1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. トレーダーは日頃からの記帳が必須

トレーダーは日頃からの記帳が必須

トレーダーは日頃からの記帳が必須

こんにちは、北田です。
もうすぐ確定申告の時期ですね。

昨年に大きく儲けた人はもちろん、損失を被ってしまった人も、
確定申告は必ず行いましょう。

損失が出てしまった場合、
個人口座の場合でも3年間の繰り越し控除ができます。

昨年損失が出てしまい、今年大きく儲けることができた場合、
昨年の損失分を控除することができますので、
来年の確定申告時等で節税効果となります。

さて今回は、
「トレーダーは日頃からの記帳が必須」というお話をさせて頂きます。

利益を上げているトレーダーはケチ?

私自身、知人に多くのトレーダーが居るのですが、
その中で安定的に利益が出ている人も居れば、中々利益が出せていない人も居ます。

そして利益を安定的に出せている人の共通点は、
日頃のトレード成績はもちろんのこと、税金関係や自分自身の生活費等の支出、
また将来の資産設計に関して等、「記帳」を事細かにしているということです。

今年どのくらいの利益を出すことができたか、
その上で税金はどのくらい払わなければいけないか、

その結果、生活費はどのくらいに抑えておくべきか等、
非常に計画的になおかつ事細かに自分自身の収入と支出を把握しています。

そしてさらに損失が出てしまった場合にも備えて、貯金と投資の資金は分けておく

投資分の資金は、そこからさらにFX等のように為替差益を狙うようなアクティブ投資用と、
金利等安定的な収益を狙っていくような投資用に分け、
またその割合の調整等、細かく計算し運用しています。

そして日頃からどのような支払いに関しては控除できるのか、
どの時期に購入すれば少しでも税金を減らせるか等

常に考えながら購入を検討しています。

それ故に、利益が出ているトレーダーの多くは、
ケチが多い
という共通点もあります。

それは見た目には多く稼いでいるように見えても、
頭の中では、税金で支払わなければいけない金額や、
もし将来、損失を被ってしまった場合のこと等を考え、

できるだけ無駄な出費はしないようにしていますので、
周りからはケチに見えるのでしょう。

投資の神様として有名なウォーレン・バフェットも、
かなりケチで有名です。

周りからはなぜこんなにも資産が多くあるのに、
お金を使わないのかと思われていますが、

彼の頭の中には、
目先の無駄な出費、仮に1万円を浪費してしまった場合と、
その1万円を投資に回し、年利20%で20年運用した時のことを考えると、

運用結果は複利で運用したとき、1万円は20年後には30万円にもなっていますので、
バフェットから見ると、目先の1万円将来の30万円にも相当する金額と見ているのです。

20年ではなく、30年40年後と考えると、
目先の1万円の価値は、さらに大きくなっていきます。

このような考えを持っていると、
1万円を使う時も躊躇してしまうようになります。

記帳をクセづけて常勝トレーダーを目指す

利益を安定的に出しているトレーダーも多かれ少なかれ
これと同じような考えを持っており、
それにより無駄な出費をできるだけ抑えるようにしています。

逆にあまり利益を出せていないトレーダーは、
トレードの利益もどんぶり勘定で、

利益が出たら、今後も同じだけ儲けられると思ってしまい、
税金のこと等も当然考えず、贅沢をしてしまうようになります。

そしていずれは同じようには儲けられない時期が訪れ、
税金の支払い日が来てしまい、その時に慌ててしまうようになります。

今年大きく儲けて、来年損失を被ってしまっても、
来年は今年の収入に対して課税されるので、
税金の支払い分を考えずに浪費してしまうと、
来年は税金の支払いに非常に苦労する
ようになってしまいます。

また、税金のこともあまり考えていないので、
何が節税対策になるのか、控除できるのか等の知識も無く、
税金を本来よりも多く支払わなければいけない羽目になり、
お金が増えるどころか減る一方となります。

またトレードにおいても、記帳をしていないので、
自分がなぜ負けているのか、
さらにはどれだけ負けているのかさえ把握していない人さえ居ます。

色々な証券会社を使ってトレードしたり、
あるいはFXだけではなく、株やら先物にも手を出し、
今年の損失がどれくらいなのか把握できていない人も現実には居ます。

やはりそういう人は、負けている原因を追究することができず、
次のトレードでは取り返せるはずだと、根拠の無い自信でトレードするようになり、
レバレッジも無計画で上げていくようになります。

以上のことから、トレードで利益を出せている人と利益を出せていない人の違いは、
トレードが上手い下手よりも
この「記帳」が大きく影響してくると言っても過言ではありません。

利益が出ている状態でも、損失が出ている状態でも、
「記帳」をしっかりと行っていくことにより、

利益が出ていても税金対策をしっかりと行い、
その上で自分の生活費を決めていくことができますし、

損失が出ていても、なぜ自分が負けているのか把握できるようになり、
またそれが判明するまではトレードをお休みするといった
対策もできるようになりますので、
どちらの状況下でも、この「記帳」は非常に役に立ってきます。

この「記帳」というのは、
トレード記録を書いていくトレード日誌のことだけではなく、
税金のことや、自分の生活費、それから将来の資産設計も含まれます。

自分自身も常に税金のことを考えていますし、
また自分の生活費に関してもエクセル等でまとめ、
固定費や変動費等に分けて記帳するようにしています。

そうすることにより、無駄な出費を抑え、
そしてそのお金を資産形成に充てることができるようになっています。

できるだけ資金を資産形成に充当していく方が、
将来において大きな資産を形成できるようになります
ので、

やはり自分自身もかなり節約しており、
周りから見たらケチと思われているかもしれません。

しかしながらそうすることで、
将来の大きな資産形成ができていくということを、
日頃からの「記帳」により理解しているので、
今後もそのようにしていくつもりです。

もうすぐで確定申告の時期ですが、
現在利益が出ている人もそうでない人も、

この確定申告の時期をきっかけに、
「記帳」をしてみるということを意識してみると、

また今後の生活や考え方等も含めて
変わってくるのではないかと思います。

何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. トレーダーは日頃からの記帳が必須

PAGETOP