1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. セルザファクトに注意

セルザファクトに注意

セルザファクトに注意

こんにちは、北田です。

いよいよ今週はFOMCですね。
利上げはほぼ確実視されており、
注目は来年の利上げペースです。

現在まで利上げに対しての期待感から
米国株含めドルも買われてきましたが、

セルザファクトの言葉の通り、
利上げが発表された直後は利益確定売りとなり、

急落することも十分に考えられますので、
注意が必要です。

またアメリカの税制改革法案でも、
先々週に上院で採決されたと言えども、

減税のスタート時期に関して、
下院では2018年からという案に対して、
上院は2019年からと主張していますので、

そのすり合わせも残されており、
安心できる状態ではありません。

ただ、市場はこの状態の方が居心地がいいのか、
完全に成立するまで米国株は買いやすい状態となり、
じわじわと上昇していきそうです。

しかしながらこれもFOMCと同様に、
正式に減税政策が決定されたら
セルザファクトで、今まで積み上がってきた
買いポジションが一気に解消される可能性もあり、

また米国株の急落は当然為替市場にも影響してきますので、
注意が必要です。

また少し気がかりなのが、
12月6日に日経平均株価が今年最大の下げ幅を見せ、
445円安で引けました。

日経平均株価

またアメリカの報道で、トランプ大統領がフリン前米大統領補佐官に
選挙期間中にロシア側と接触するよう指示していたと報道されていましたが、

これがフェイクニュースで、
実際には選挙が終わった後だったということが判明したことにより、
NYダウでは、後で買い戻されはしましたが、
一時的に300ドル以上の下げが見られました。

NYダウ

またドル円でも、
瞬間的に130pips以上も売り込まれた場面も見られました。

ドル円1時間足

この急落するという動きは、大暴落前によく見られる現象でして、
例えばリーマンショック時のポンド円でも同様の動きが確認できます。

ポンド円週足

上昇する時は皆がゆっくり買っていくので、
相場もじわじわと上がっていきますが、
それが段々と市場が熱狂的になっていき売買数も増え、

急に高騰したりするようになり、
またその反動で急落する場面も見られるようになっていきます。

売買数が多くなっているということは、
買うにしても売るにしても、
多くの人が熱狂的に売買をしている証拠です。

その為に売買数も増え、
そして乱高下するような相場になっていきます。

意味も無く上げたり下げたりするわけです。

そして売り手の方が上回れば、
多くの傍観していた人達もここが天井か?と思うようになり、
そして一斉に売り始め、
急落していき、大暴落へと繋がっていきます。

ですので、今回見て頂いた、日経平均株価やNYダウ、ドル円なんかでも
その兆候があるのではないかと、先週の相場を見ていて感じました。

そしてファンダメンタルズ的にも、
まず先週、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したという報道が入ってきました。

そして大使館の移動も決まったことにより、
中東情勢が一気に緊迫化していくことが予想されます。

そして中東の一部が反米感情を持ち、
それにより米国で大規模なテロ等が起きれば、
当然市場にも影響してきます。

また今月は北朝鮮で17日が金正日の命日
30日は金正恩が朝鮮人民軍最高司令官に就任して6年目という形になります。

金正恩は当然体制を維持する為にも、
大規模なパレードなりミサイル実験等をせざるを得ません。

ミサイル発射だけで済めば、さほど為替市場に影響は無いのですが、
米国がもし、ということになれば、市場の混乱も避けられそうにありません。

このようにファンダメンタルズ的に見ても、
大暴落の引き金を引きそうな要因は揃っています。

またドル円のチャートを見て頂きますと、
大きな目線で見ますと、
ほぼ今年に入ってからずっとレンジの状態になっています。

ドル円週足

相場の特徴として、レンジが長く続けば続く程、
その後大きなブレイクが起きやすくなる傾向があります。

ですので、ドル円に関しては、
チャート的に見ても、
いつ大きなブレイクアウトが起きても不思議ではない状況になっています。

気になる仮想通貨の行方は

さてでは最後に仮想通貨ですが、
仮想通貨の代表格であるビットコインは、
つい先日1ビットコインが100万円を超えたと思ったら、
あっさり200万円も超えてしまいました。

BTC/JPY Daily

私はビットコインに関しては、既にほぼ全て売却してしまいましたが、
一体どこまで上昇していくのか気になりますね。

ただ、気がかりなのは、ビットコインの未確認取引が増えていることです。

ビットコインはそもそも送金や代金決済の利便性から注目されてきたもので、
それがいつしか投機目的として扱われるようになってきましたが、

本来の機能である取引が詰まってしまっている状態では、
チューリップバブルの二の舞になってしまうのでは、
と危惧せざるを得ません。

ビットコインの未確認取引

上の画像をご覧の通り、現在は約20万件程の未確認取引があるのですが、
つい1ヵ月程前は約10万件の未確認取引がある状態でしたので、
日に日に未確認の取引が増えていっていることが分かります。

ですので、
世界各地でビットコインの送金が詰まっている状態が発生しているんですね。

しかし、現段階では、高い手数料を支払えば、早く送金をして貰えるシステムになっていますので、
どうしても送金を早く完了させたい人は、高い手数料を支払って送金をしているのが現状です。

ただここまで考えてビットコインを購入している人は少数派で、
多くの人が、ビットコインの熱狂ぶりに魅了され購入している方がほとんどでしょう。

私は雑誌も良く読むのですが、
特に最近ではあらゆる雑誌で仮想通貨が取り上げられ、
そして大儲けした人のインタビューが掲載されていたり、
あるいは取引所の役員等に対して今後の仮想通貨の将来性なんかを聞き、

それが取引所の開設方法と共に掲載されていたりしており、
恐らく多くの人はこういった雑誌の記事を読み、購入しているんだろうなと思います。

しかしながらチューリップバブルの時と同様に、
本来綺麗な花を咲かせることに価値を見出していた球根が、
花を咲かせなくなったり、あるいは買い手が現れなくなったりした時に、

多くの人がチューリップの価値に疑問を抱き、
そしてその後大暴落に繋がっていったように、

ビットコインを使っていざ送金をしようと思ったら、
銀行を通すよりも高い手数料が必要だったり、

あるいは送金時間も銀行より遅かったりした時には、
多くの人がビットコインってそもそも何の価値があるの?
と疑問を抱くようになり、
そして売られ始めていくことも十分に考えられます。

このようなことがあり、
私は現在はほぼ全てビットコインは売却しました。
200万円まで上がったところを見ますと、
少々売却するのは早かったですが(笑)

ビットコイン以外で注目する仮想通貨

さて、そんな中でリップル(XRP)がロックアップを完了した
というニュースが飛び込んできました。

ロックアップとは凍結という意味ですが、
元々リップル(XRP)は1000億リップル(XRP)発行されており、
そしてリップル(XRP)を発行しているリップル社が約617億リップル(XRP)を保有しており、
残りの383億リップル(XRP)が市場で売買されています。

多くの仮想通貨の発行者がよくやることですが、
自分達が多くの自社発行通貨を保持し、
そしてある程度価格が上昇したところで一気に売却して儲けようとするのですが、

その後は、当然その発行者にとっては既に現金化しており、
その仮想通貨がどうなろうともう関係ありませんので、
放置されてしまい、そして価格は急落し、
ほぼ無価値の状態になってしまうことが多いです。

ですので、リップル(XRP)に対しても、
もしかしたら価格が上昇した時に、
リップル社が大量に売却してしまうのではないかと
危惧されていたのですが、

それを避ける為にリップル社は、
一気に売却できないように今回したということになります。

それによってリップル(XRP)に対しての信頼が
さらに増えたことになりました。

リップル(XRP)は元々グーグルが出資してできた仮想通貨であり、
現在は東京三菱UFJ銀行はじめ、世界中の銀行が
リップル(XRP)の技術を取り入れるようになってきております。

またSBIホールディングスの傘下で、
国際送金サービス等を提供しているSBIレミットという会社が、

今年、日本とタイとの間での送金に対して、
リップル(XRP)の技術を用いて送金ができるようにし、
より安い手数料でより早く送金ができるようになりました。

ということで、実は以前にSBIレミットの口座を開設してました。

SBIレミット

またSBIリップルアジアが年内までに
日本と韓国間の送金テストを完了させるという情報もあり、
私自身は、このリップル(XRP)が伸びてくるのではないかと
現段階では考えています。

もちろん投資の世界ですので、刻一刻と情勢は変化しているので、
それによって明日また考えが変わるかもしれませんが、

多くの人が熱狂しているもの程、冷静に考えるようにし、
逆に多くの人に見放されているもの程、
何か伸びしろはあるんじゃないかと考えて投資をしていった方が、
上手くいくことが多いです。

今回の私の考えはあくまでも現段階での考えであり、
今後の情勢の変化により当然考え方は変わるものですので、
投資はあくまでも自己責任でお願いします。

ということで、仮想通貨は年末の薄商いとか無さそうですので、
FX市場がもし薄商いになっている時は、
仮想通貨に注目してみるのも面白いかもしれません。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後に

現在私はアジアやアフリカの貧困解決のために、社会起業家としても活動しており、
貧困問題を解決するという夢を持っています。

そして、日本から成功するトレーダーを輩出し、
一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていきたい
という考えのもと、
クロスリテイリングさんの「勝利の黄金シグナル」というプロジェクトで
講師を勤めさせていただいております。

今回は特別に、勝利の黄金シグナルで公開させていただいている動画の一部を公開させていただきます。

これは、黄金シグナルのトレード手法を私が実際に使用したトレード動画となっており、
トレードの解説もさせていただいています。

勝利の黄金シグナルではどのようなことを学べるのか。
そして、どのようなトレード手法で利益を上げていくのかをぜひご覧ください。

【勝利の黄金シグナル】北田夏己のトレード動画

 
このプロジェクトでは、初心者の方でも気軽に学ぶことができる、
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも
利益を上げる「ダブルロジック」
をお伝えしております。

今なら期間限定で、私が直筆した特別レポートを無料プレゼント中です!
FXで勝ち続けるための情報が凝縮されておりますので、
ぜひこの機会にご登録をよろしくお願いいたします。

多くの方が、この「勝利の黄金シグナル」で学んでくださり、
ありがたいことに数えきれないほどの方々が、FXで利益を上げられるようになっています。

無料で受講することができるので、
ぜひあなたも、「勝利の黄金シグナル」で学んでみてください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. セルザファクトに注意

PAGETOP