1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 各通貨ペアから見る米ドルの行方

各通貨ペアから見る米ドルの行方

各通貨ペアから見る米ドルの行方

こんにちは、北田です。

先週はとうとう、ドル円で昨年付けた安値をブレイクしてきましたね。

ドル円の週足

米国株が大きく下落し、それに連なって日経平均も下落し、
そしてドル円も下落しているような関係性を見出すことができますが、
果たしてこれをドル円が下げている理由としてしまってもいいのでしょうか。

アメリカでは、昨年には中々上昇しなかったインフレもようやく上昇し始め、
また3月の利上げ観測も強まってもおり、
長期国債利回りも最近は大きく上昇しています。

さらに昨年末に成立した減税法案、
またトランプ政権による経済政策等も期待されており、
どちらかというとドルが買われてもいいような材料が揃っているように見えますが、
実際にはドル円は連日安値を更新し、下げ続けています。

何でこんなに勢いよく下げるのだろう、
と思っている方も多いのではないかと思います。

これはドル円だけを見ていても、理由を導き出すことはできませんので、
他の通貨もドルに対してどうなっているのか見てみましょう。

各国の通貨とドルの関係

まずは主要通貨のユーロドル、ポンドドルを見てみましょう。

【EUR/USD 週足】
EUR/USD 週足

【GBP/USD 週足】
GBP/USD 週足

赤の縦線はちょうど2017年1月の箇所です。

先ほどのドル円のチャートを見てみますと、
2017年は総じてレンジ、そして最近になってようやくドルが売られてきたと
考えてしまいがちです。

しかしユーロドル、ポンドドルを見てみますと、
トランプ政権が発足した昨年の1月から大きくドルが売られていることが分かります。

これは、ドルが売られたのではなく、ユーロ、ポンドが大きく買われたから、
ユーロドル、ポンドドルでは大きく上昇しているのでしょうか。

さらに他の通貨ペアも見てみたいと思います。

こちらは対デンマーククローネのチャートです。

【USD/DKK 週足】
USD/DKK 週足

ちょうど昨年の1月のトランプ政権が発足してから、
大きく下落していることが分かります。

次は対シンガポールドルです。

【USD/SGD 週足】
USD/SGD 週足

こちらもちょうど昨年の1月を頂点に、大きく下落しています。

続いて、対スウェーデン・クローナです。

【USD/SEK 週足】
USD/SEK 週足

こちらもやはり、昨年の1月付近から下げていることがお分かりかと思います。

次は対人民元です。

【USD/CNH 週足】
USD/CNH 週足

こちらもほかの通貨ペアと同様に、
昨年の1月付近を頂点にして、その後は大きく下落していますね。

最後に対タイバーツを見ておきましょう。

【USD/THB 週足】
USD/THB 週足

タイバーツのチャートでも、昨年の1月を頂点に大きく下落しています。

これらの通貨ペアを見てきて、やはりどの通貨に対しても、
昨年の1月、トランプ政権が発足してからドルが売られていることが分かります。

それでは、さらに現在の各通貨ペアの下落率を見ていきたいと思います。

通貨ペアごとの下落率

昨年の1月の始値から今年の2月16日の終値のレートを元に出してみますと、
まず対ユーロでの下落率が一番大きく、続いて対デンマーククローネの下落率が
大きいことが分かります。

そして実は対円に関しては、今調べた中では、
一番下落率が低いことが分かります。

これは何を表しているかといいますと、
円に対してよりも、他の通貨に対してのほうがよりドルが売られてきたということです。
あるいは、その分、円も同時に売られてきていたと考えることができます。

しかし、最近の相場で急激にドル円が下落したということは、
円買いも入ってきたと見ることができます。

さらにいいますと、ここ最近のドル円の急激な下げは、
急激な下げに見えても、他の通貨ペアに比べると、
下げ率は少なく、まだまだ下げ幅の余地はあるということもできます。

ドル円のチャートだけを見ていますと、
随分と大きく下げているなと考えてしまいがちですが、
他の通貨ペアを比較すると、
実はドル円はあまり下落していないほうの分類に入ることに気づくことができます。

ですので、間違っても、今のドル円は下がり過ぎだ、
異様な下げだとはいえないということです。

そしてこのように見ていくことで、
ドル円の下げ幅の余地はまだまだあるのではないか、
とも考えられますよね。

冒頭で見たファンダメンタルズでも、

・インフレの上昇……経済を抑制する
・長期国債利回りの上昇……消費活動の低下
・利上げ……相場には既に織り込み済み
・トランプ政権による経済政策……貿易戦争等によりドル安政策の開始

等と見ることもできます。

同じファンダメンタルズの内容でも、
ドル買い材料とも見ることができますし、
同時にドル売り材料とも見られるでしょう。

またさらに追い打ちをかけるように、
先日、麻生財務大臣から、1ドル106円台に突入したことに対して、
介入が必要な程の円高ではないという発言がなされ、
いわば、106円台が容認された形になりました。

加えて、先日発表された12月のアメリカの貿易収支が
531億ドルの赤字と、2008年10月以降で最大の赤字額となり、
ますます貿易戦争開始の懸念が強まる状況となってきました。

ドル円相場をチャートだけで見ていたら、
かなり下げ過ぎだ、
どこかで反発があるだろうと考えてしまいがちでしょう。

しかし、実はまだまだ下げ幅の余地は残っており、
またファンダメンタルズ的にも、
これ以上下げても何らおかしくないような材料も揃っているということになります。

ですので、価格だけ見て、割安感でトレードしてしまったり、
チャートだけで判断して、過去に比べると下げ過ぎだと考えて
トレードしたりしてしまうと非常に危険です。

しっかりと他の通貨ペア、そしてファンダメンタルズも確認した上で、
トレードしていく必要があります。

特に長期でトレードするようなスタイル、スイングトレード等では、
こういったことが非常に重要になっていきます。

それでは、FXで利益を上げていく為には、
常にこういったことも意識してトレードしていかないと、
稼ぐことはできないのでしょうか。

実はスキャルピングというトレードスタイルですと、
その必要はありません。

スキャルピングというトレードスタイルは、
あくまでも目先の値動きを捉えてトレードするものですので、
トレードに対する取り組み方が変わっていきます。

スキャルピングでは、
値動きが激しい時等は、瞬時の判断が求められたり、
トレードの素早さが必要だったりして、
上級者向けのトレードスタイルのように思われがちです。

しかし、決してそんなことはなく、
むしろ難しいファンダメンタルズや、長期的な予測をすることは一切必要なく、
目先の値動きに集中してトレードすることで、
十分に利益にしていけるトレードスタイルになります。

初心者さんでも取り組んでいきやすいトレードスタイルということになります。

そしてスキャルピングは、忙しい方、
あるいは中々チャートをゆっくりと見ることができない方でも、
ロジックによっては十分に取り組めるトレードスタイルになります。
つまり忙しい方にこそ、挑戦してほしいトレードスタイルです。

特に現在のような、数分で数十pipsが平気で動くような、
ボラティリティの高い相場では、
非常にスキャルピングで利益を出しやすい環境になります。

僕自身も現在はスキャルピングを中心にトレードしていますが、
やはり非常に資金効率が良いですし、
難しいファンダメンタルズも考える必要がありませんので、
非常に楽にトレードできます。

また僕自身は長時間トレードをし続けるというよりも、
空いた時間にさくっとトレードして、
あとは自分の好きなことをするような生活が合っていますので、
今はさくっとトレードできるようなスキャルピングロジックでトレードをしております。

まだスキャルピングをしたことがない方、
あるいは挑戦してみたいけど、中々踏み込めない方は、
ぜひスキャルピングの資金効率の良さ、
ゲーム感覚で稼げるワクワク感を実感していただけたらと思います。

以上、何か参考になればと思います。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 各通貨ペアから見る米ドルの行方

PAGETOP