1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 衆院選と為替の関係

衆院選と為替の関係

衆院選と為替の関係

こんにちは北田です。

10月に入りましたね。
読書の秋、スポーツの秋と言われていますが、
私たちにとってはトレードの秋でしょうか。

今月もイベントが盛りだくさんで、
まず10日には北朝鮮の朝鮮労働党創建72周年記念日、
18日には中国の党大会も控え、

そんな中で、日本では先週とうとう衆院解散となり、
今月22日に総選挙という形になりましたね。

安部首相は25日に衆議院解散に関して記者会見を開き、
そこで、今回の選挙では、消費税増税分の使い道について是非を問うとし、

さらにその中で自民党としては、2兆円規模を子育て支援に振り向ける旨説明したことにより、
一時的に北朝鮮による発言で下落はしたものの、
その後期待感から大きくドル円は上昇していきました。

安倍首相記者会見時のドル円相場

与党は元々、野党第一党である民進党の代表が交代したのにも関わらず、
離党が相次ぎ、また数人の議員が新党結成の準備を進めてはいましたが、
まだ準備が整っていない状態でしたので、

ここぞとばかりに解散、総選挙を仕掛けてきたわけですが、
風向きは少し変わり、小池都知事が希望の党の代表に就任、
そして民進、さらには日本維新の党までが連携を取るというような動きとなり、
安部政権の退陣、政権交代のリスクから、その後はドル円は上げ渋る動きとなっていきました。

まだ総選挙まで2週間以上ありますので、今後の流れはもちろん分かりませんが、
やはり今回の衆院選の流れによって、
為替市場にも大きく影響してくることは間違いないと思いますので、
今後とも注意が必要です。

もし仮に自公が過半数を取れなければ、
安部首相は辞任すると言っていますので、
その時にはやはり大きく為替市場は動きそうです。

ただ仮にもしこのまま自民、公明が過半数の議席を取れば、
素直に株高、ドル高となっていくと考えてしまうと、
最近の流れから見ると少々疑問を感じる部分もあります。

昨今のイベントと為替の動きを見ていますと、
イベント後には、それまでの動きとは逆の動きをすることが多く発生しています。

昨年の相場から振り返ってみますと、
まだ記憶に新しいと思いますが、

昨年の11月に行われたアメリカ大統領選挙で、
もしトランプ氏が勝利すれば、大きくドルは暴落すると言われていましたが、
いざトランプ氏が当選したら、その後は大きくドルは上昇していきました。

アメリカ大統領選時のドル円相場

また今年の5月8日に行われたフランスの大統領選挙では、
極右政党のルペン党首が勝利をしていれば大きくユーロは売られると言われていましたが、
マクロン氏が勝利した後、ユーロは一時的に売られることになりました。

フランス大統領選時のユーロドル相場

そして北朝鮮の建国記念日である週末9月9日に、
ミサイル発射が懸念されていましたが、

この日は特にミサイル発射の兆候は無く、
無事週明けを迎えるとそれまで大きく下げていたドル円は、
手の平を返したように、大きく上昇していきました。

北朝鮮建国記念日のドル円相場

そして先日のドイツの総選挙を終えると、
それまで上昇していたユーロは反発し下落をしていきました。

ドイツ総選挙時のユーロドル相場

ドイツの総選挙に関しては、結果はメルケル首相率いる
キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が勝利しましたが、
中身に関しては、得票率は41.5%から32.9%へと大きく減らし、

さらに「自分たちの国と民族を取り戻す」という戦前に聞いたことのあるような
スローガンを打ち出している、ドイツのための選択肢(AfD)が予想を大きく上回る13%の得票率を獲得し

国政に進出することになったという状態になり、
メルケル首相の不安定な政権運営が続くことが浮彫になったことで、
ユーロは売られたものと思われます。

このように、イベントを境に大きく反発していく、
さらにはそれまで予想されていた動きとは全く逆の動きをすることも
しばしばあるという現象が、ここ最近の相場ではよく見られます。

恐らく利益確定売りか、結果よりも内容が重視されての動きだとは思われますが、
今後のイベントの際にもやはり警戒はしておく必要があるということは言えます。

現在、自民公明が優勢ならドル円の上昇、
希望の党優勢ならドル円の下落という形で相場が見られていますが、
ある程度選挙戦が進み、そしていざ選挙を終えたら、
結果とは全く逆の方向にレートが進む可能性があるということも考えておかなければいけません。

今回の選挙でも消費税が争点になっていると言われていますが、
希望の党も憲法改正を掲げ、日本維新の党は憲法改正を公約とする動きともなっており、
選挙の結果、与野党関係無く、さらに改憲勢力は増していき、
もしかしたら今後の日本の将来を大きく左右することとなる選挙になるかもしれません。

当然その流れによって為替相場も大きく動いてくると思いますので、
昨年の米大統領選でトランプ氏が当選ならドル暴落とするように、

自公勝利なら円売り、希望勝利なら円買い等と決めつけてトレードするのではなく、
選挙の結果がどうであれ、選挙の中身も十分に吟味しつつ、
その上でしっかりと目の前の相場の動きを見た上でトレードしていく必要があります。

もちろんトレードのことだけではなく、
しっかりと今後の日本の将来を考え、
北朝鮮問題、それに対しての憲法改正、経済問題、少子高齢化の問題等、
党という枠組みに拘らずに一つ一つ真剣に考え、そして選挙に臨みたいものです。

レバレッジ規制に対応するには

さてここからは余談ですが、先日日経新聞に、
金融庁がFXのレバレッジを引き下げる検討に入ったという記事が掲載されました。

現在は個人の場合ですと、最大25倍となっていますが、
これを10倍程度まで引き下げる案とのことです。

以前、財政金融委員会で麻生金融担当大臣が、
リーマンショックの反省も踏まえ、G20でも高レバレッジが話題になっており、

何倍が最適かは分からないが、高レバレッジに対しては検討しなければいけないと答弁されており、
いつかはさらなるレバレッジ規制が来るのではないかと個人的には思っていたのですが、
やはり来たという感じですね。

元々FXにレバレッジの制限は無く、
レバレッジを400倍までかけられる会社等もあり、
当時はFXで一攫千金できた人も多く居た関係等で、
FXの人気が高まっていった背景があります。

ところが、2010年8月から最大レバレッジ50倍、
2011年8月以降は最大レバレッジ25倍と、レバレッジ規制が実施され

さらに今回の案では、10倍まで引き下げることが検討されているとのことですので、
益々一攫千金を狙うことは以前に比べると難しくなるといった形になります。
(とは言っても、株式トレードの信用取引の約3.3倍に比べたらはるかに高レバレッジですが…)

まだ10倍に規制されると決定されたわけではありませんが、
以前の問答無用なレバレッジ規制の流れを見ると、
今回もほぼ同様に強制的にレバレッジ規制をしてくるのではないかと予想されます。

レバレッジ規制の裏事情は色々とあるようですが、
表向きは顧客保護とのことで、
やはり高レバレッジにより大損してしまった人も多く居ることは事実ですので、
国内業者を使う以上は、従う他ありません。

そこで私達はどのように対処していったらいいのか。

以前はレバレッジの制限が無く、
それこそ高レバレッジでトレードし、
それが当たれば一攫千金できるような環境だったこともあり、
ギャンブル的にトレードする人も多かったですが、

やはりギャンブル的にトレードをしていた人の多くは、
その後は大損して、結局は儲けた分全てを吐き出してしまっただけでは済まず、
大損してしまった人の方が多かったのではないかと思います。

逆に今は、以前に比べると高レバレッジでトレードできない分、
無茶苦茶なトレードをしても一攫千金は難しくなりますので、
やはり着実に利益を積み上げていくスタイルがこれから益々必要となってきます。

ですので、一攫千金を狙ったギャンブル的なトレーダーは一掃され、
低レバレッジでも着実に利益を狙ってトレードできる人が、
生き残っていきやすい相場になってくるのではないかと思います。

その上で私たちは、着実に利益を継続的に上げ続けられるように、
今後も学習を継続的に続けていく必要性が益々高まってきます。

ついFXをしていると一攫千金を狙いたくなる時もありますが、
そうではなく、毎日10pipsでもいいですので、着実に利益を上げ続け、
そして先週記載させて頂いた複利と節約の力を最大限に生かせば、

低レバレッジでも、長い目で見たら一攫千金で稼げる以上の金額を稼ぐことも十分に可能ですので、
その為にも、日々の学習を重視し、そして継続的に学習を続けていくことこそが
今後も生き残っていけるようになる為の唯一の方法だと思っています。

10月に入り、色々なイベントがある中で、
為替市場も右往左往した動きをしてくるかもしれませんが、
そんな中でも、自分が得意な箇所のみに絞ってトレードするという形でも十分ですので、
その代わり着実に利益を上げていけるよう、トレードしていきたいものです。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 衆院選と為替の関係

PAGETOP