1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. FXの学習は投資全般に応用できる

FXの学習は投資全般に応用できる

FXの学習は投資全般に応用できる

こんにちは、北田です。

先週は、注目されていたアメリカの税制改革法案が
上下院で可決、そしてトランプ大統領の署名によって、
成立となりましたね。

これによって法人税率が従来の35%から21%に一気に引き下げられ、
個人の税率も期間限定で引き下げられることになりました。

また22日までが期日だった暫定予算案も
来年の1月19日までに延長され、
政府機関の閉鎖が一定期間は回避された形となりました。

右往左往ありましたが、トランプ大統領にとっては、大きな一仕事を終え、
そしてクリスマス休暇、年末年始へと移っていけそうですね。

それに伴って相場の方も薄商いとなり、
為替市場では値動きも小さくなり、
トレード自体もし辛くなってきています。

こういった時は、無理にトレードするのではなく、
今年1年の振り返りや、チャート研究にあてた方が、
より時間を有効的に使えるのではないかと思います。

さてそんな中で仮想通貨相場では、クリスマス、年末年始関係無く、
大きく動いていますね。

他のアルトコインも同様ですが、BTCに関しては、
一時100万円近くもの下落となりました。

その後は、下落幅の50%の戻しとなっています。

ビットコインの価格変動

私はBTCに関しては、
BTC建てでしか購入できない通貨を購入する為にBTCを購入し、
BTC建てで通貨を保有しており、

BTC自体で資産を増やす考えは現段階ではありませんので、
大きな下落は逆に大歓迎なのですが、
BTCを所有していた人にとっては、
少しびっくりするような相場だったのではないかと思います。

こういった大きな下落というのは、
当然BTCだけでは無く、どの通貨を保有していても発生することですし、
仮想通貨市場だけではなく、為替市場や株式市場等でも当然起こり得ることです。

そして実はこういった大きな下落時にどう対処するかで、
今後の資産形成に大きく影響してきます。

そもそもBTCを購入した理由が、
周りが買っているから、なんとなく流行っているから、
友人がそれで儲けたと言っていたから、等
という理由で購入した人にとっては

こういった大きな下落時には冷静な判断ができず、どこかで損切りをしたり、
あるいは買い増すべき箇所で買い増せないといったことが起きてしまいます。
(損切りそのものを否定しているのではなく、
根拠の無い損切りは良くないということです。)

実際に後からチャートで見たら、
120万円まで下げた箇所では、
絶好の買い場だったことが分かります。

しかし、明確な根拠を持たずに売買をしていると、
ちょっとしたレートの動きで、
感情が揺さぶられてしまい、
そして冷静な判断ができなくなってしまいます。

挙句の果てには、ビットコインFXを使って、
もしかしたら下落時にショートを仕掛ける
というようなこともしてしまいがちになります。

こういったことはFXでもよくあることですね。

大きく上昇していたら、自分も乗り遅れまいと買っていきますが、
自分が買った所で反転してしまい、その後下落、
高値掴みをしてしまい
次は下落の勢いに乗るんだとドテン売りを仕掛ける、

そうすると、今度はまた再度反転し上昇していってしまい、
往復びんたを受ける形になってしまうことは、
よくあることです。

もちろんこれが、前もって練られた戦略であるならいいのですが、
感情トレードで売買してしまうと、
損が膨らむばかりになってしまいます。

ですので、BTCをしっかり調べて、将来性を感じて買ったのなら、
本来でしたら下落しようが保有し続けるべきですし、
むしろ大きく下落した箇所は、絶好の買い場となるはずです。

しかし、しっかりと調べた上で買っていないと、
レートの動きで感情が揺さぶられてしまう結果になるのです。

私は現在、リップル(XRP)に将来性を感じ保有しており、
BTCが大きく下落した日は、リップル(XRP)も大きく下落していたのですが、
何の迷いも無く、買い増しを行いました。

そしてレートは再度上昇し利益を増すことができているのですが、
これは、事前にリップル(XRP)のことをしっかりと調査し、
将来性があると自分の中で思い込めているから、
こういった行動を取ることができます。

ここで著名投資家のウォーレン・バフェット氏
こんなことも言っています。

「私は株を買う理由を1ページ書き続けられないなら買わない。
間違っているかもしれないが、私はいつも理由を把握している。」

まさに私はこれに同感しており、
極論を言うと、購入する理由自体は、実は間違っていてもいいのです。

もちろん正確な情報を持つ方が良いに越したことは無いのですが、
大きく間違ってさえいなければ、そしてタイミングが悪く無ければ、
いずれある程度は上昇することが多いです。

投資で失敗する大きな要因は買った理由が間違っていたからではなく、
感情的に売買してしまうことで発生する損失の方がはるかに大きいです。

感情売買してしまうくらいなら買った理由を明確化し、
そしてそれを信じ切って保有し続けた方が、
良い結果になることが多いです。

BTCに関しても、仮に懸命に調査をし、
そして将来性を感じたならば、
暴落する度に買い増しをしていっていたら、
今頃は大きな利益になっていることは明白です。

その調査結果がどうであろうとも、
感情トレードを防げているので変な売買はしなくなり、
その結果利益に繋げていけるのです。

こういった解説をすると、
それは上昇したから言える話であって、
もし大きく下落して戻って来なかったら大損しているではないか?
と思われるかもしれませんが、

そもそも投資金額は失っても生活に支障無い金額で始めるべきものですし、
投資金額を全額一つの銘柄に投入することもあってはいけないことです。

ですので、仮にBTCで失敗したとしても、
まだ余力は十分に残した状態にしておくべきですし、
また別の通貨でしっかりと調査をした上で、
買っていけばいいだけです。

もちろん投資の世界なので100発100中になるはずがありません。

しかしながら、自分が買った通貨や銘柄のうちどれかが大化けして、
トータルでは利益を残していけばいいのです。

私は現在リップル(XRP)を保有し続けていますが、
なぜ暴落しても微動だにせずにいられるのか言いますと、
そもそも投資金額を、FX、株式、仮想通貨、不動産等と分けているからです。

また仮想通貨に関しては、
BCHの大暴騰で口座資金を2倍に増やすことができたので、
入金した金額を全ておろし、
現在は利益分でリップル(XRP)を購入している形になります。

ですので、仮にリップル(XRP)が一瞬にして価値が0になったとしても、
仮想通貨による金銭的損失は既に無いようにしています。

リップル(XRP)が暴落しようが、
余裕の心持ちで居られるんですね。

もちろんリップル(XRP)に関して自分のできる範囲で調査をし、
自分自身がリップル(XRP)の将来性を感じ、
そしてこれから多くの人がリップル(XRP)の技術を
必要とするようになるだろうという確信があるからです。

※リップル(XRP)を買い勧めているわけではなく、
 自分で調べて自分が納得できる通貨を買うことが大事というお話です。

ですので、
今後仮想通貨で何かを買っていく場合にしっかりと調査をし、

そしてバフェット氏の言う、
「仮に株式を購入した翌日に 市場が閉鎖され、
その5年間取引が行われない事態になっても、私はいっこうにかまいません。」

というような心持ちで居られるくらいになって初めて買うべきです。

ということで、恐らく年末はボーナスも入り、
為替市場は薄商いとなることで、
多くの人が今話題の仮想通貨に参入してくる時期だと思いますが、

必ず、自分自身でこれから買おうとしている通貨を調査し、
そして暴落があろうとも持ち続けられるのか、

逆に暴落時には買い増しできるくらい
確固たる自信がその通貨に対してあるのかを
自問自答した上で買っていくことをお勧めします。

以上が今回の内容となりますが、今年も1週間に一度、
投資やトレードに関わることをお届けして参りましたが、
何か一つでもあなたのトレード、投資生活の
お役に立てることができたのでしたら幸いです。

2017年を振り返って

今年はトランプ大統領の誕生、
それからフランス、ドイツで総選挙、
日本でも衆院選があり、株式市場では16連騰する等、
予想もできないようなことが多くあり、

そしてそれにより為替市場、株式市場ともに動いてきましたが、
さらに仮想通貨でも日本で4月から仮想通貨法が施行され、

またBTC先物がCBOE、CMEに上場し、
さらにBTCETFまで上場するのではないかという話が出ており、
仮想通貨市場にとっても重要な1年となりました。

来年も仮想通貨の盛り上がりは今年以上になることが予想されますが、
今までFXで学んできた基礎的なことは全く同じで、

・資金管理に気をつける。
・自分で決めたルールから外れたことは絶対にしない。
・感情による売買はしない。
・一つの銘柄、通貨に全額投資しない。
・資金は生活に支障の無い余剰資金で。
・仮に大儲けできたとしても、翌年に利益分が課税されるので、計画的に使う(笑)

です。

基本的なことは同じですので、
今までFXの学習をされてきた方でしたら、
仮想通貨でもある程度上手くやっていけると思います。

FXを学ぶということは、投資全般に役に立ってきますので、
FX以外の市場、投資先でも十分に通用しますし、応用も効きます。

そして株式市場や仮想通貨は、やはりある程度の資金が必要、
あるいは資金が多い方が有利だったりしますが、

FXに関しては、少額でも取り組むことができますので、
まずはFXの学習をしっかりし、そして資金を増やす、
その上で株式投資や仮想通貨、あるいは不動産等、

ご自身の興味のあるものに投資をしていくことで、
より資産運用が効率よくできるようになっていきます。

私自身も当初はお金が無かったので、
FXから始め、そして資金を増やし、
株式、仮想通貨、不動産へと手を出していきました。

今あなたがどの段階に居るかは分かりませんが、
どの段階においてもFXの学習は必ず役に立ちますし、
また必要になってきます。

来年もFXを中心に投資に関して
様々なことをお伝えしていけたらと思っていますが、
世の中、学習をせずに感情トレードをしてしまって
大損してしまっている人が多い中、

学習をしっかりと継続すれば、
確たる資産の形成ができるようになっていきますので、
来年もぜひ、FXの学習を続けていって下さい。

私も常に新たなことを学び、
そして色々な経験をすることで、
知識を得るようにしています。

まだまだ私自身も道半ばですが、
来年も私自身が経験したことや知識等、
どんどんと発信していけたらと思っておりますので、
ぜひ来年も一緒に稼いでいけたらと思っています。

現在私はタイに居ますが、
日本では寒い日が続いているとのことで、
お身体にはお気をつけて新年をお迎え下さい。

それでは、本年も大変お世話になりました。
新年もまたどうぞ宜しくお願い致します。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. FXの学習は投資全般に応用できる

PAGETOP