1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ”初恋の味”誕生のキッカケはモンゴルの「酸乳」!?

”初恋の味”誕生のキッカケはモンゴルの「酸乳」!?

”初恋の味”誕生のキッカケはモンゴルの「酸乳」!?

みなさまこんにちは。
石井和夫です。

今週も経済関連の時事ネタや、知っていると得をすることなどを詰め込んで
お送りしていきます!

FXも含め投資に興味のある方へ、ためになる情報をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひご覧ください。


先週の市場振り返り

それでは先週の市場振り返りです。

1月8日~1月12日

日経平均 23714.88
TOPIX   1817.28

※1月15日時点の数値です。
 

日経平均は1月に入り怒涛ともいえる展開となっております。

外国為替は1ドル110円台と円高に推移しているのですが、
なぜか現物は24000円を意識するなど乖離も出ております。

方向性の見え難い為替市場と現物市場での乖離に注意を払いたいところです。

本来であれば現物市場が為替に左右されるのですが、
1月は現物市場が独歩的な動きを続けており、

どちらが値を合わせるか、
”サヤ寄せ”という現象がどこで出るのか注目です。

-株情報- その14

地味?あまり知らない企業を知ろうというこのコーナーも14回目となります。

第14回目は、「カルピス株式会社」 

について紹介したいと思います。

カルピス株式会社、会社の名前からしてあれですよね!

そう、あのカルピス!
子供も大人も大好きなカルピスの製造会社です。

2年ほど前にアサヒグループホールディングスの完全子会社となりましたが、
元は1712年に作られた国分グループの1つであり、
1916年に創業されました。

モンゴルの”ジョッヘ”という乳酸飲料を参考にして作られたものが
1919年に発売され、それがカルピスのもととなりました。

その後も販売は続け、2007年には従業員850名余、
売り上げ1000億円超となる一流企業となりました。

しかし、時代の波、企業の統廃合、世界に向けた戦略の1つとして
アサヒグループホールディングスへの子会社となっております。

「カルピス=会社の名前」というのも言われてみないと気が付きにくい、
日常生活の中に溶け込みすぎ、気が付けば当たり前のものとして認識されていた。

そんな商品を作り出した企業の1つがカルピス株式会社なのです!

当初所属していたグループは創業1712年の老舗企業グループ、
そして全ての国民が知っているといっても過言ではないカルピスの生みの親、
そんな企業のカルピス株式会社についての紹介となります。

次回の更新もお楽しみに!

最後にあなたへのメッセージ

本日の投資情報はいかがでしょうか。

株式投資に限定されませんが、投資や資産運用というものは日々の学習が大切です。

たった一度、利益が出たからといって、継続して稼げなければ資産が増えていかないのと同じで、投資家自身も毎日の学習を積み重ねていかなければ、安定して稼げるようにはなりません。

こうした「継続学習」の考え方は、私だけの捉え方ではなく、クロスリテイリングさんでも度々、お伝えしている投資家にとっての必要スキルですよね。

安定して株式で成功したいと考えているなら、ぜひ今回の記事を最初のステップと捉えて、定期的に情報をキャッチする習慣を身につけましょう。

しかし、毎日の学習といわれても、なかなか難しいという方も珍しくありません。
何から手を付けていいかわからない。気づいたら三日坊主になってしまった。
そんな悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、下記のメールフォームを活用してみてほしいと思います。

株式投資をこれから始めたい方にとって、また、すでに投資を行っている方の最新情報をキャッチする場として、私のお届けしている情報を役立ててください。
メールフォームに登録していただくと、最新記事をすぐにお知らせしますので、重要な情報を見逃さずに学習を続けてもらえますよ。

株式投資や株主優待で豊かな生活を目指したいと考えている方は、特にオススメしたい内容を今後もお伝えします。この機会に下記に登録して、理想の実現に向けた第一歩を踏み出してください!






この記事を書いた人のプロフィール

ishii

石井和夫

世界中を飛び回る世界一自由なトレーダー。トレーダーとしてのキャリアは長く、株・先物を含めるとこれまで15年間トレーダーとしての実績を持つ。初心者でも経験者でも同じように結果を出せる再現性の高さには定評があり、教え子はマンションや一軒家を購入できるまでに稼げるようになっている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ”初恋の味”誕生のキッカケはモンゴルの「酸乳」!?

PAGETOP