1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場は常に間違っている

相場は常に間違っている

相場は常に間違っている

こんにちは、北田です。

先週は大きくドル円が下落した一週間でしたね。

ドル円の下落

原因はまず9日に、日銀が「残存10年超25年以下」と「残存25年超」の国債買い入れ額を
それぞれ100億円減額することを公表したことにあります。
テーパリングの開始ではないかとの思惑で、
大きく円が買われる結果となりました。

また翌日10日には、ブルームバーグで、
中国当局者が米国債の購入の減額や停止を検討しているとの報道があったことにより、
ドルが大きく売られました。

ただ実際には、前者のテーパリングもまだ正式に日銀から発表があったわけではありませんし、
後者も、中国側は誤った情報に基づいたものだと発言をしており、
あくまでも事実を見て売買されているわけではなく、
思惑で売買されていることがお分かりいただけるかと思います。

相場に長く携わっていると、このように事実に基づいたものではない情報でも、
それに従って簡単に動いてしまう光景はよく見るようになっていきます。

先週は他にも、ズマという名前の人工衛星が行方不明になったことで、
不人気のズマ南アフリカ大統領の辞任観測が広がり、
それに伴って南アフリカランドが一時的に買われたりもしました。

このように、何か情報が流れた時に、
その情報が正しかろうが間違っていようが関係無く、
思惑が先行し、相場は動いてしまうということがあります。

そして当然ですが、それらの情報に流されてトレードをしていては、
相場に右往左往され、利益を奪われていってしまうようになります。

もちろんこういったファンダメンタルズを利用してトレードし、
利益を出している人たちも当然います。

しかし、彼らは私たちよりも早く、そして正確な情報を手に入れています。

そういった情報の入手に多額の費用を投じたり、
あるいは常日頃からそういった情報を持っている人達との
コネクションを作るのに相当数の時間を費やしたりしています。

そのため、私たち個人トレーダーはそういった情報を武器にトレードすると、
非常に不利になりますし、情報に翻弄されるだけになってしまいがちになります。

しかしながら、個人トレーダーでも十分に強力となる武器があります。

それがやはりチャートです。

チャートは、色々な情報を平等に与えてくれます。

また、情報のスピードも大きな誤差はありません。

そういったことから、私たち個人トレーダーは、
ファンダメンタルズも重要ですが、
やはりチャートを中心にトレードをしていく方が理に適っているのです。

さらに、情報の伝達のスピード、正確さによる不利を被らないのが、
スキャルピングです。

スイングトレードですと、やはり情報による値動きの成績の違いは
出やすくなっていきます。

逆にスキャルピングは、情報によって成績が変わってしまう割合が
非常に少なくなります。

私自身は今となっては、テクニカルだけではなくファンダメンタルズも用いて
トレードをしているのですが、
やはりFXの学習を始めた頃は、ファンダメンタルズのことは
さっぱり分かりませんでした。

それで、とにかくテクニカルだけで勝てるスタイルを選択する必要がありましたので、
スキャルピングから学んでいったという経緯があります。

そして当時は実際にほぼテクニカルのみを使って
利益を出していくことができましたので、
やはりテクニカル重視でトレードをする場合は、
スキャルピングが理に適っているといえます。

もちろんトレードスタイルは、人によって合う合わないがあります。
特にFXを始められたばかりの方や、
テクニカルの勉強中で、ファンダメンタルズの勉強まで追いつかない
という方は、スキャルピングのトレードスタイルから始めていただきますと、
上手くいくことが多いです。

また昨年はドル円は大きな目線で見たらレンジ相場でしたが、
相場の性質上、レンジの後は大きなトレンド相場となることが多いですので、
特に今年に関してはドル円は大きく動くのではないかと考えることができます。

レンジからトレンド相場へ

当然大きく動けば、スキャルピングでも大きく取りやすくなり、
利益を増やしていきやすくなります。

またドル円はスプレッドが他の通貨ペアに比べて、
非常に小さく済む通貨ペアでもありますので、
よりスキャルピングに向いています。

そのドル円がさらにボラティリティが上がるとなれば、
今年は非常にスキャルピングで稼ぎやすい年となるのではないかという
見方もできます。

トレードで勝てるきっかけになった要因の一つで、
トレードスタイルを変えたら勝てるようになった
というケースが、実は非常に多くあります。

元々スイングをしていた人が、
スキャルピングのトレードスタイルに変えたことで
急に開眼したように成績が向上し、
勝てるようになったという話をよく聞きます。

もし、昨年あまり成績が良くなかった方は、
手法の見直し等も当然重要ですが、
トレードスタイルという根本から見直してみるのもひとつです。

それが何かの気づきに繋がり、
そしてトレーダーとして開眼するきっかけになる可能性もありますので、
ぜひ、一度検討してみて下さい。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後に

現在私はアジアやアフリカの貧困解決のために、社会起業家としても活動しており、
貧困問題を解決するという夢を持っています。

そして、日本から成功するトレーダーを輩出し、
一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていきたい
という考えのもと、
クロスリテイリングさんの「勝利の黄金シグナル」というプロジェクトで
講師を勤めさせていただいております。

今回は特別に、勝利の黄金シグナルで公開させていただいている動画の一部を公開させていただきます。

これは、黄金シグナルのトレード手法を私が実際に使用したトレード動画となっており、
トレードの解説もさせていただいています。

勝利の黄金シグナルではどのようなことを学べるのか。
そして、どのようなトレード手法で利益を上げていくのかをぜひご覧ください。

【勝利の黄金シグナル】北田夏己のトレード動画

 
このプロジェクトでは、初心者の方でも気軽に学ぶことができる、
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも
利益を上げる「ダブルロジック」
をお伝えしております。

今なら期間限定で、私が直筆した特別レポートを無料プレゼント中です!
FXで勝ち続けるための情報が凝縮されておりますので、
ぜひこの機会にご登録をよろしくお願いいたします。

多くの方が、この「勝利の黄金シグナル」で学んでくださり、
ありがたいことに数えきれないほどの方々が、FXで利益を上げられるようになっています。

無料で受講することができるので、
ぜひあなたも、「勝利の黄金シグナル」で学んでみてください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場は常に間違っている

PAGETOP