリングさんと一緒に、定期的に情報をお届けさせてもらっています。

ただ、継続学習が大切だといっても、いきなり難しいことを頭に叩き込まなければならないわけではありません。投資の学習というのは、コツコツと学習を積み重ねていくことで、難なく理解できるようになるものです。

まずは私の更新している記事を欠かさず読む、といったことから始めてみるのも十分に実りのある学習になるでしょう。
今後も私から発信する記事を読んで、投資知識を深めていきたいと考えてくださった方は、ぜひ下記のメールフォームに登録してみてください。

リアルタイムの旬な投資情報は、やはりいち早く触れることが必要不可欠です。
基本的な知識のみならず、最新の情報に触れながら相場と向き合うことが、投資家には欠かせない要素になります。そのための情報をぜひこの機会に手にしてみませんか?

メールアドレスの登録自体は10秒ほどで完了しますので、ぜひこちらで登録をお願いします。






この記事を書いた人のプロフィール

ikeda

池田純

池田式・サヤ取り投資法の開発者であり、プロのプログラマー兼投資家。ユダヤ人が富を生み出してきた「サヤ取り投資法」に着目し、長年研究を続け、東証一部の株式投資で安定して利益を上げるサヤ取りの方法論を独自に確立。一部では「サヤ取り投資の神様」とも言われており、彼が生み出したサヤ取りツールは普通の主婦、サラリーマンが、資産1億円を目指せる奇跡のツールということで、噂が噂を呼び、投資での成功を目指す人たちが、毎日のように彼の元に殺到している。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 株式投資の常識とは一線を画す投資法

PAGETOP