1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自身の決めたルールを突き詰めていく

自身の決めたルールを突き詰めていく

自身の決めたルールを突き詰めていく

こんにちは、北田です。

先週トランプ大統領がとうとう「ドルは強すぎる」という発言を行いましたね。

朝鮮半島の地政学的リスクも相まって、
先週末までにドル円は108円台まで下落していきました。

つい先日までは111~112円台付近に位置していましたので、「108」と聞くと随分と下げたイメージになります。

その上でご自身の手法で売りサインが発生すると、ここから売っていくのは、心理的にも中々売りにくく、つい「108」という数字は安いという心理的思考が働き、エントリーを躊躇してしまいがちになってしまいます。

逆にトランプ大統領が登場する前までは、102~103円台に位置していましたので、その後トランポノミクスで大きく上昇してくると、「108」という数字が逆に高い数字に見えたのではないかと思います。

ドル円日足

ドル円日足

もしファンダメンタルズ分析を用いて、その上で今のレートは高すぎる、低すぎるという判断でトレードしているのでしたら、レートを基準にトレードをするということもありですが、テクニカル分析を使ってトレードしている以上、数字で判断して、高すぎる、安すぎるという目線で見てしまいますと、当然上手くいきません。

重要なのは、自分が何を基準にしてトレードしているのか、です。

投資の神様として有名なウォーレン・バフェットは、割安株や成長株を主に扱っているわけですが、株価チャートを見て、高値安値が切り下がっているから損切りをする等のようなことは決してしません。

会社が有望である限り持ち続けます。

逆にトレーダーは、いくらファンダメンタルズ的に高すぎるレートを付けていても、
目の前のレートが上昇しており、なおかつ自分で決めた買いエントリーサインが発生していれば買っていきます。

どちらが正しい間違っているわけではなく、それぞれの投資スタイルによるものですので、どちらも利益が出ていればその人にとって正しいということになります。

ただし、初めはテクニカル分析を用いてエントリーしたのにも関わらず、急に色々なニュース等を元に売買してみたり、テクニカル分析的には決済サインが出ているのにも関わらず、

自分の都合の良いニュースを取り入れ、ポジションを保有する理由にしたり、損切りを先延ばしにしたりしてしまうと、利益が得られるどころか、資金は減っていってしまいます。

自分のなかで明確なルールを持つ

バフェットの言葉に

「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。」

という言葉があります。

この言葉の通り、自分が何の基準でトレードしているのか、何の基準で相場を見ているのかが自分でも分からない状態で相場に入ってしまいますと、当然上手くいきません。

世の中には色々な投資スタイルがありますし、FXの世界だけでも、様々なテクニカル分析、判断基準があります。

どれが正しくてどれが間違っているということは無く、利益が出ていれば正しいという世界です。

そんな中で、自分自身はどのスタイルで相場と向き合っていくのか、どういった基準で売買していくのかを予め明確に決め、そしてその基準には絶対的に従って相場と付き合うようにしていかないと、それはバフェットの言葉通りリスクとなってしまいます。

ですので、もし現在まだ明確なルールを持っていないという方は、相場に入る前に、まずは明確なルールを自分の中で持つべきです。

そしてそのルールでトレードすると決めたら、とことんそのルールに従ってトレードするようにすると、そのルールがより洗練されていき、自分のものにすることができ、そして結果的には利益を出していけるようになります。

大切なのは、どのトレードスタイルでトレードしていくか、どのトレードルールでトレードしていくか、ではなく、

自分が決めたトレードルールにいかに貪欲に従い、そしてとことんそのルールを突き詰められるかです。

世の中には成功した投資家やトレーダーはたくさん居ますが、当然人それぞれ投資スタイルや考え方が違います。

しかし一貫して共通していることは、どの投資家、トレーダーも、自分自身の投資スタイルやトレードルールをとことん追求し、そしてその投資スタイルやトレードルールを頑なに守って相場と向き合っています。

だからこそ、それぞれのスタイルで成功したのです。

今後も、ニュース等で朝鮮半島情勢やフランス大統領選挙、トランプ大統領の発言等、様々なことが行われていき、そしてニュース等でも色々な予想を立てるコメンテーターや専門家の方達が発言されるでしょうが、僕達はあくまでもそれに惑わされることなく、自分自身で決めたルールを頑なに守り、トレードしていくことで相場で生き残っていけるのかなと思います。

何か参考になれば幸いです。

最後に

現在私はアジアやアフリカの貧困解決のために、社会起業家としても活動しており、貧困問題を解決するという夢を持っています。

そして、日本から成功するトレーダーを輩出し、一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていきたいという考えのもと、
クロスリテイリングさんの「勝利の黄金シグナル」というプロジェクトで講師を勤めさせていただいております。

このプロジェクトでは、初心者の方でも気軽に学ぶことができる、「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも利益を上げる「ダブルロジック」をお伝えしております。

多くの方が、この「勝利の黄金シグナル」で学んでくださり、ありがたいことに数えきれないほどの方々が、FXで利益を上げられるようになっています。

無料で受講することができるので、ぜひあなたも、「勝利の黄金シグナル」で、学んでみてください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自身の決めたルールを突き詰めていく

PAGETOP