1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ドローダウンが続いたとき、あなたはどう対応しますか?

ドローダウンが続いたとき、あなたはどう対応しますか?

ドローダウンが続いたとき、あなたはどう対応しますか?

こんにちは、北田です。

先週は年度初め早々、荒れた相場となりましたね。

先週起きたこととして、ロシアのサンクトペテルブルクで地下鉄爆破テロ、北朝鮮が弾道ミサイル発射、そして米軍によるシリア爆撃等がありました。

また相場では、4日にはアルゴリズムトレードによってポンドドル中心に急な下落を見せ、5日の米3月ADP全米雇用報告ではポジティブサプライズでドルが大きく買われるも、

7日の雇用統計では、非農業部門雇用者数が市場予想を大きく下回りネガティブサプライズとなり、一時ドルが大きく売られた相場となりました。

元々先週の相場で注目していたのが、先週末に行われた米中首脳会談であり、また北朝鮮に対する地政学的リスクでした。

米中首脳会談の結果次第で(というより結果がどうであろうと)アメリカが北朝鮮に対して先制攻撃する確率が非常に高まっている状態でした。

時期的にも、5月9日に行われる韓国大統領選挙前まで、そして現在行われている米韓合同軍事演習が終了する4月30日まで、さらにアメリカの債務上限引き上げが決まらない場合は、4月29日から米国連邦政府機関が閉鎖されてしまいますので、その時までには先制攻撃があるのではないかと見られていました。

あとは米中首脳会談で表向きは、中国に対して北朝鮮への対応強化を求めるとしていましたが、実際には北朝鮮の戦後処理、領土問題等が話合われるのではと考えていた矢先、会談中に、シリアへの爆撃となりました。

北朝鮮のミサイル発射はいつものことですので、さほど為替変動に影響は無かったですが、アメリカのアサド政権に対するミサイル攻撃はさすがに市場はサプライズとなり、大きく円買いへと動きました。

また雇用統計と相関関係が最も強いと見られているADP全米雇用報告で市場予想をはるかに上回る数字が発表されたのにも関わらず、いざ雇用統計を迎えてみると、市場予想を大きく下回る数字となり、ここでもまた大きくドルが売られた結果となりました。

トレードを行う上でのリスクを把握する

このように先週は特にサプライズ的な動きや出来事が多く、それにより市場が大きく揺さぶられたのではないかと思います。

ただ、市場が大きく動こうとも、どちらか一方向に動いてくれれば、トレンドフォロワーにとってはまだ利益を取りやすい相場となったとも言えますが、

1ドル110円のラインが非常に強力に働き下げては戻す、下げては戻すという動きを繰り返し、市場参加者達を惑わせる動きが続いた一週間だったのではないかと思います。

下のチャート図はドル円1時間足です。

ドル円日足

先々週から110円のやや上20pips前後付近まで下げては反発、下げては反発を繰り返していることがお分かり頂けるかと思います。

このような相場状況下の中でさらに先週はサプライズ的なことが多いということから、非常にトレードし辛かった相場となったのではないでしょうか。

先週は米中首脳会談と雇用統計の発表が行われるということは、既に予定としてありましたので、こういった大きな出来事の前はトレードを控えるという方法も1つですが、逆に言えば大きな出来事というのは、常に予定として存在しております。

「そういった出来事の前は常にトレードを控える」ということは現実的ではありませんし、控えたとしても、今回のような地政学的リスクやその他突発的な出来事を完全に避けることは不可能です。

トレードをしていく以上は、何かしらのリスクを負いながらもトレードをしていく必要があります。

ドローダウンが続いたときの失敗

さて、このようにトレードを続けていると、どうしても先週のようなトレードし辛い相場に出くわし、そしてドローダウンを味わうことがあります。

このドローダウンを味わった時期というのが非常に重要でして、この時の対応の仕方次第で、今回の本題であります、トレーダーとしての真の力が問われる時となります。

トレードをしていて上手くいっている時は、よっぽどの初心者さんでない限り、ルール通りトレードできるでしょうし、適正なレバレッジでトレードし、損切りも適切に行えるでしょう。

ただこの損切りが3連敗、4連敗と続いてくると、多くの人が不安に駆られるようになります。

・もうこの手法は今の相場では通用しなくなったのではないか?

・このままトレードをし続けていても資金は減る一方となるのではないか?

・せっかく今までコツコツ増やしてきた資金がみるみるうちに減っていく…

・なんとかして取り返す方法は無いか?

と考えるようになります。

当然ですが、これはプロのトレーダーでも同様に考えるようになります。
ただその後の行動が大きく違うのです。

私自身トレードで上手くいっていなかった時は、連敗が続いたら、今使っている手法が使えなくなったと思い、もっと良い手法は無いか探していました。

そして今まで使っていた手法よりも良い手法(だと思い込んだ手法)を使って、今までの負け分を一気に取り戻そうとレバレッジを上げてトレードするようにしていました。

無事取り戻せた時もありますが、大抵は大きく損失を被ることになります。

この良い手法だと思い込んだ手法は、たいして過去検証もしてないですし、今の相場に通用するから持ってきた手法というわけではなく、ただ単に新しい手法だからという理由で持ってきただけだからです。

また仮にその手法で上手くいったとしても、いつかはまた連敗が訪れることになり、その時にまた同じように別の良い手法探しをするようになります。

ですので、この繰り返しをしている以上、資金が増えていくことはありませんでした。

自分を律してトレードを行う

では現在、私自身は連敗が起きた時にどうしているのでしょうか。

元々私自身は、手法やアレンジのアイデアを幾つも持っている、かつ仕入れており、また常にどの相場ではどの手法が有効か、こういった相場ではどのようなアレンジをして使うと有効なのかということを日ごろから研究し、備えています。

ですので、連敗が起きた時は、

1.感情的になって現在の手法を捨てるのではなく、
 過去検証によっていつかは調子が戻ることを知っているので、そのまま使い続ける。
 あるいは予め決めていたドローダウンラインまで来たらロットを低くして使い続ける。

2.1でロットを低くして使う場合、現在の相場に合った手法(あるいはアレンジ)を
 取り入れ併用していく。
 あるいは、その手法のみに絞ってトレードしていきながら様子を見る。

おおよそ上の1ないしは2の行動をするようにしています。

昔の自分と今の自分は、一見行動が似ているようですが、実は大きく違います。

それは、決して感情的になって行動していないということです。

感情的になって今の手法を捨てて、新しい手法を取り入れたり、感情的になって一気に取り戻す為にレバレッジを上げる等という行動は絶対に行いません。

あくまでも過去の統計に基づいて現在の相場で通用するロジックあるいはアレンジはどれかを常に考えながら運用しています。
連敗をして苦しいという感情は、自分も人間ですので当然出ます。

しかし行動には表しません。
感情は感情、行動は行動で別なのです。

そして上手くいっているトレーダーと、なかなか上手くいっていないトレーダーの違いは、どんな手法を持っているかや資金をたくさん持っているかではなく、このドローダウンの時にいかに自分を律し行動できるかが大きな違いとなって現れます。

そしてその為には、常にいくつかのロジックをストックし、かつ常に新しいロジックを仕入れ学習し、そのロジックをいつでも使えるように常に整備し、ドローダウン時にどういう行動を取るのか予め決めておくことが非常に重要になります。

ですので、現在使っている手法で上手くいっていても、リアルトレードと並行しながら、常に新しい手法を取り入れストックを増やし、その手法の研究をし続けてください。

そしてドローダウンに遭った時に感情的になって行動するのではなく、目の前の相場ではどのようなロジックやアレンジを取り入れたらいいかを過去の相場から統計的に考え、戦略を微調整し、運用していけるように常に備えておくことが重要になってきます。

今後はまだまだ北朝鮮情勢の地政学的リスクが続き、そしてフランスの大統領選挙、韓国の大統領選挙等、様々な出来事が控えておりますが、相場がどのように変動しようとも、常に自分の心まで揺さぶられることのないようにトレードしていきたいものです。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ドローダウンが続いたとき、あなたはどう対応しますか?

PAGETOP