1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. なぜ有事の時に円が買われるのか?

なぜ有事の時に円が買われるのか?

なぜ有事の時に円が買われるのか?

こんにちは、北田です。

本日4月25日は、北朝鮮の朝鮮人民軍創設85周年ということで、核実験が行われるのではないかと懸念されています。

7日の米軍によるシリア爆撃では、円が大きく買われたように、有事の際には円買いが定着しています。

なぜ有事の時に円が買われるのか?

多く言われていることが、金と同様に円は安全資産と捉えられていますので、リスク回避の意味から円が買われているということです。
 
しかし、果たしてそうなのでしょうか?

今回の朝鮮有事に関しては、下手すると韓国同様日本にもミサイルが撃ち込まれるのではないかと言われております。

前回の米軍によるシリア爆撃の時とは違い、日本も実害を被る危険性も秘めている為、円が安全資産だから買われるとは、考えにくいのではないでしょうか。

ドル買いから円買いへ

そもそも「有事の円買い」は、本当に円が安全資産だから買われているのでしょうか。

過去の事例を見てみますと、

・1979年のイラン革命

・1980年から始まったイラン・イラク戦争

・1990年のイラクによるクウェート侵攻

では、原油不足の懸念からそれらが勃発した時には、突発的には円安となりました。

また1995年の阪神・淡路大震災でも、その当日は円安に振れています。

しかしながら、2001年の米同時多発テロの時は、
ドルが売られ、円高方向へと進んでいきました。

この機を堺に、2003年のイラク戦争勃発、また2011年の東日本大震災では、発生時にはドル安円高へと進むようになり、いわば、「有事のドル買い」から「有事の円買い」へと変わっていきました。

元々は有事の時には円安方向に動いていたのですが、2001年の同時多発テロの時期を堺に、何か有事が発生すれば、円買いが行われるようになっていきましたので、必ずしも、有事が発生したら円が買われていたわけではないということです。

なぜ有事の際に円高に進むのか

では、なぜ現在では何か災害や有事があれば円高方向に進んでいくのでしょうか。

まず災害や有事の際には、日本企業や投資家は、海外の金融資産を円に換えたいという働きが行われます。

実際に東日本大震災の際に保険会社が多額の保険金を支払わなければいけなくなり、現金を用意する為に、海外資産の一部を日本円に換えるということをしました。

また投資家、特に機関投資家等は、基本的には高金利通貨を買い、低金利通貨を売りで持つことが多く、円に関しては金利が低い通貨になりますので、円売りというポジションを持つ投資家が通常時には増えやすくなりますが、有事が起きた際は、できるだけリスク回避したいという思惑から、ポジション解消の動きが出ます。

円売りに対してポジション解消になりますので、結果的に円高方向に振れやすくなります。

また個人に関しても、もし有事が起きれば、海外に投資していたもの、あるいは海外製品等含めて現金(日本円)に換え、備えておきたいという思惑も働き、より円が買われやすくなります。

このように見てみますと、有事の際に円高方向に振れるのは、円が安全資産だからというわけではなく、ポジション解消の動きや、投資家や日本の企業が海外の投資先からキャッシュにしたいという理由等から円高方向に振れているということがお分かり頂けるかと思います。

ということで、朝鮮有事が起きた際でも、安全資産だから円が買われるわけではないということは心に留めておいた方がいいように思います。

また過去の事例から、有事があった際に円安方向に振れていた時期があったということも見逃せません。

ポジションを持つときには確固たる根拠を持ちましょう

「有事の円買い」とそのまま方程式のように覚え、何か有事があれば円を買っておけばいいと思ってトレードをしてしまうと、大きなしっぺ返しを食らうことにもなってしまいかねません。

ですので、有事の際にはトレードを控えることがもちろん一番なのですが、ファンダメンタルズを用いる場合でも、過去の事例を方程式化してそのままポジションを持ってしまうことは控えた方が良さそうです。

今後も有事だけではなく、選挙や重大な会談等が行われていきますが、特にファンダメンタルズを取り入れてトレードする際には、なぜこのようにレートが動いたのか?という視点で常にチャートを見るようにしますと、おのずと現在自分がすべきことが分かってくるようになってきます。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. なぜ有事の時に円が買われるのか?

PAGETOP