1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「そもそもなぜFXなのか」

「そもそもなぜFXなのか」

「そもそもなぜFXなのか」

こんにちは、北田です。

先週行われたG7では、トランプ政権が掲げる保護主義政策に対して、
特に欧州側とどう折り合いを付けるかが焦点となっていましたが、

安倍首相やメルケル首相の説得により、
最終的には「保護主義と闘う」との文言が盛り込まれ、
何とか結束が保たれた形となりましたね。

さて、この保護主義的な考え方ですが、
特に昨年のイギリス始め、議論の対象となってきましたが、
そもそもなぜ保護主義的な考えが広まってきたのでしょうか。

それは難民問題や貿易不均衡等、色々な理由はあるでしょうが、
一言で言えば、資本主義の在り方が問われてきているのではないかと思います。

資本主義と社会主義

資本主義と社会主義

私達は日本で生まれ育ち、そして社会人になれば仕事をし、
基本的には働いたら働いた分だけ、その対価として賃金を得て生活してきました。

そしてその当たり前の活動を皆がすることで、
社会は発展し、成長してきました。

逆にその反対の社会主義国家では、
独裁政治が生まれ、国民は飢餓に苦しみ、
社会も中々発展しないという状態を私達はニュース等で見てきました。

このようなことから、資本主義の国は良くて、
社会主義は悪だというイメージを持ちながら、今まで生活をしてきました。

さてそんな中で、資本主義は全ての人にとって良いものなのか、
欠点は無いのか、それに取り残されてしまっている人達はいないのか、
というのが今問われていることなのではないかと思います。

かつて資本主義が台頭するようになって、資本論で有名なマルクスは、
資本家と労働者との格差が拡大し、労働者の貧困が蔓延してしまい、
共産主義へ移行することは避けられないと唱えていました。

そして現在、資本主義の代名詞とも言われるアメリカでは、
貧富の差がかつての世界恐慌の時代の1920年代よりも差が開き、
また現在もその差は広がり続けています。

そのような中でベストセラーとなった、
フランスの経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本」が注目を浴び、
その中で、

r>g

という式が有名となりました。
ピケティ氏によるといつの時代でも、大なり小なりこの式が成り立つとのことです。
rは資本収益率で、gが経済成長率になります。

簡単に言いますと、
働いて得ることができる所得の伸びよりも、
株式や不動産等の資本から生み出される儲けの方が、
常に大きいという意味になります。

言い方を変えると、マルクスが主張したように、
資本家が労働者を搾取している状態がいつの時代でも成り立ってしまっているということです。

そしてこの図式は、アメリカや日本という一つの国の中だけで起きているだけではなく、
世界でも成り立っています。

要するに言い方は少々荒いですが、
先進国が発展途上国から搾取しているという図式です。

これは各国が中国や東南アジアに進出しているのを見ると分かりますが、
安く物が作れる、安い賃金で雇うことができる
等と言ったことが進出する理由の大半ですね。

例えば、米国のiPhone等で有名なアップルは、世界一の時価総額を持った会社です。
しかしiPhoneは中国の工場で製造され、
そこで働く中国人達は朝から晩まで働いて月給3、4万円くらいです。

またアフリカではコーヒー豆等の栽培で、
現地の人達はかなり安い労働力で働いています。
そのお陰で私達はコーヒー1杯100円という安い価格でも購入することができています。

こういったことが世界中で起きているわけですので、
当然資本主義に反対する人達が出てきてもおかしくありません。

私達日本人は、国レベルで言うと、搾取している側になりますので、
資本主義の方が良いということになるのでしょうが、
搾取される側からすると、やはり反資本主義思想となっていきます。

私はアフリカの貧困問題について活動をしていますが、
民族争い、宗教戦争等の原因もあるでしょうが、
貧困の最大の原因は、資本主義による搾取にあると思っています。

さて、では日本という国で見た場合でも、
資本主義社会ですので、搾取する側とされる側が存在し、
その格差は年々拡大していっていることは、
ニュース等で既にご承知かと思います。

ここからが今回の記事の本題ですが、
搾取される側からする側に行くにはどうしたらいいのでしょうか。

搾取する側と言うと、言い方が少々荒いですので、
トマ・ピケティ氏の言う資本家になる為には、ということにしましょう。

 
資本家になる為には、株式や不動産等、資産を持てばいいということになります。
しかし、かつては通常こういった資産を持つには、莫大な資金が必要でした。

ですので、今までは多くの人がどれだけ頑張っても資産を持つことができず、
労働をしていたんですね。

資本主義というシステムが始まったのが、
産業革命が始まった1760年代辺りですので、

実はまだ250年程しか経っていませんが、
資本家と労働者との間には大きな溝があり、
中々超えられるものではありませんでした。

しかし、現在も同様だとは私は思いません。
私は現代では、誰もが資本家になれる可能性がある社会だと考えています。

株式や不動産にしても少額で始められるサービスがありますし、
またさらに少額で始められるFXがあります。

FXの場合は、ポジションを持っていても資産にはなりませんが、
少額でも資金を増やすことが十分可能な金融商品です。

かつては労働力の対価としてしか賃金を受け取ることができず、
そこから抜け出すことは不可能に近かったです。

しかし、現代では、いくら資金が少額でも、
努力によっていくらでも資本家になれる道が用意されています。

そしてその代表的なものがFXです。

努力によっていくらでも資本家になれる道

資本家への道

私も元々は資金が少なくFXから始めました。
そして少なくとも労働によって搾取され続け、
なす術が無いというような状態から抜け出したんですね。

最近では、いずれ資本主義が崩壊すると言っている学者も現れるようになりました。
コンピューターが発達し、世界中平等な情報を受け取れるようになったら、
搾取できる先が無くなってしまうので、
ある意味、今のようなスタイルの資本主義では無くなるかもしれません。

しかしながらそれまでの間は、今後も少なくとも資本主義社会が続き、
そして貧富の差は拡大し続けるでしょう。

その中で、資本主義の悪口を言っても始まりませんし、
だからといって、社会主義を肯定したところで、
次は国家から搾取されてしまうようになり、過去の過ちを繰り返すだけとなります。

それに残念ながらこれは個人の力ではどうすることもできません。

ただ昔と違って、今はありがたいことにこの資本主義社会の中で、
個人の努力次第で、資本家に移ることは可能なのです。

今回の記事で、資本家は労働者を搾取して酷い、
労働者は資本家になるべきだ、
資本主義は格差社会を生むから悪だ、
等と言いたいわけでは決してありません。

資本主義社会の在り方が問われている現代ですが、
ただ昔と違って、誰もが資本家の領域に行くことは
努力次第では可能だと言うことです。

そしてその一番の近道が、私はFXだと思っています。

FXで資金を増やすのもいいですし、
その増やしたお金で株や不動産を買うのもいいでしょう。

そして徐々に資本を増やしていけば、
資本家となっていくことができるようになります。

今後の世の中がどうなっていくかは当然分かりませんが、
少なくとも現在の日本においては、
自分の努力次第でいくらでもこの資本主義社会で生き残っていくことができますし、
むしろ資本主義社会においては、資本を持たずして生き残っていくことは
今後は難しいとまで言われています。

そしてその為のFXの普段からの学習が、将来の資本の元となり、
生活を豊かにしていくものに繋がっていくと思います。

G7が終わりましたが、今後もアメリカの保護主義的な考えや、
EUの在り方等が焦点となっていき様々な議論、
またそれに伴う選挙等が行われていくでしょうが、
これらの結果に右往左往するのではなく、
あくまでも自分の生活は自分で守っていく、という考えで学習を続けていくことで、
逆にこれらを利用して自分の利益にしていけるのではないかと思います。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「そもそもなぜFXなのか」

PAGETOP