1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場に流れるムードや雰囲気を読み解く

相場に流れるムードや雰囲気を読み解く

相場に流れるムードや雰囲気を読み解く

こんにちは、北田です。

先々週は、アメリカでトランプ大統領が
鉄鋼やアルミニウムに対して輸入関税をかけ、
それに関連して、コーンNEC委員長が辞任することにまでなり、
大きくドル円は下落していました。

その後先週に、北朝鮮の金委員長がトランプ大統領に会談を申し入れし、
トランプ米大統領は5月までに会談の意向を示したことにより、
米朝関係の緊張緩和につながる可能性が一気に広がり、
相場では一転、大きくドル円は上昇して、週を終えました。

【ドル円4時間足】
ドル円4時間足

先々週は売り一色ムードだったのが、
先週には手の平を返したように、上昇ムードに一転するようなことは
相場ではよくあることです。

そんな中で、私たちトレーダーは、
すぐに頭を切り替えてトレードをしていかないと、
相場に置いてかれてしまいます。

相場の流れが変わったのにも関わらず、
いつまでも過去の相場の流れ、ムードに引きずられてトレードをしていると、
逆行したトレードばかりしてしまうことになり、
その結果、連敗してしまうことにも繋がってしまいます。

相場の雰囲気とは

相場には、雰囲気というのがあり、
そしてその雰囲気をできるだけ早く、
また正確に嗅ぎ分けられるトレーダー、投資家ほど
成功している人が多いです。

これは一般の生活に共通している部分があります。

私は苦手なのですが、多くの人は普段生活をしていると、
空気を読む等といったことを自然にしているかと思います。

友人と一緒に居る時や、
あるいは一人で居る時も含めて、
常に周りの雰囲気や空気を感じるようにしていることが多いかと思います。

例えば、電車の中に入って、すごく静かであれば、
普通の声で会話することを禁止されているわけでもないのに、
一緒に乗っている友人に話しかける時も、
できるだけ小声で話すことがありますよね。

あるいは、どこか高級なお店に入ってしまった時に、
周りはドレスコードをしていたり、
しっかりとした服装をしていたりする場面を考えてください。

自分だけラフな格好で居ると、
なんだか場違いに感じてしまい、
その場所に居づらいという感情が生まれてきます。

こういった空気を読むとか、雰囲気を感じるというのは、
誰に何か言われたわけでないにも関わらず、
自ら周りの空気や雰囲気を感じ取ります。

そしてできるだけ周りの雰囲気や、
場所に見合った行動を取るようにしようとします。

相場も実は同じで、
雰囲気や空気感というものがやはりどうしてもあります。

雇用統計やFOMC前の様子見ムードや、
あるいは先週、先々週の相場ようなトランプ大統領による関税賦課による下落ムード、
また米朝関係改善が期待される上昇ムード等、
やはり相場にはそういった雰囲気やムード等があります。

そしてトレード、投資をしていくにあたって、
これは株式市場、為替市場、仮想通貨市場等、
どの市場においても、この雰囲気や相場のムードを感じながら相場に参加した方が、
上手く利益に繋げやすくなっていきます。

恐らく再帰性理論のジョージ、ソロス氏や
みずほ証券によるジェイコム株の誤発注問題で有名になったBNF氏なんかは、
こういったことが得意なんだろうと思います。

彼らは自分が既にポジションを持っている状態で相場を見ていると、
背中がピキピキと痛むことがあるようです。

そしてこういった時は、自分が持っているポジションが間違っていることが多いので、
背中がピキピキ痛んだら、ポジションを解消したり、
相場に参加しないようにしたりしているそうです。

もちろんそれだけを頼りにトレードしているわけではないでしょうが、
最終的には、こういった相場に対しての勘的なものを頼りに
売買の取捨選択をしているようです。

私自身もやはり、こういった相場の雰囲気やムードというのは非常に大切にしています。

もちろんそれだけを頼りにトレードしているわけではありませんが、
自分のロジックを元にトレードはしつつも、
やはり雰囲気も非常に重要視しています。

先週の相場で言うと、
日足では下降トレンド中ではありますが、
5分足では、大きく上昇していることが分かります。

【ドル円日足】
ドル円日足

【ドル円5分足】
ドル円5分足

日足を見れば下降トレンド中ですので、
ついどこかで戻り売りをしたくなるような相場ですが、
5分足では大きく上昇しており、
またファンダメンタルズ的にも、上昇のムードになっていました。

こういった時、スキャルやデイトレをする際は、
日足とは逆行してはいますが、
やはりその相場の雰囲気に従って、
買いを狙っていった方が、上手く取れた相場となっていました。

このように相場では、日常生活と同様に、
相場の雰囲気やムードを読んだり、感じたりしながら参加した方が、
より有利なトレードをしていけるようになります。

そういった目線で相場を見てみると、
チャートもまた違った見え方ができてくるのではないかと思いますので、
ぜひ、相場の雰囲気、ムード等を感じ取ってみて下さい。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後に

現在私はアジアやアフリカの貧困解決のために、社会起業家としても活動しており、
貧困問題を解決するという夢を持っています。

そして、日本から成功するトレーダーを輩出し、
一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていきたい
という考えのもと、
クロスリテイリングさんの「勝利の黄金シグナル」というプロジェクトで
講師を勤めさせていただいております。

今回は特別に、勝利の黄金シグナルで公開させていただいている動画の一部を公開させていただきます。

これは、黄金シグナルのトレード手法を私が実際に使用したトレード動画となっており、
トレードの解説もさせていただいています。

勝利の黄金シグナルではどのようなことを学べるのか。
そして、どのようなトレード手法で利益を上げていくのかをぜひご覧ください。

【勝利の黄金シグナル】北田夏己のトレード動画

 
このプロジェクトでは、初心者の方でも気軽に学ぶことができる、
「トレンド相場」「レンジ相場」どちらの相場からも
利益を上げる「ダブルロジック」
をお伝えしております。

今なら期間限定で、私が直筆した特別レポートを無料プレゼント中です!
FXで勝ち続けるための情報が凝縮されておりますので、
ぜひこの機会にご登録をよろしくお願いいたします。

多くの方が、この「勝利の黄金シグナル」で学んでくださり、
ありがたいことに数えきれないほどの方々が、FXで利益を上げられるようになっています。

無料で受講することができるので、
ぜひあなたも、「勝利の黄金シグナル」で学んでみてください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場に流れるムードや雰囲気を読み解く

PAGETOP