1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 冷静にトレードするための2つの取り組み

冷静にトレードするための2つの取り組み

冷静にトレードするための2つの取り組み

こんにちは、北田です。

先週末は、アメリカで暫定予算の期限が切れ、
一部の政府機関が閉鎖となりましたね。

先週の相場では、他の要因もありましたが、
今回の政府機関閉鎖の警戒感からドルが売られていましたので、
政府機関閉鎖が決まったら、さらなるドル売りが行われるのではないかと
考えがちになるかと思います。

しかしながら、前回の2013年10月の政府機関閉鎖時は、
さほど大きく下落したような相場とはなりませんでした。

政府機関閉鎖時の相場

ですので、今回の政府機関閉鎖によって、
過剰にドル売りに意識を傾けるのは時期尚早かと考えています。

仮想通貨の暴落と冷静な判断

そして、先週は仮想通貨市場で、大暴落が発生しました。

仮想通貨の大暴落

ちなみに、週足では、SMA21で上手く反発していることが確認できますね。

週足の反発

過去にも仮想通貨での暴落は幾度となく発生していますので、
個人的には特に驚くようなことでも無かったですし、
しっかりと資金管理もしているので、
感情的な売買をすることもありませんでした。

しかし中には、この暴落に耐えられずに、
投げ売ってしまった方も多かったようですね。

私に関しては、むしろ今回の大暴落でさらなる買い増しをし、
上手く利益が乗っている状態になっています。

では、なぜ今回のような大暴落でも、私は慌てることなく、
むしろ買い増しができたのでしょうか。

まず私の場合は、既に入金額を出金し、
利益分で現在運用している形にしていますので、
仮に仮想通貨の価値が0になったとしても、
金銭的損失は既に無い形になっております。

ですので、自分が入金した金額が失われてしまうという恐怖感が無いんですね。

この方法はFXでも使えますので、
ぜひお使い頂けたらと思います。

例えばですが、口座に100万円入金し、
まずは2倍にできるように頑張ります。

そして200万円になった時点で入金金額の100万円を出金してしまえば、
あとは、どれだけ損失を出そうが、
自分の持ち出し分のお金を失うことは絶対に無くなります。

そうすることで、トレード中に感情が出にくくなりますので、
特にトレード中に感情が出てしまう方は、
この方法を試してみて下さい。

そして、今回の仮想通貨で冷静に対処できた2つ目の理由は、
やはり過去のチャートを確認していたからです。

下のチャート図は、2016年末から2017年にかけての
Bitcoinのチャートです。

2017年の仮想通貨チャート

このチャートを見ますと、大きく暴落していることが分かります。

当然この時も、今回の大暴落と同様に、
「もうBitcoinは終わりじゃないのか」
「バブルがはじけたのではないのか」
という声が多く聞こえ、
そして感情的になって売買する人が多くいました。

しかしながら、次のチャート図で、現在から過去を振り返っていただきますと、
昨年の2016年末から2017年にかけての暴落は、
ほんの誤差の範囲にしか見えない形になっています。

相場の振り返り

このように見ると、今回の大暴落も、現在は大きな暴落に見えますが、
1年後、あるいは数年後から見たら、
ほんのわずかな誤差でしか無いということもありえます。

もちろん、今後どうなっていくかは分かりませんが、
少なくとも、今回のような暴落は過去に何度も発生していましたので、
感情的になる必要はありません。

ですので、もし過去の相場を知らずに、今回の大暴落を受けたら、
感情的な売買をしてしまいがちになりますが、
しっかりと過去の相場を確認しておくことで、
慌てることなく、冷静に判断することができるようになるのです。

先週末に、アメリカで政府機関閉鎖となって、
これはドルが大暴落すると考えてしまいがちです。

しかし前回の政府機関閉鎖時のチャートを確認しておけば、
大暴落には必ずしも繋がらないので、
慌てて売る必要は無いという考え方ができるでしょう。

そして冷静に判断して、適切な対処ができるようになります。
間違っても感情トレードをする必要が無くなります。

また、投資は、無くなっても生活に困らない金額を使うべきです。

昨今の仮想通貨のバブル的背景を見ていますと、
やはり仮想通貨が初めての投資という人も少なくないようです。
そんな方々に、特に意識してもらいたい点ともいえます。

これは株でもFXでも良くあることなのですが、
どうしても欲が先にきてしまい、
多額の資金を投入してしまいがちになります。

仮に100倍になると見込んだ通貨があったとして、
10万円で投資すると、1000万円になります。

そこで、もし100万円を投資すれば、1億円になると考えてしまい、
投資金額が多ければ多い程、大きく儲けることができると考え、
つい無理な金額を投資してしまいがちです。

また仮想通貨の情報も錯乱しており、
「絶対に上がる」とか「必ず儲かる」のような言葉も乱立しておりますが、
投資の世界に絶対は無く、
最悪、投資した金額が全て失われてしまう可能性もある世界です。

ですので、特にバブルの時は誰しもそうなってしまいがちになるのですが、
今後も絶対に上がり続けるだろう、
過去にも何度も10倍、100倍になっていった歴史があるから、
今回の通貨も絶対に100倍になるはずだ、
と思ってしまうようになります。

しかし、これも過去の歴史が証明しているように、
価格が上がり続けるものなんてありません。

仮想通貨も同様に、いつかは頂点を付け、
そしてバブルがはじけていきます。

ですので、仮想通貨の相場でも、FX等と同様に、
過去のチャートをしっかりと見ておく、
そして資金管理には気をつけてトレード、投資をしていく必要があります。

今後FX市場でも、仮想通貨市場でもどうなっていくかは誰にも未知数ですが、
しっかりと学習を続けながらも、利益を出していくことが重要になってきます。

スキャルピングの結果

最後に、最近はスキャルピングをしておりますので、
トレードした箇所のご紹介をさせて頂きます。

ショートエントリー

約1時間ほどのトレードで、16.5pips程取れた相場でした。

仮想通貨に関しては、どちらかというと、
株式投資のように、長期で保有するスタイルの方が
有効な場合が多いです。

一方のFXの場合は、短期でトレードした方が、
資金効率は良い金融商品です。

現在私は、仮想通貨では、長期保有の形で資産を運用し、
そしてFXでは、目先の使うお金の為にトレードをしているといった形で
使い分けて運用しています。

FXのスキャルピングは、時間が空いた時に、
さくっと利益になるトレードスタイルですので、
すぐにお金が欲しい時なんかには、
非常に有効な方法です。

またスキャルピングのロジックやコツ等も含めて、
何かの形で発信していけたらと思っています。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 冷静にトレードするための2つの取り組み

PAGETOP